アロマラテ(秋葉原)


■アクセス   秋葉原駅より徒歩5分
■セラピスト  Eカッポーな方
■料金     90分18000円(OP込み)


■施術レポート

寅次です。

しかしまぁ、早いですな一年経つのは。
今年の目標のひとつに「麺を打つ」があったのですが、目標とする麺との出会いを求めて食べ歩いていたら、もう年末ですw
えぇ、打ててない(涙)

ということで、エステ行こうっと ←なぜ


~ prologue ~

さて、秋葉原。
予約状況を開示していて、見る時はいつも盛況な印象を持っていたこちら。
人気なんだなーと思い、早めに予約。

時間前に秋葉原到着。
ここは季節や年末だとか、そういうの関係なく常に人が多い。
陽気な外国人観光客のはしゃぎっぷりに思わず噴き出しそうになりつつ、昭和通り方面へ。

改札そばから電話。
男性受付の誘導で、歩いて5分ほどのところにあるマンションへ。

オートロックなのだが、鍵盤がやたら低い位置にある。
やや中腰気味で部屋の番号を押す。
おそらく部屋の中からモニターで見えるのだろうけど、こんなに低いと足しか映ってないのでは?

ということで、吉川晃司ばりのキレっキレな足ダンス披露しつつ解錠を待つ。
♪モニカ~♪なとこで解錠。
何事もなかったようにマンション内へ。

インターフォンを押す。
すぐに扉が開き、セラピスト登場。


・・・おおふっ。

か、かなり大きめなレイディー。
オイラ的にはやや苦手なボリューム感。
うん、えっとー、パワフルなマッサを期待しますかね ←

ということでワンルームであろうそのお部屋の中へと入室して。

キッチンを通って、部屋に入る。
シンプルな作りで、うん、いたってシンプルw

でもってかばんを置いて椅子に座ろうとすると

「ホイップつけますかぁ?とても評判いいんですよ。事故率大幅にアップしますし」

と、いきなりのオプション営業。

あのー、まだ座ってもいないんですけど汗

「泡?あまり好きでないから」
「ほんと事故多めで、お客様によってはずっとやっててと言う方もいますし」

と、引き下がらない彼女w

とりあえずコートを脱ぎつつ ←ようやく
押しに負けてつけることに。
20分か30分を勧められ、20分でw
変わらず料金の説明などしてくれていたので、コートはセルフでハンガーへ。

お会計となり、お釣りを受け取り、ここでようやくお茶登場。
外、寒かったからやたら美味い ←

シャワーの準備の間に服を脱ぎ脱ぎ。
季節柄、仕方ないけど部屋も若干寒い。
エアコン以外にストーブとかあるといいのにな、なんて思いつつシャワーへ。

横須賀はいてお部屋へ。
特に衣装チェンジなどなし。
お出迎えと同じ、黒のワンピ姿な彼女に促されてうつ伏せ。
ビニール製のマットだから、やや冷たい。
「では始めますね」

ということで。
あまりテンション上がらずでの秋葉原な夜、スタート。


~ 施術 ~

★うつ伏せ
足全体のもみほぐし → 臀部、背面のもみほぐし → オイルで足 → パウダーで臀部 → オイルで背面
★仰向け
頭側からデコルテ → 横側からそ○い部 → 足の間でOPのホイップ


重厚で心地よい圧と機関銃。
まずは揉みほぐしから。
足の方から、でもって結構上手。
予想通りパワフルで、しっかりとした圧。

自己紹介もなかったので、こちらから名前を聞いて。
それを皮切りに、会話も弾みはじめて。
「そう、それでその友達が」
と、皮切りになったのはよいが、彼女のマシンガントークの引き金も引いたようでw

とはいえ手が止まることはなく、変わらず足を丹念に揉みほぐし。

そのまま腰や背面もほぐしてもらい、オイルの時間へ。


オイルとパウダー、そして機関銃。
再び足先から。
と、パウダーも併用するとのこと。
足裏からはいってふくらはぎあたりまではオイルの重厚な圧。
それから太もも裏からお尻にかけてはパウダーでソフトオンデマンド ←
オイルとパウダーの同時進行は経験なかったが、なんとも不思議な感覚。

お尻周りはつめ先指先でツツツーっと。
多摩地区にもかすめる程度に入り込んできて。
「だから言ったんですよわたし。それは」
と色っぽい時間でも、変わらずのトークっぷりな彼女。
もう苦笑いしかできないオイラw


盛り上がりポイントがイマイチ見えない。
特にカエルはなく、背面のオイルへ。
こちらは結構あっさりと終わり、四つん◯いコール。
太ももの内側からソフトに入ってきて、両手を使ってサワサワな手技がメイン。
それから事故多発地帯に侵入してきて、ももの付け根を重点的に。

からの仰向け。
ここに来てようやく彼女としっかりとご対面。
横に鏡があるが見ないし、頭側からの施術もとくになかったので、顔を見る機会がほとんどなかったわけで。

頭側に移動してきた彼女。
そう、デコルテ。
大きめな彼女のお胸にはやはり大きめなものがふたつ。
こうなったら窒息するほどの爆撃を、と期待したがあっさり終了。
2ポヨ、って感じ ←


泡作りの中座の時間に、里の両親を思ふ。
さくっとデコルテが終わると、さささっと足の方へ移動して、足をくの字に曲げてのそ◯い部へ。
横須賀の恩恵もあり、結構事故る。
手技自体は多くないが、うん、結構事故る。

ということで、ようやく息子様、起床。

と、
「ではホイップの用意してきますね」
ということで中断。
この時間、仕方ないけど無駄だよねぇ。
暇なので、指遊びを始めるオイラ ←
息子様も再びあくびをしておねむな様子。

なかなか戻ってこない。
ともするとオイラ自身もウトウトし始めて。
で、戻ってきた彼女の気配で目が覚める。
これでもかっ!って大量の泡を股間の上へ。
かなり温かい。

言うように相当な事故率アップ。
オイラの足の間でモコモコの泡をもみくちゃにする彼女。
キワから、時に直線的に。
すぐに冷たくなることもない泡に包まれて、息子様再降臨。

いい感じなとこでお時間。
「延長、大丈夫ですか?」
なんてチャイエス的延長誘惑、なんかこれ、久々聞いたw

ということで股間を泡でデコレートしたままシャワーへ。


~ epilogue ~

施術全体を通して手技や技の種類が多いわけでもなく。
◯着があるわけでもなく、衣装も普通で。
と考えると、他店との比較でややCP悪いかなぁと。

セラピストは好みもあるだろうからなんともですが、タイプではないですがいい子なのはわかりました。
明るいですし。

ラストのホイップはなかなかのアグレッシブさで、つけた甲斐がありました ←

店のツイッター見てると盛況しているようで。
結局、その理由はわかりませんでしたが。
他の子にも入ってみた方がいいんですかにゃ?


Data

◆部屋タイプ   ワンルーム?

◆施術スタイル  普通といえば普通
 
◆制服      ワンピ

◆紙ショーツ   横須賀


手技      ★★★☆☆

施術内容    ★★★☆☆

距離感     ★★★☆☆


寅次