ルマスパ(白金台)


■アクセス   白金台駅より徒歩3分
■セラピスト  UEさん
■料金     90分17000円


■施術レポート

寅次です。

マットももちろん好きなのだけど、ベッド施術の方が好きなアタクシ。
自分の原点的お店といえば。
Pレサンやら馬場のCルムやらRーズハーツやら。
あの清楚感と、居心地の良さ。
でもって施術はガッツリと。
そんなサロンカルチャーに魅せられて、今のオイラがあるわけで。

マットの面白さも知りつつ、やはり懐かしさからか時折無性にベッドが恋しくなる。

ということで、今回はベッド店へ。


~ prologue ~

SMSのやりとりで予約完了。
お店の住所も送られてきた。
白金台。
ジャージで行ける街ではない ←
ということでちょいとオシャレして、少し早めに現地入り。

時間に該当住所のマンションへ。
またオシャレな作りで、正面玄関が特徴的。
恐る恐る部屋番押して、お部屋へ向かう。

今一度、身なりを整える。
それから部屋のインターフォンを押し、程なくUEさんが登場。
プロフの写真通りの濃いめな美人さん。
いわゆる「施術着」ルックで、清楚感満点。
そう、これもベッド店が好きな理由の一つ。

部屋はワンルームで、シンプルな作り。
存在感のある施術ベッドが部屋の真ん中に。

説明を受け、オプションのご案内。
15分2000円で、セラピストそれぞれのオプが用意されているようで。
「15分より30分、30分より45分と、より濃厚になっていきます」
なんて言われるとすげー迷う。
が、お財布事情より15分だけでお願いすることに。

着替えを済ませ、シャワーへ。
アメニティーも充実、なんだか楽しい。

ふと、オイラの胸のポッチのところにやたら長い毛がひょろっと一本。
ここまで長く伸びるまで気づかなかったとはw
身だしなみ、ということで引き抜くことに。
が、
予想以上に痛く、叫び声を上げそうになる ←
若干、涙目気味でシャワールームを出て、部屋へと戻った。

「ではうつ伏せで」


~ 施術 ~

★うつ伏せ
足全体のもみほぐし → 跨って腰、背中のもみほぐし → 足の方からサワサワ → 覆いかぶさっての温かい時間(謎) → 足の方から腕全体を使ってのオイル → カエル → 足全体をほぐしメインのオイル → カエル
★仰向け
頭側からデコルテ → 腕のオイル → 足全体のオイル → そ○い部


予想通りのうまうまな揉みほぐしから。
大判のタオルが体にかけられ、まずは揉みほぐしから。
足の方からしっかりとした圧でしゅっしゅと。
思わずニヤリとしてしまう、ウマーな揉みほぐし。
たくさんの時間をかけずとも、しっかりとほぐれてゆく我が身体。

足の方が終わると、彼女もベッドに登り、オイラに跨っての背面。
腰から背中にかけてくまなくしっかり圧で、みるみる血流もよくなっていく。
いやいや、かなり上手ですわ。

こりゃオイルも楽しみだなーなんて、一人ニヤニヤしていたところで、身体にかかっていたタオルを取り上げられた。


意外だった○着な時間が、妙に興奮。
オイルかと思いきや、足の方からソフトタッチング。
触れるか触れないかのせめぎ合い、彼女の指がオイラの下半身で蠢く。
指はそのまま足の方から臀部へ。
割れ目もツツツーっと、指がその付近を徘徊しつつ、徐々に上へ、上へ。
腰や脇の方も指は這いずり回り、それから彼女はおもむろに覆いかぶさってきて。

背中には彼女の体温。
耳元に感じる、彼女の温かな吐息。
施術ベッドの上で、重なりあう二人。

ベッド店だからあまり期待していなかったこういう◯着な施術は、妙に興奮する。
少しの時間、そのままを堪能し、それから彼女はゆっくりと体を離した。


第一段階はソフトからのカエル。
オイル。
まずは足からで、足全体にオイルを塗布。
それから彼女は手のひらではなく、腕全体を上手に使って足全体をソフトに流す。
ロミロミっぽいその手技は、個人的にとても好きで、ここでも一人ニヤニヤ。

その流れからカエル足に。
ベッドの脇に位置した彼女、両手を駆使しての極上の時間。

片方の手はお尻側からガッツリと侵入。
もう片方の手は前側から、こちらはソフトに侵入。
二本の腕、10本の指がそ◯い部周りを蠢き続ける。
声が出そうになるほど強めに、そして泣きたくなるほど弱めに。
大きな事故も起きつつ、思わず腰が浮きそうになりながら、その官能に溺れ始める。

その昂りをコントロールするかのように、手は一度離れ、名残惜しさ感じつつ、もう一方の足へ。


第二段階でしっかりオイルからのカエル。
カエルが終わると再び足のトリートメント。
そう、先ほどのソフトなそれと、こらからのしっかりオイルの二段構成。
手のひらでしっかりと足全体を包み込むようにトリートメント。
そのストローク、とても心地よい。

指先はそ◯い部かすめ。
と、カエルももう一度。
やり方は同じ、だからかこの二回目はさらっと進行。


それから背面へ。
こちらはほぐしに近い力強いアプローチで。
そのままの流れで肩、首周辺も念入りに。
そう、本格的オイルの時間。


王道的仰向けも、充実のラストスパート。
仰向け。
まずは頭側からデコルテ。
とくに爆撃はない。
が、指先がとても悩ましく。
しっかりと鎖骨下を流したかと思えば、なんとも妖しな動きも混ぜ込んできて。
意識の振り分けが難しく、思わずため息。

それから横に来て腕全体をオイルで。
こちらもさらっと、でもしっかりと圧重視。
そのまま足方向へ移動し、足全体を流すようにトリートメント。
このあたりはあまり時間もかけず、要の部分だけしっかりという印象。

でもってそ◯い部。
オイラの片足を曲げて外側に開き、横に位置した状態で引き手メインのねっとり系。
カエルほどの事故はなくも、ゆっくりと確実に。
さらに彼女はそのまま横から覆いかぶさってきた。
間近に彼女の顔、聞こえる吐息。
指先は動きを止めることなく、呼吸と鼓動ばかりが速くなる。
「そろそろお時間です」
頭の中が白くなり始めた頃にタイムアップ。
フラフラとシャワーへ。


~ epilogue ~

うん、やはりベッド施術は好きだw
清楚な印象からの官能、これやめられませんな。
またカエルやそ◯い部は、セラピストは横に立って行うので、無理なく両手が使えるのが素晴らしい ←

技術も、またその雰囲気作りもとても上手で、おじさんは満たされましたw


Data

◆部屋タイプ   ワンルーム

◆施術スタイル  ストロングスタイル
 
◆制服      清楚な施術着

◆紙ショーツ   T


指圧      ★★★★☆

がっつりそ○い ★★★★★

雰囲気作り   ★★★★★


寅次