純正部品について その2 | エステクニカルワークス

エステクニカルワークス

エステクニカルワークスのブログです。
カッティングステッカー、各種トレーラー部品、業務用製品、2輪車、水上バイク純正部品などを販売しております。
DIYをしている方のサポートにも力を入れていきます。

エステクニカルワークスです。

 

 

 

先日よりブログでご紹介させていただいている純正部品について書きますね。

 

 

純正部品とは製造メーカーが供給している正規の部品となります。

社外品は製造メーカー以外の企業が供給している部品となります。

 

今回のブログは社外品を全否定しているわけではありませんのでその点ご了承をお願い致します。社外品のほうが信頼性が高い、品質がいいものもあります。自分で使用する製品は社外品を使うことのほうが多いです。

 

 

 

当店は基本的に純正部品での補修を推奨しております。

 

 

純正部品の主なメリットとして

①信頼性が高い

②問題のある部品は順次改良されているので形状、素材等で改良がある

 

です。

 

まず機械製品を修理する場合に信頼性というのは絶対です。

壊れて修理したのにまた同じところが壊れるというのはよくある話です。

修理をする人間からするとこれほど無駄な作業はありません。

 

 

 

当然純正部品でもデメリットがあります。

①価格が高い

②廃盤(生産中止)が早いことが多い

 

 

信頼性が高い=価格が高いとはなりませんが純正部品ということで多少は安心できます。

特に外装部品は早い段階で廃盤になることが多いです。

 

 

 

 

 

 

反対に社外品のメリットとしては

①価格が純正部品と比べて比較的安価な部品が多い

②機械が古くなっても社外品製造会社の自社在庫が結構ある

 

先日ブログにあげたうちのフォークリフトですが購入時にクラッチがズルズルで交換必須だったのですが純正部品が廃盤で社外品を探したところ社外品のメーカーに残り2つだけあってこれからの生産はないので今後はもう手に入りませんとのことでした。

 

 

デメリット

①純正部品に比べて信頼性が劣る場合がある

②メーカー保証、メーカー修理が受けられなくなる可能性がある

 

以前経験したのはジェットスキーにお客様持ち込みの社外品のガスケットを使用したところガスケット自体が錆びてしまってアルミ製のマフラーをもらい錆で侵食させてしまったことがありました。

そのジェットスキーは海で乗っているので海水ということもあり錆を加速させてしまったのではないかと思います。

 

ただ使用場所、交換頻度によっては社外品でも十分なところもあります。

 

 

 

社外品のほうが性能、信頼性が高いものもありますので見極めが大事ですね。

 

 

 

 

 

純正部品発注に関しましてご不明な点等ございましたらホームページよりお問い合わせいただければと思います。

 

 

 

当店ホームページ

ES TECHNICAL WORKS (エステクニカルワークス)