[ターコイズS2016]追い切り診断 | 調教博士の馬券ロジック

調教博士の馬券ロジック

調教、パドックの予想ファクターを中心に馬券力向上を目指します


テーマ:

どうも、タカピです。

本日は、日曜日に中山で行われる牝馬重賞のターコイズSの

追い切り診断です。

 

昨年から重賞に格上げされたばかりですが、牝馬のハンデ戦と

いうこともあり、昨年は大荒れの決着となっています。

 

時期的にも、この先に目標があるわけでもないので、

状態が良い馬が少ない分、荒れる傾向にあると思います。

 

牝馬戦、ハンデ戦、中山マイルと荒れる要素が揃った条件ですね。

 

 

では、追い切り診断です。

 

 

 

ターコイズS 追い切り診断

 

調教評価(ランク分け)

 

A評価

該当なし

 

B+評価

⑦クロコスミア

⑩マジックタイム

①カフェブリリアント

⑬レッツゴードンキ

 

B評価

③ダイワドレッサー

⑥ビービーバーレル

⑨ウインファビラス

 

 

やはり、ここを狙って絶好調という馬は見当たりません。

ただ、使われつつ状態が上がってきている馬もいたり、

ここ最近は、安定して力を発揮している馬もいますので、

昨年のような大荒れ決着まではないのかなという印象です。

 

ただ、中山のマイル戦なので、枠や展開では荒れることも

十分ありますので馬券は難しいと思います。

 

 

 

調教解説

 

クロコスミア

栗坂 55.9-41.4-26.4-12.8 単走/馬なり

体質が強化され動きに力強さが増しています。

この秋は3戦目になりますが、ここ2走と同様の動きで、

安定感も出てきました。今回は輸送がカギだとは思いますが、

今の充実度ならあまり気にしなくても良さそうです。

前走の秋華賞は負けはしましたが、苦手な瞬発力勝負で

0.6秒差なら合格点は与えられると思います。

距離短縮で前進はあるでしょう。

 

 

マジックタイム

南W 68.7-52.9-38.8-12.8 2頭併せ/内/強め/同入

使われつつ動きに素軽さが出てきています。

ここ2走はまだ動きに重たさがあり、反応も鈍かったですが、

今週は追ってからの反応も鋭く切れが出てきました。

まだ前肢の可動域が狭いので完調ではないと思いますが、

この秋では一番のデキだと思います。

前走のマイルCSは、後方からの競馬となりました。

あれでは好走は難しかったですね。今回はルメール騎手に

戻るので、前走のような下手な競馬はしないでしょう。

 

 

カフェブリリアント

南W 67.8-53.5-39.6-13.2 2頭併せ/内/馬なり/先着

この秋は充実度が目立っています。

馬に活気があり走りたい気持ちが前面に出ています。

元々折り合いが難しい馬であるように元気があった方が

走る傾向にあります。

今週の追い切りも、押さえるのに苦労するほどの手応え

でしたし、追われてスッと反応したように瞬発力も見せました。

折り合いさえつけば勝ち負けだと思います。

 

 

レッツゴードンキ

栗坂 53.2-38.4-24.6-12.4 単走/強め

最近の動きを見ても復調していると言ってよい動きを

しています。今週も坂路でスピード感満点の動きでした。

ダートもこなすように、牝馬にしてはパワーを感じる

フットワークで走れていました。若干行きたがる面を

見せており押さえるのに苦労していた分、終いの弾け方は

少し物足らない面もありましたが、これだけハードに調教

を消化できているので状態は凄く良いと思います。

後は、マイルで折り合いがつくかでしょう。

 

 

ダイワドレッサー

南W 54.3-39.5-13.1 3頭併せ/内/馬なり/先着

至って順調に調教を消化できています。

春は使い込むと負荷をかけれないような面がありましたが、

秋になりしっかり調教で負荷をかけられるように体質が強化

されてきています。

器用なタイプで、小回りなら前走のように上手な立ち回りが

出来る馬です。中山マイルはいかにも合いそうな馬に見えます

ので馬券からは外せない存在かと思います。

 

 

ビービーバーレル

南W 83.4-67.9-53.8-40.3-13.2 2頭併せ/内/強め/先着

 

ウインファビラス

南W 69.1-54.2-39.5-13.1 3頭併せ/外/馬なり/先着

 

アットザシーサイド

栗坂 60.3-43.0-27.4-13.2 単走/楽走

 

ビービーバーレルは、休み明けで少し重たさがありますが、

迫力あるフットワークは健在で一発の魅力はあります。

 

ウインファビラスは、使われつつ動きに余裕が出てきています。

直前は軽めの方がレースで力を出せそうな気がしますので、

この調教過程でどんな結果が出るか注目しています。

 

アットザシーサイドは、坂路で全くの楽走で評価が難しいです。

この厩舎の調教は軽めなので、あまり問題はないと思いますが、

春と同じような内容で体質面での良化は見られないですね。

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

切れが出てきてこの秋一番の状態の馬は?

 

 

今季は精神面での充実が目立つ馬は?

 

 

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ

 

 

 

 

 

 

調教博士@たかぴさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス