オラわくわくすっぞ 荻窪


■アクセス   荻窪駅より徒歩3分
■セラピスト  Kさん
■料金     90分15000円


■施術レポート

寅次です。


もう、店名がwwww

行くしかない店名ですな(笑)


荻窪はノーマークだったのですが。
エ○い友達の一人からこのお店のことを聞いて即決。
ドラゴンボール世代としては、また素晴らしい台詞をチョイスしたな、と。

「オラ、わくわくしたいぞ」

ということで、荻窪上陸。


~ prologue ~

とりあえず予約の電話。
幼き頃に人造人間18号に恋心を抱いていたであろうお兄さんが受付。

「そちらで天下一武道会が開催されると聞きましたが」
「・・・・・・」

ということで予約完了。


荻窪駅。
駅を出て環八方面へ向かい、程近いところにマンションが。
昭和な香りのするマンション、該当のお部屋へ。

インターホンを鳴らす。
すると寅氏の前記事とかぶるが、学級委員長的美女。
艶々の黒髪、意思のはっきりとしていそうなまなざし、それでいて笑顔が可愛い。

お部屋はワンルーム。
とりわけ特徴があるわけではない、よくあるシンプルなつ・・・




( ̄□ ̄;)!!


ま、枕元にド、ド、ドラゴンボールがっ!

それも7つ揃ってるwww





「これ、七つ揃うとなんでも望みが叶うんだけど、叶えてくれるの?」
「来店ごとにひとつずつボールが溜まって、七つ貯めるといいことがあると店長が言ってました」


・・・ほぅ。


って、ただのポイント割引かな?


「なんか、す・・・・・・っごい!いい事があるみたいですよ」


・・・き、気になるでねーか、そんなにりきんで言われるとw


「とりあえず、オイラわくわくしたいぞ」
「はーい、頑張ります」

ということで荻窪にて、天下一武道会、開催。


~ 施術 ~

まさかのドラゴンボールがあって妙にテンション高めのオイラ。
そのせいもあって気づくのが遅かったが、彼女は下着の上に男性用であろう大きなYシャツ一枚。

色っぽいね、こういうの。うふ。


シャワー後、まずはうつ伏せ。
学級委員・・・あ、話の展開が寅氏とかぶるww

えっと、真面目な感じの彼女、鍼灸の仕事の経験もあるようで、指圧のアプローチはさすが。
ここのところ、指圧の上手な子によく当たる。
これはこれでありがたいことなんだけど。


・・・そろそろエ○い子に当たってほしいんだけど汗。


的確にコリをとらえてゴリゴリ。
彼女は「硬いですねー」とニコリ。
「まだ柔らかいですよ」とオヤジな下ネタで応戦も彼女は?マーク。


くっ、なんだか恥ずかしいじゃねーか ←


しっかりと両の足を解され、そのままお尻を経由して背中の方まで。
力強く、そして的確に。
背中の指圧の際に、オイラの腕の方まで彼女は自ら腕を伸ばし、背中に柔らかいものが。


亀仙人なら





って、やつですなww


一通り全身の指圧が終わり、いやはや体は快調に。
でもってオイル投入。

結構多めのオイルが、まずは足の方から。
こちらは指圧とうって変わってソフト&ゆったりストローク。
肌感のとてもよい彼女の手のひらが、オイラの体に線と円を描く。

太ももの流れからそのまま足の付け根にまで指先が侵入開始。
かなりキワを積極的に攻めてくる。
ショーツ上とはいえ、おいなりさんはもみくちゃ。

「そ、そこにドラゴンボールがふたつあるとわかってのフガガガ・・・」


・・・うつ伏せはしゃべり辛いww

そのまま足を曲げるよう言われ、カエルポーズ。
オイラの足を彼女の足の上に乗せるパターン。
ここでも攻めの姿勢は崩さない、素晴らしき彼女。

「くっ、こうなったらオイラの如意棒でう・・・」
「では四つん○いになってください」
「は、はい」


いかん、ボケる暇が無いww


いつもなら断ることも多いお犬様。
が、この日は気づけば四つん○い。我ながら情けない格好であるw

彼女はそんなオイラの背中の方から覆いかぶさるように、片手はそ○い部、片手はオイラの胸あたりを探索開始。


・・・そのコンビネーション、反則ですw


ただ、このあたりで気になることが。

彼女の着ているYシャツが、オイルのせいでオイラに

ペトっ

ペトっ

と、ひっつくのである。これ、ちょいと気色悪いww


ペトってするのが苦手だから、Yシャツ脱いでなんて言えないし ←
最悪、くっついてくれなくなるし、ということで我慢することにw


ひざがプルプルしてきた頃に四つん○いは終了。
そのままうつぶせて、オイルのふき取りを。


でもって仰向け。
オイルが染みたYシャツは・・・・・・な状態。わぉ。

とりあえず足の方から再度オイルトリートメント開始。
ゆったりと、色っぽく手を運ぶ彼女。
その流れのままそ○い部にも軽く、優しく侵入。

それから彼女はオイラの横に、いわゆる添い寝な格好に。
そのまま片手はそ○い部、片手は上半身を徘徊。
そ○い部もかなり深いところまで強めにアプローチ、事故多発。

「そろそろお時間です(やってしまいなさい、ザーボンさん ←空耳)

と、フリーザのような宣告を可愛く言われ、オイラはシャワーへ。


~ epilogue ~

あけてみると、ドラゴンボール的要素は枕もとのボールだけだったがww
内容はよくあるパターンだけど、彼女のおかげもあって結構ワクワク^^

また七回来店すると何が起こるのか、それも依然として気になる事項である。



「なんか、す・・・・・・っごい!いい事があるみたいですよ」


・・・通いますかな ←


Data

◆部屋タイプ   ワンルーム

◆施術スタイル  ソフト○着
 
◆制服      部屋とYシャツとわたし

◆紙ショーツ   ノーマルT



施術環境   ★★★☆☆

施術内容   ★★★★☆

わくわく  ★★★★☆


寅次