神楽(新宿)


■アクセス   新宿駅より徒歩5分
■セラピスト  Kさん
■料金     110分17000円(OP込み)


■施術レポート

寅次です。

ここ、結構昔からあるのは知っていたけど、実は初訪問。
深夜の新宿、行ける店も限られており、行ってみることに。
電話をすると、一時間後で案内可能ということで予約。

カフェなどももう閉店している時間帯。
とりあえず西口の電気街に向かい、何度か行ったことのあるBARで時間をつぶす。
ビールとタリスカー10年でいい気分になったところでお店へGO。


~ prologue ~

店舗型なので、ビル(マンション?)の一階に看板あり。
そのままエレベータで指定階へ。
扉をくぐると、わお。
和の装飾がとても美しい内装の店内。
水をモチーフにしたオブジェなど、目に見るもの全てがとても幻想的で。

するとごぼうが好きそうな若い男性店員さんがやってきて待合まで。
元気で明るい接客、いいねぇおにーちゃん。

「初めてとのことで、コースの説明をさせていただきます」

三つ用意されているコースをそれぞれ説明してくれるおにーちゃん。
さらにOPの内容もかなり具体的に説明してくれ、なんかそれだけでもう施術内容を想像できてしまうので、思わずおじさん苦笑い。

「で、結局どれがオススメ?」

一瞬、動揺するおにーちゃん。

「そ、そうですね・・・あ、常連のお客様はこれとこれの組み合わせが多いですね」
ほう、うまく切り返したなおにーちゃん。やるでねーか。

「おにーちゃん、詳しく説明してくれてありがとう」
そう言っておにーちゃんに微笑み、彼もまた安堵の表情。
「よかったです。では、このオススメのコースでよろしいですか?」
「いや、・・・コースはこれとOPはこれで」
「・・・・・・」


ひかれるのはブレの範囲内。


ということで赤のトリートメントに衣装チェンジとディープリンパ的なOPに。
その後も少しおにーちゃんと談笑したりしていると、担当のKさん登場。




( ̄□ ̄;)


いかん、超好みwww
ハーフ顔、スレンダー、お胸もなかなか。
髪を耳にかける仕草、可愛らしい耳がチョイ見え。
ちょっとこじはるっぽくね?

脳内は完全に彼女で満たされ、近くにいたであろうおにーちゃんの気配すら感じずww
彼女に手を引かれ、奥の部屋へと向かう。


もう★5つけて、この後書くのやめてもいいですか?(笑)


声も可愛い彼女から部屋の説明。
ちなみに部屋の入り口は扉が無く、カーテンのようなもの。
広くは無い、施術のためだけの空間。
店舗型なので覚悟はしていたけど、やはり周囲の音や声が気になる。

とりあえず服を脱ぎ、シャワーへ。
プライベート感のない透明な壁に囲まれ、ちょいとドキドキしながらシャワー。
ワシャワシャ洗って外に出ると。


可愛い彼女がセ○シーな格好に。

これは、なんと言えばいいのか、透けないキャとミがつくやつ、なのかな。
それ自体はそこまでエ○さセクシーさはないんだけど、彼女が着るとぐっとキますな ←


「さっぱりしましたか?」
「ええ、最高のお湯加減でした。お湯の調整、上手ですね」
「・・・・・・」
とりあえず褒め褒め作戦でいくことに。


「ではうつ伏せでお願いします」
見れば見るほど可愛い彼女との時間。小雨舞う深夜の新宿にて。


~ 施術 ~

まずは足先から。
オイルを塗布して軽く指圧。
そのまま両手で足全体にトリートメント。
力加減はかなり、かなーり弱め。
「痛くないですかー?」と彼女。
「仮に痛くても、・・・受け止めますよ(キラーン)」 ←寒い
「寒くないですかー?」と彼女。


くっ、寒いのは、オレだってわかっているんだ・・・


何も言えずにいると、寒いと思ったのかタオルをかけてくれた。

振り返ると、彼女の屈託のない笑顔。




・・・忘れていた恋のしかた、教えてくれるかな ←


聞くとなんでも数ヶ国語を使えるというアカデミックな彼女。
そんな話から会話もはずみ、彼女の手は軽くオイラの足の付け根の方まで。
爪先や指先でかすめる程度ではある。

それからオイラの背中、肩へのアプローチ。
まぁ、こちらも全体的に弱め。もとい、ソフトなタッチ。
ただ、なんというか、独特のリズムを刻む彼女の施術。
おそらくそれは習ったようなものではなく、彼女から生まれるリズムであって。
強弱ではなく、なんだろ、ゆったりの中に静止の時間も混在し、複雑なリズムを形成していた。

好きな人は好きな手技、なんだろうな。
これを物足りなさと捉えるか、癒しと捉えるか。
ここは好みの問題でしょうな。


それから臀部。
よりソフトな手つきで臀部全体から足の付け根の方まで。
ここはあまり時間をかけず、彼女から四つん○いの誘導が。

・・・可愛い彼女の前で四つん○い、か。








いつも以上に完璧な角度で四つん○いに ←

彼女は足の付け根から両手を潜り込ませ、まっすぐと手をクロスさせる手技を繰り出す。
思わず吠えそうになるも、ここで外から受付のおにーちゃんの大きな声が。


・・・萎えるww


でもって仰向け。
オイラの足の間に入って割れ目の方から下腹部周辺まで広範囲に蠢く彼女の指。
ここもやはりソフトではあるものの、それなりに事故も起こり。
それから横に来て、軽い添い寝からのそ○い部。
間近に迫る彼女、あらためて可愛いな!おいっ!
妙に親近感湧く時間、無常にも時間だけは確実に過ぎてゆき。

「はい、そろそろお時間です」

~ epilogue ~

いやぁ、可愛かったです ←
施術ダメダメでも★5かな、なんて思っていたけど、冷静に考えて★3で。

施術が(オイラには)ソフト過ぎたこと。
手技全体はいたってオーソドックス。
外に聞こえる受付のおにーちゃんの声。
おにーちゃんの説明にあったほどの内容ではなかったこと。

仕方ないと言えば、仕方ないんですけどね。


ま、でも、通いますけど ←


Data

◆部屋タイプ   店舗型

◆施術スタイル  ソフト○着
 
◆制服      OPでセクシー系に

◆紙ショーツ   横須賀


施術環境    ★★★☆☆

施術内容    ★★★☆☆

Kさん     ★★★★★★★ ←


寅次