この雑誌 | 秋色コスモの 機械式時計と趣味のブログ

秋色コスモの 機械式時計と趣味のブログ

人生漫ろ歩き 時を刻む
美しいもの、大切なもの、
ありのままに‥‥


テーマ:
雑誌でも積んどく。

13年前の2006年1月の雑誌。
時計の特集記事のために買った。

徳大寺氏の時計はイケてるね。


一方、このヒト‥‥小西ドン
(しばらくこう覚えていたてへぺろま、どーでもいいが)

常々他人にファッションを云々するが、
この汚い時計の使い方は呆れた。
これ、味のある使用感ではなく、

ただガサツな使い方にしか見えない。

他人のファッションセンス云々する前に

こういうファッションの一部たる

モノの使い方考えた方がいいゼ。



この雑誌には、実は当時気付いてはいたが

さほど興味みなくスルーして来た

シングルモルトの記事もあった。

これがかのシングルモルト大全の著書

土屋守氏も登場する記事だった。
この雑誌を久々に取り出したのは、改めて

このウィスキーの所を読みたかったから。

シングルモルト大全のハイライト版。
これがあれば大全は買う必要なかったかなてへぺろ

機が熟して興味が出るまで雑誌購入から13年。

処分していたら、改めてこの記事を

今の視点からみることはなかった。

モノは何でもそうだ。

機が熟す前でも、熟し過ぎても

ただの紙切れやガラクタ同然。

それを保管しておけることも大切。

継続は力なり、とは言うが、

保管は力なり。

とにかく手元に起き続けることは、

時代を超えた真価を見極める上で大切だね。

秋色コスモさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ