動物へのレメディ | Terapia floral☆エストレーラギア      フラワーレメディセラピー 滋賀       

Terapia floral☆エストレーラギア      フラワーレメディセラピー 滋賀       

☆フラワーレメディセラピー☆
病気や不調の原因がその人の性質的な弱点や感情の乱れに関係している事に着目し、ストレスや様々な否定的な感情の乱れを癒すフラワーレメディを飲用し心のバランスを調整するホリスティックセラピーです。


テーマ:

動物へのレメディ


以前、猫のドンちゃんにレメディを
処方しました。

猫エイズのドンちゃん、
拾われた頃から、
傷つき体調もかなり
悪かったドンちゃん。

飼い主さんにより
ホメオパシー 
や音叉療法で、看病され、
度重なる困難を乗り越え、
数ヶ月前に始めてフラワーレメディ
を飲ませて上げました。

その後はあまりレメディは
飲まなかったそうですが、

数日前に、容態が悪くなり
飼い主さんに連絡を頂き、
この間見に行ってきました。

食事も取れず、起き上る事も
困難で横たわっていました。

ドンちゃんに会い
残された時間は僅かな時間
だと思いました。

おそらく出来る事は
残りの時間、旅立つまで
の時間を少しでも楽に
平和に過ごさせて上げる事
だと思いました。

レメディを調合し、直接口へ入れて
上げると、すっーと落ち着き、
暫くして起き上りました。

そして、すぐ又横になり眠りだしました。


飼い主さんも2年以上にわたり
献身的に看病し、
別れの覚悟はしつつも
大変な悲しみをお持ちだった
と思います。

飼い主さんにもレメディを
調合しその場を後にしました。

翌日、飼い主さんより
連絡を頂き、僕が伺っだ翌朝9時頃
飼い主さん抱かれて静かに旅立ちました。

避けられない悲しい別れ。
しかし飼い主さんに拾われてから
最後、旅立つまで大事にされ
幸せだったと思います。

ドンちゃん安らかに。

estrelaguiaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス