[チャレンジC2016]追い切り診断 | 調教博士の馬券ロジック

調教博士の馬券ロジック

調教、パドックの予想ファクターを中心に馬券力向上を目指します


テーマ:

どうも、タカピです。

 

本日は、土曜日阪神で行われるチャレンジCの追い切り診断をします。

 

12月に行われるようになって今年で5回目になります。

過去の4回を見ると、阪神外回り1800mコースらしく上がり最速馬の

好走が目立ちます。

 

重賞なので、ペースもそこそこ流れるでしょうし、33秒台の決め手

がある馬は有利になると思います。

 

では、追い切り診断です。

 

 

 

チャレンジC 追い切り診断

 

調教評価(ランク分け)

 

A評価

ヒストリカル

 

B+評価

ディサイファ

マイネルハニー

べルーフ

エキストラエンド

 

B評価

フルーキー

ブラックスピネル

プランスぺスカ

 

 

調子が上がってきたような馬も何頭がいます。

今年は、絶対的な人気馬がおらず、オッズも割れそうな

雰囲気がありますので、馬の状態をしっかり把握出来れば

好配当をゲットできる可能性もありそうです。

 

 

 

調教解説

 

ヒストリカル

栗坂 52.3-38.4-25.1-12.8 2頭併せ/外/強め/先着

好調時の動きが戻ってきました。

坂路で弾むようなフットワークで、並走馬を一気に

突き放しました。好調期間が短い馬なので、不調期間が

長くなりがちの馬ですが、前走の天皇賞のメンバーで

8着なら好調期間に入ったと判断しても良さそうです。

阪神1800mは得意コースで、上がり33秒台にも対応

出来ます。松若騎手なら鞍上強化と言っても良く、

ここは期待が持てると思います。

 

 

ディサイファ

美坂 54.1-39.1-25.6-12.5 単走/大外/馬なり

前走時は、若干重たさが残っていましたが、今週の動きは

躍動感のあるフットワークでバネを感じました。

調子は確実に上昇しており、この秋で一番状態でしょう。

前走は、致命的な不利を受け着順を落としました。あれが

無ければ3着争いは必至の状況でしたので運がなかったと

しか言いようがありません。ハンデの58.5キロが厳しい

条件ですが、状態、自力を考えたら軽視は出来ない馬です。

 

 

マイネルハニー

南W 66.0-51.4-38.0-12.5 2頭併せ/外/馬なり/先着

前走時と同様に動きが素軽く元気いっぱいです。

フットワークもしっかり伸びていますし、スピード感も

あります。力は発揮できる状態にあります。

ただ、力強さには欠けるので、阪神の坂をこなせるかは微妙です。

前走は、2番手での競馬になり逃げ馬を楽に行かせすぎ、持ち味を

出せない競馬になってしまいました。今回はしっかり先手を主張する

競馬をしたいところです。

 

 

べルーフ

CW 83.6-69.2-55.0-41.2-12.8 2頭併せ/外/強め/先着

相変わらず頭が高いフォームですが、動きは蹴りが強くなり、

一完歩の距離が増して迫力が出てきています。

精神面の成長も見え、成績も安定感が出てきています。

苦手だった上がりの速いレースでも結果が出るようになっており、

ここでも終いの爆発力が出せれば上位に顔を出せると思います。

 

 

エキストラエンド

CW 81.9-66.3-51.3-38.4-12.5 2頭併せ/外/馬なり/先着

今週の追い切りは、併せ馬で外から追走する内容でした。

基本は内目を通る内容が多い厩舎なので、普段以上に負荷を

かけてきました。動きの方もゆったりとしたフォームで力みも

見られませんでしたし、軽く仕掛けた際の反応も良好でした。

年を重ねる毎にワンパンチ足らない成績が続いているだけに

強気には狙えませんが、内目の枠を引ければ2,3着あたりに

粘り込んでも不思議ではないです。

 

 

フルーキー

CW 88.4-70.8-54.7-40.0-12.0 3頭併せ/外/馬なり/先着

この秋3戦目になるので、上がり重視の内容でした。

しかし、外目から併せる内容で、負荷はしっかりかけられています。

動きの方も、反応も鋭く、フットワークもしっかり伸びていました。

この秋では一番の状態だと思います。

鞍上も、この馬を知り尽くしているデムーロに変わりますので、

一瞬の脚を活かす競馬が出来ると思います。そろそろ結果が欲しい

ところでしょう。

 

 

ブラックスピネル

栗坂 52.4-38.3-25.3-12.6 2頭併せ/外/強め/同入

力強い動きは健在で、パワーを感じる動きでした。

追ってからバタつくところもありましたので、完調までは

もう少しかなという印象を受けました。

ただ、前走の富士Sに比べたら良くなっていると思いました。

この馬は、瞬発力に欠けるのでマイルでは脚負けします。

1Fでも距離が伸びるのはプラスだと思います。

 

 

タッチングスピーチ

栗坂 53.3-39.1-25.7-13.0 2頭併せ/内/一杯/遅れ

良くなって来ないですね。というより前走より悪く見えます。

坂路で一杯に追われながら並走馬に食い下がることすら出来ません

でした。

春からもそうですが、精神的な問題が大きいように思います。

調教からは走りる気を感じないだけに、レースでも厳しい結果に

なるような気がします。

牝馬なだけに、一度崩れたメンタルを戻すのは難しいのかも

しれません。

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

調子が上がって得意コースで好走が期待できる馬は?

 

 

安定感が出てきて、末脚爆発させそうな馬は?

 

 

にほんブログ村 競馬ブログへ

 

 

 

 

 

 

 

調教博士@たかぴさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス