さくらん(溝の口)


■アクセス   溝の口駅より徒歩7分
■セラピスト  KZさん
■料金     90分11000円


■施術レポート

寅次です。

イベント『安優探』(安価・優良店を探せ!)寅次三店目でございます。

https://ameblo.jp/esute-tora/entry-12360166503.html


今回は若い子から熟まで勢ぞろいのお店。
初回は指名無料ということで、写真が気になったセラピを写真指名。
熟ではなく、20代でございます。

しかしなんというか。
「業界未経験」なセラピがたくさん。
またHPもその「未経験」を売りにしているような見せ方で。
ともなると、施術に期待というよりはその女の子に期待、ということですかね。

何はともあれ予約を済ませ、仕事帰りに溝の口へ。


~ prologue ~

溝の口は、自宅や職場から別に近いわけでもないのに、結構行っている街。
というのも好きな飲み屋が多くて、よく顔を出している。
が、溝の口のエステは初。
土地勘はあったのでお店の場所はわかるのだが、結構駅から遠い。

該当のビル、4階という事で入り口から入ると、ぬ、階段か・・・
エレベーターがないので階段で指定階へ。膝が痛いw


シャレたメガネをかけた好青年なおにいちゃんが受付。
予想はしていたけど、店舗型。
それも結構年季が入っている。

会計後、おにいちゃんに導かれお部屋へ。
部屋は天井部が空いており、布が張られているが、当然のように隣の声や音は丸聞こえ。
店舗型の宿命なので仕方ないが、静けさを求める人には無理な環境。

とりあえず部屋に着くも、椅子もないのでそのまま立っていると、しばらくしてセラピスト登場。


や、やべぇ、可愛い・・・


スレンダーで少しだけハーフっぽい雰囲気もあり、オイラ、にやり。
「それではシャワーにご案内いたしますね」
と、可愛い声で言われ、超高速で服を脱ぐオイラ。

隣のお客さんは仕事の電話がかかってきたようで、電話応対www
おそらく紙パン一丁で
「かしこまりました!」
とか電話口で言っているかと思うとちょっとウケる。
さらに。
お店入り口の扉が開閉する度に、それを知らせるために店内に流れる音楽。
スタッフの「お疲れ様」みたいな会話も聞こえてきて、まさにカオス。

この環境で癒されるのだろうか、かなり心配である。


ひとまず可愛い彼女に導かれシャワータイム。
可愛い彼女が色々と説明をしてくれる。
「ボディーソープですが、あの透明なボトルが無香料です」
「あ、あのDoveの隣のボトルね」
「はい。で、Doveの方には、・・・Doveが入ってます」
「うん、そのままだねw」
ちょいと天然気味なのか、会話すらも可愛い。


ということで溝の口にて格安癒しの旅、スタートです。


~ 施術 ~

部屋に戻り、まずはうつ伏せ。
頭の横に空気清浄機があるのだが、いきなりゴゴゴゴーっと動き出す。


・・・どうも徹底的に静寂とは無縁な空間のようで。


さて。
まずはオイラの腰辺りに彼女が座り、肩揉みからスタート。
お尻の感触がとてもロイヤルソフト。
肩をモミモミされながら、花咲くトーク。
肩揉みが終わるとそのまま背中へ。

指圧。
字のごとく、指でギュッギュと背中を押す。
当然、力はあまり伝わってこない。
伝わってこないんだけど、一生懸命にコリを解そうとギュッギュ。
その思いは、十分に指先からオイラに届いていたわけで。


それからほどなくしてオイル投下。
少ないオイルで、指圧と同じ手技で足全体を指圧w
それから臀部の揉み解し、これは結構きいた。
そのまま割れ目の方から足の付け根に彼女の手がゆっくりと侵入。
弱めとはいえ、結構深くまで進入をしてくるから、軽い接触事故発生。

と、その状態でのそ○い部はさらりと終了し、上半身へ。
カエルは無し。
彼女は再びオイラにまたがり、腰、背中へとオイル塗布。
からの、やはり指圧的手技。

でもなんだろ、一生懸命だからその気持ちは伝わってくる癒しの時間。


背中が終わると一度蒸しタオルでふき取り、仰向けコール。

まずは足のオイルトリートメント。
オイルを塗布して、すね、内ももを中心に流してゆく。
それから軽くキワを通りつつ、彼女はオイラの頭の方へ移動。

デコルテ。
ゆっくりと、軽く触れる程度の柔らかい爆撃を喰らいつつ、デコルテ。
このソフトなランディングがちょっと新鮮でドキドキ。

それからオイラの横に来て、お腹を軽く。
もう片方の手は紙ショーツのキワを軽く流す。


ラストはオイラの足の間に座ってそ○い部。
多摩周辺を念入りにアイドリング、からのキワジェット。
両手を駆使して、大きな事故は少ないものの念入りに。
ちょいと照れくさそうに、でも一生懸命な彼女のまなざし。


隣の部屋は、また仕事の電話がかかってきたようでw


「では、そろそろシャワーになります」と彼女。
「はーい」ということで、タオルを腰に巻いてシャワーへ。


~ epilogue ~

施術環境、内容などは・・・ですが、彼女との時間は癒されました。
もともと施術に期待というよりは、セラピストに期待、でしたし。

また折を見て、行ってみようとは思います。もちろん、彼女で。


で、帰りは溝の口駅そば、和歌山ラーメンまっち棒にて麺活。


Data

◆部屋タイプ   店舗型

◆施術スタイル  マッサ&オイル
 
◆制服      Tシャツ&ミニスカ

◆紙ショーツ   ノーマルT


施術環境    ★★☆☆☆

施術内容     ★★★☆☆

彼女の思い   ★★★★★


寅次