らんぷ(鶯谷)


■アクセス   鶯谷駅より徒歩2分
■セラピスト  Mさん
■料金     120分13000円(新規割適用)


■施術レポート

寅次です。

イベント『安優探』(安価・優良店を探せ!)寅次二店目ということで。

https://ameblo.jp/esute-tora/entry-12360166503.html


多くの方の「今度こそ熟だろ」という声が聞こえてきそうですが。




正解。 ←

ここ、120分14000円で、新規だとさらに1000円引き。
たまらんですなw

お店は巣鴨や千住の方にもあるようで、今回は鶯谷。
鶯谷といえば「らーめん長山」の濃厚鶏豚骨。


・・・ということで鶯谷です。


~ prologue ~

予約の電話をし、時間に鶯谷へ。
すっかり日も暮れ、街はすでに酔いどれおじさん達の聖地と化している。
改札前から電話をしてナビゲートしてもらい、該当の建物へ。

該当の建物は、ラブホ街のキワにあり。
マンションなのか、残居ビルなのか見分けのつかないそのビル。
お店は四階で、階段しかないようだ。マジか。

各フロアには扉がひとつだけ。
どうやらマンションではないようだ。
重そうな鉄の扉が、階を上がるごとに異様な存在感を発している。


二階に上がりきった瞬間、その鉄扉が勢いよく開く!!




( ̄□ ̄;)!!


中から巨大な影が突然現れ、オイラは驚いて「あばばっ!」と意味不明な言葉を漏らす。
推定110キロのその巨大な影は、香水臭を撒き散らしながら急いで階下へ。





( ̄□ ̄;)!!


彼女が去った後も、心臓の鼓動がおさまらない ←


・・・ここ、夜の蝶たちの待機所か。


にしても、デカかったww 蝶ではなかったが ←


とりあえずおそるおそる上の階へ。
三階ではなにごともなく。
なに?このバイオハザード的ドキドキ感はww


無事、四階にたどり着いたが。
直前の衝撃から、すごいのが出てきたらどうしようと妙に不安にw
ゲームでこの流れだと、ラスボス級が出てくるもので。

頑張れ、寅次。
ということでインターフォン、扉が開く。



嗚呼、マーベラス。


スリムでお胸大きめな、見た目フツーのちょい熟登場。
うんうん、フツー最高。
フツーでいいのよ、笑顔も可愛いし。

「ラスボスは、ここにはいなかったようだ・・・」
「???」


ということで優しい笑顔に導かれ、お部屋へ。


部屋は和室。
構造自体はマンションのようで、聞くと洋室もあるらしい。
説明を聞き、お茶をいただく。
隣が店長の部屋のようで、店長の道案内の声がよく聞こえる。

「では早速シャワーにご案内しますね」

ということでパラレルワールド鶯谷にて、癒しの時間。


~ 施術 ~

特に特徴はない部屋の中央、マットにうつ伏せ。
まずは足の方から指圧。

むっ、こ、これは。

かなり巧いことがすぐにわかるアプローチ。
二戦連続でマッサージ巧者とは。
前回のようにそれだけで終わらないことを願うばかりである ←

指、手のひら、腕を駆使しての圧。
足の先からふくらはぎ、腿、お尻の方へと丹念に。
力加減が絶妙で、コリ固まったところは容赦なく強めに、強めに。


腰の揉み解しが終わるとオイルに。
これもロングストロークよろしく、いわゆる「滑らか」なそれ。
圧も十分でとても心地よい。
足全体を長めにケアしてから、お尻に。
腰の辛さに気づいた彼女は臀部を念入りに。
でもって腰を強めにオイルトリートメント。

かなり、気持ち良いです。


でもってカエルコール。
がっつりマッサからのカエルコール、この展開、好き。

いつも以上に気合を入れてカエルポーズ。
彼女の滑らかな手つきそのままに、足の付け根に侵入開始。
キワをグリンと攻め立て、安全運転かと思いきや接触事故多発。
それも事故る時には手のスピードが著しくスロウに。


・・・くっ、やりおるな。


これを両足行い、息子さんもゴキゲンなようで。


カエルの後はそのまま両足をまっすぐ伸ばした状態で、足の間に彼女。
彼女は両手で、オイラのお尻の下から再度侵入開始。
お尻と息子の間にあるツボ、これを念入りに押され、思わず変な声が漏れる。
さらに体勢的に窮屈であろうオイラのそ○い部にニュルンと彼女の手が。


・・・確実に彼女の攻撃力が上がっているw


お尻が浮きそうになるが堪えるオイラ。
丹念にそ○い部をケアされ、そしてまたツボを刺激され。
相変わらず事故る時には手のスピードを落とす彼女。

「それ、好き」
「ふふふ、気持ち良さそうですよ」


でもって仰向け。
まずは腕。
オイラの横に位置した彼女の足の上にオイラの腕を置き、全体をトリートメント。
それから彼女はオイラの腕に跨るように、するとオイラの手は彼女の股間そばに。
動かすまいと仏モードも、指先を2ミリだけ動かしたことは内緒ww

それから彼女はオイラの足の間へ。
足全体のオイルトリートメント、これは部位的に適切なソフトなアプローチ。
それからオイラの膝を立て、抱きかかえるような格好に。
彼女の柔らかいものが足にぼい~ん、と。
そのまま太もも裏を中心に、指先はややそ○い部にも届く程度・・・。


が、急に手はがっつりとそ○い部周辺を捉え始める。
ギアチェンジ後は例の事故多発。
足をそのまま外側に倒され、開いたオイラのそ○い部を下から上へと丹念に流す。
足の方のトリートメントも合わせつつ、目を合わせると微笑む彼女。


再びオイラの横に移動し、そのままそ○い部を。
引き手で多摩ライン強襲、からのゆっくりキワ探訪。
「ため息、聞こえましたよ」
「虫の息ってやつでっせ、ねーさん」


それから三度彼女はオイラの足の間に。
そ○い部を再度軽く流したのち、そのまま腕はオイラの胸の方に伸ばしてくる。
彼女の両腕の間で挟まれ、そして離れてを繰り返され、もがく我が息子。
そのまま彼女の指先はオイラの胸でダンスダンスダンス。


ラストはオイラの足の間に座り、お尻と多摩の間のツボをギュッギュと。
「またため息、聞こえましたよー」
「虫の息ってやつでっせ、ねーさん」


~ epilogue ~

このお値段でびっくりのガッツリ施術。
会話もストレス無く、穏やかでドキドキの120分。
隣の声がやや気になるのが、ちょいと残念ではございましたが。

とりあえず店を出て、フラフラと階下へ。
二階の待機所をノックしたい衝動を抑え、なんとからーめん長山へ。

エステもらーめんも、やっぱり濃厚なのが好きですな。


Data

◆部屋タイプ   ファミリータイプ?

◆施術スタイル  がっつりマッサ&オイル
 
◆制服      ワンピ

◆紙ショーツ   ノーマルT


施術環境    ★★★☆☆

施術内容     ★★★★☆

濃い目     ★★★★★


寅次