2019年1月28日 蠍座下弦の月

 

 

パワフルな新月を超えて自己調整が入ります

 

 

 

月は蠍座の8度

「湖面を横ぎって輝く月」

 

太陽は水瓶座の8度

「美しい衣装を着た蝋人形」

 

 

鏡面止水(きょうめんしすい)

 

 

 

一点の曇りもない鏡のような

湖水に自分を写した時

そこに見る自分は

静かに強い眼差しで

あなたの心の奥底に

語りかけるでしょう

 

 

 

私はここにいる

あなたとずっと

一時も離れることなく

ここであなたを見続けている

大丈夫

あなたは知っている

あなたならできる

 

 

 

 

天頂で輝く月は

去年一年間格闘してきた

課題だったかもしれない

強い執着を超えて

静かな心を映し出します

 

 

 

これからの未来を

まだ見ぬその景色を

泳いでいく力強い自分

 

 

私の生きる道

 

 

その未来のあり方で

自分を打ち出しいく

大海を泳ぎ切った自分の

その思考を先取りして

自分を操縦していく

 

 

 

これから向かっていく未来を

共に描き大きな世界観を共有できる

喜びや可能性やビジョンを膨らませ

表現し分かち合う

 

 

その中で

自分の意識には上がらない

自分の奥底にある執着や

権威的な枠組みからの浄化

を体験するようなことが

起こるかもしれません

 

 

 

最終的に

あなたの発するエネルギーや

在りようはこれまでとは違うものに

変容していくでしょう

 

 

 

 

 

個人の振り返りとしては

新月での気づきは

 

 

誰かの「正解」を探し

誰かの「正解」の通りの自分を

生きようとするのではなく

 

 

自分の人生で本当に欲しいものを

「欲しい」と言うだけなんだ

と気づいた日でした

 

 

私が本当に欲しいものは

 

 

毎日、毎瞬を感動して生きていくこと

 

自分が人生を創り出せる喜びや

同様に人が自分のオリジナルを

生きる可能性を持っていることを

間近で見て体験しながら生きていく

 

 

その時間を重ねて生きたい

と言うことでした

 

 

この下弦の月では

 

 

情熱の源泉を生み出す

自分の望み

在りたい姿を

改めて静かな心で問う

 

 

手に入れたいのはどんな未来か?

どんなところで

どんな人たちと

何を見て

何に取り組み

何を創り出そうとしているのか

 

 

その時の自分は一体

どんな顔をしているだろう

 

 

どうぞ今夜はゆっくりと

湯船に浸かったり

1人の静かな時間をとって

自分に問いかけて見てください

 

 

あなたの心が今

本当に生きたいと願う未来は?