5月12日 10:12  獅子座上限の月を迎えました

振り返りの星読みとなります

 

獅子座の22度は

「伝書鳩」

 

 

自分の能力を人のために役立てていく

損得勘定抜きで人に貢献する

誰かの役に立つ奉仕をすることで使命に気づく

自分の能力を人のために役立てる

 

 

チャートルーラーとなる太陽は

牡牛座の10ハウスに滞在し

奉仕や自己調整を通じ確実に

社会に通用するものとして

価値ある自分となることを目指します

 

 

サビアンシンボルは牡牛座21度

「荒れて波立つ水の上を飛ぶ白い鳩」

 

 

希望を告げるメッセンジャーとなること

感情を意識的にコントロールすること

困難で厳しい状況でも希望を忘れないこと

 

 

 

獅子座の月は自分が

伝書鳩のように

神聖な存在として

純粋に人のために役立つ

そんな自分であろうとしますが

太陽と葛藤の配置にあることで

自己満足に終わることなく

「本当の自分の価値を体得する」ために

手放しが起こされるかもしれません

 

 

 

 

感情の海に飲まれずに

本当に伝えたいことだけを携え

しっかりと前を見つめて飛んでいく

その姿はすでに

 

自分には「ある」ことを体感として知っている

 

楽ではない行程を行くためには

本当の獅子座のプライドが

立ち上がる必要があります

見栄やエゴや小さな自分と対峙する場面や

手放しと葛藤を感じるかもしれません

 

 

 

また同じ10ハウスには

どの天体ともアスペクトを取らない

水星と天王星がいるため

必要があれば肩書きや

所属している社会

あなたの社会通念的な枠が

新たに組み替えられたり

思考にも改革が引き起こされる

かもしれません

 

 

 

このホロスコープの

もう1つの特徴としては

火のグランドトラインができ

高い視点やグローバル感覚で

遊ぶように自己表現をすることが

今のあなたにとても必要なことを

導き出してくれるようです

 

 

 

また海王星を頂点とする生産的な

小三角形があるため

人と深く関わることでより

大きな意図が自分の進む道に

注がれていくような感覚となるでしょう

 

 

5ハウス木星と11ハウスの火星は

オポジションの位置にあり

獅子座の月の「尊厳」に

パワーを送っています

自分の在り方をチューニングしていく

そんな時間となりそうです

 

 

ここからは自分の内側に起きたこととの

個人的な心の変遷についてになります

 

 

改めてる数日前を振り返ってみると

12日を挟んだ前後3日くらいは

本当に心の中で嵐が吹き荒れるような時間でした

 

 

 

今年からチャレンジを始めたことがあるのですが

実は数年前にもこれを進めようとして

自分の小ささや不甲斐なさを受け止めきれずに

スタートラインにも立てなかった

そんな経験のあることなのです

 

 

進めるほどにこの数年スタートラインの近くを

ウロウロしていただけの自分を受け止めざるを得ない

そんな自体に直面することになりました

 

 

結果として真摯に結果を受け止め

自分のゼロ地点をやっと直視した

そんなタイミングでもありました

 

 

重なるように

人との関係性においても

自分の立場や在り方にNO!を

突きつけられるような体感を伴う

出来事が起こり

弱り目に祟り目のような気持ちでいましたが

結局そこにも沢山の学びがあって

最後は人や仲間に支えられている自分を感じ

そのありがたさに感動と感謝の時間となりました

 

 

何もできなくてもそれでいい

みんながそう言ってくれる

とにかく今はそれを自分で本当に受容しよう

そしてできることから1歩ずつ進めていこう

そんなところにいます

 

 

週末は蠍座の満月ですね

月が満ちるリズムに合わせて

自分の中も満ちる感覚に

気持ちを向けてみようと思います

 

 

お読みいただきありがとうございました