コケット(神楽坂)


■アクセス   神楽坂駅より徒歩1分
■セラピスト  アフロディーテ
■料金     120分22000円


■施術レポート

寅次です。

ここ、実はオープン当初に何度か訪れていたお店。
それからも時々だけど、利用させてもらっていた。
まるで「江戸川乱歩」的世界観ともいうべき部屋の内装、「支配人」と呼ばれるダンディーなおじ様の受付など、なんとも他と一線画した雰囲気が妙に気に入っていた。

そしてなにより、オーナーセラピストの施術が好きだった。

新店舗になっても、内装など受け継がれており、以前よりもさらに昭和モダンとなり、妖しさとでもいうべきその雰囲気にいつも飲み込まれている自分がいた。


~ prologue ~

とはいえ久しぶりのコケット。
予約を入れて、早めに飯田橋へ。
地下鉄の「神楽坂」駅からだとすぐだけど、飯田橋から歩いていくのが結構好きで。
都内屈指のチャーハンの名店「龍朋」を横目にのんびりと坂を上ってゆく。

以前はマンションで、現在は店舗型。
入室すると、まずはその雰囲気に圧倒される。
出迎えてくれたのは華奢な女性。
スカートにカーディガンという私服な装いに「受付の人」と思ったが、どうやら彼女がこの日の担当のようで。
優しさがにじみ出ている温和そうな雰囲気、派手さは無いけど結構美人さん。
そのまま案内され、これまた大きな古時計が飾られた昭和モダンなお部屋へ。
この雰囲気、相変わらず好き。

お会計。
通常コースの他に「シルクタッチセラピー」の案内を受け、OPとしてつけることに。
割引券使って2000円引きだったし。
名前からなんとなく予想できる内容だけども(笑)

お着替えは部屋ではなく、シャワールームで。
シャワールームにはまた笑ってしまうほどの紙ショーツの数々。
ノーマル以外に白、ピンク、ひもタイプ、などなど。

どれにしたかは内緒w

シャワーを終えると服を入れていたかごから服がなくなっており、かごにはバスローブと「置き手紙」が。

お湯加減はいかがでしたか
服は部屋に運びました
バスローブを着て準備ができたらブザーを押してください


最後は「かしこ」で締めくくられている。


ブザーで彼女を呼び、一緒に部屋へ。
オイラの服はクローゼット内にかけられ、細かいものは全て綺麗に畳まれていた。


・・・ほんと、素晴らしい。


でもってオイラはうつぶせる。
なんともいえない特別な雰囲気に包まれながら、ゆっくりと目を閉じた。


~ 施術 ~

まずは足の方から。
くるぶし周辺から丹念に指圧開始。これがうまい。
コリを見つけるのも早く、見つけては丹念に流し、少し専門的な話まで。
ふくらはぎの揉み解し、膝裏のリンパ節を流し、それから太ももへ。
強めの圧で一気に足は軽くなってゆく。

それから足のストレッチ。
膝を曲げ、オイラの足を倒すんだけども、ここでは特に○着感はなし。
手だけで押す感じなので、正直力が足りずあまり伸びていない。
それを両足行って、それからオイルを投入。

足全体を対象に大きく動くロングストローク。
指先は足の付け根のだいぶ手前まで。
圧も強めで、結構好きな手技。
太ももの外側、やや痛みも伴う箇所をゆっくりと。
膝裏のリンパ節もかなり念入りに。
ゴリゴリ感じるほどに詰まっていたので、これはこれでとても気持ちよい。

それから臀部。
あくまでもお尻の頬をメインに力強く、臀部全体の解し。
割れ目への侵入はなく、臀部だけを集中的に。

そのままの流れで背中へ。
オイラに乗ることも無く、横側についてのそれ。
こちらも圧中心の力強いオイルトリートメント。

「では仰向けでお願いします」と彼女。


・・・そ○い部ゼロでうつ伏せ終了ですか。


後半勝負ということですかね ←ポジティブ


仰向けはまずは腕から。
オイラの横に来て、腕全体を包み込むようにトリートメント。
特にこれといった特別なことが起こるわけでもなく、単純に気持ちいい。

それから彼女はオイラの足の方へ移動。
すね、膝周り、太ももと手は進むが、やはり足の付け根には伸びてこない。
このあたりでなんとなくいやな予感が・・・。

でもって次はオイラの頭の方に移動し、デコルテ。
ご想像通り、爆撃があるわけでもなく、普通に気持ちいいデコルテ。


そう、手技はとても上手。


「では、もう一度うつ伏せになってください」とのことで、再びうつぶせる。
ここでOP発動のようで、足の方からお尻、背中へとシルキータッチ。


えぇ、予想通りサワサワですww

サワサワで2000円ってどうよと思いつつも、これまでの土建屋さんの流れを断ち切るすごい技を期待している自分がそこにはいたわけでww

ちなみに、かなりぎこちないサワサワ ←
ゾゾゾっっとすることもない、ほんとに軽めのタッチという感じ。
指圧やオイルは上手でも、こちらはあまり得意ではなかったようで。

でもってそのまま頭の方に移動してきて、再びデコルテ付近をサワサワ。


と、ここで。

指先がオイラの胸のポッチをかすめ始めたでねーかっ!
それまでがそれまでだったので、これだけで妙にテンションの上がるオイラ ←
ただこれも早々に終了、そして彼女はオイラの足の間に。

ようやくそ○い部にアプローチ開始。
指先で安全地帯をゆっくりと、優しく、優しく、優しすぎて涙が出そうに。
特に事故も無く、また残念ながらバリエーションもなく、時間だけが経過してゆく。

「お疲れ様でした」


~ epilogue ~

好きなお店だし、★4以上前提で伺ったが、う~~んという結果。
こんなもんじゃないことはわかっているし、彼女も指圧やオイルはとても上手だったし、とてもいい子だったし、今後の期待も含めて★3としたけど・・・


正直、メンズエステ的には★2。


オーナーと他1人しか入ったことが無いので、その二人が特別良かっただけなのか。
今回の内容が仮にお店のスタンダードということなら、120分22000円は高過ぎ。

そのあたり、また近いうちに訪問して検証してみたい。



Data

◆部屋タイプ   店舗型(ほぼ個室感あり)

◆施術スタイル  ノーマルなオイル
 
◆制服      Tシャツ&パレオ

◆紙ショーツ   4種類から選べる


施術環境         ★★★★☆

施術内容          ★★☆☆☆(指圧・オイルは★★★★☆)

帰りの龍朋のチャーハン ★★★★★



寅次