【小説】幻夏(太田愛さん) | セイコメディカルビューティクリニック福岡院 (旧:エステラクリニック)― スタッフブログ

セイコメディカルビューティクリニック福岡院 (旧:エステラクリニック)― スタッフブログ

2018年9月、エステラクリニックからセイコメディカルビューティクリニックに生まれ変わります。


テーマ:

こんにちは。スタッフTAKEです。

今日は、最近読んでおもしろかった『幻夏』という小説をご紹介します。

 

---------------------------------

作者:太田愛

香川県生まれ。B型。乙女座。

大学在学中より始めた演劇活動を経て、97年TVシリーズ「ウルトラマンティガ」でシナリオライターとしてデビュー。2012年に『犯罪者 クリミナル』で小説家としても執筆活動を始める。2014年、小説「幻夏」で第67回日本推理作家協会賞(長編および連作短編部門)にノミネート。日本脚本家連盟会員。日本文藝家協会会員。

【公式HPより】

---------------------------------

少年時代の思い出からスタートします。

楽しかった夏の日に起こった友人の失踪。

最後に目撃された川べりに残された奇妙な印。

 

23年後、警察官になった主人公は、とある少女失踪事件でまたあの奇妙な印を目にします。

少女失踪事件と友人の失踪には、関係があるのか?

あの奇妙な印が意味する意味とは?

 

あの時どうするのが正解だったのか?

人は誰かのためにそこまで強くなれるのか?

ラストは、やりきれない悲しみで涙溢れました。

 

このお話に登場する人物(鑓水、相馬、修司)は、じつは作家デビュー作の『犯罪者』に登場するそうです。

次作から読んでしまったのですが、関連性はそこまでなく十分すぎるほどに楽しめます。

 

そして、この『幻夏』の次に『天上の葦』という作品も発表されているそうです。

順番に読む派の方は

犯罪者→幻夏→天上の葦

がおすすめです。

 

私は、次は『犯罪者』読んでみようと思います。

 

 

▽当院が自信を持ってご紹介する医療痩身機器▽

理想的な体は痩せるだけでは手に入らない!

 

-------------------------------------------------

セイコメディカルビューティクリニック福岡院

電話:0120-126-265

-------------------------------------------------

 

 

estrella-tenjinさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス