以前、読んだ本の事

テーマ:
こんばんは😀

今週土曜は関東イベントですね。

今回浴衣イベントということですが、浴衣を考えていたら、以前読んだ本を思い出しました📚

宮尾登美子さんの錦という本です。
和装が好きな方なら読んだ事ある方も多いはず😀

宮尾登美子さん自身、和装にとてもくわしいのですが、この本はフィクションとはいえ、西陣織を芸術にした有名作家がモデルです。

たださすが宮尾登美子さん、才能ある男のそばに妻、芸妓、秘書という3人の女を描き、だんだんと昼ドラのような展開に感じられ😓でも和装や芸術の楽しさを感じらてお勧めの本です。

服のことを考えるて楽しいですよね。仕事で嫌な事があって落ち込んでいたり、人に会うのが億劫な時でも
お気に入りの服や小物などを身につけると、なにもしたくなかった気持ちが、がんばろーて気にしてくれます。半分自己満足ですが笑、身につける物のチカラて大事だと再認識です!

分厚い小説ですが、内容的にサクッと読めます。よかったら読んでみて下さいね😀