大阪市東淀川区でマンションを高く売るタイミング

大阪市東淀川区 マンション売却

大阪市東淀川区でマンションを売る最高のタイミングとは


大阪市東淀川区でマンションを売却しようと決めた時、いつ売るのと最適なのか、時期的なものを知りたいと思いますよね。

一般的に、転居を考えるのは、転勤の時期とか新生活が始まる時期。では、売却する場合はどうなのでしょうか。

大阪市東淀川区内の需要が高まっているときに売り出すことができれば、希望の金額で手放すことができるかもと考えます。

そこで今回は、「大阪市東淀川区でマンションを売るタイミング」に関してご紹介したいと思います。

[1]一年の中で、物件購入の需要が高まる時期


一年の中で考えると、大阪市東淀川区に限らず実はマンションに関しては、購入の需要はあまり変動がないようです。

大阪市東淀川区でも賃貸物件であれば、転勤・就職などの引っ越しシーズンに需要が高まります。

しかしマンションの場合、決定的に売買の需要が高まる時期というものはあまりないのです。

マンションを欲しいと思っている人にとって、大阪市東淀川区の住みたい場所での販売案件が出れば、内乱の希望をするでしょう。

住みたい場所とマンションの新築か中古かを決めている家庭も多いため、条件に合う物件が出てくれば、内覧してみたいという感覚です。

また、大阪市東淀川区含め全国的にマンションの物件数は、飽和傾向にあり、

マンションだけでなく不動産価格についても、大きな値上がりは無く安定しています。

そのため売りに出されている物件も豊富で、焦って買わなくても値段が高騰することはないという安心感から、

大阪市東淀川区でもそうですが、マンションを慌てて見に行く購入する、という家庭はまれだと言えます。

「2」転居が好まれる時期


買い手有利の不動産市場ですが、ただし、物件を購入して転居を済ませたいという時期はあります。

年始(1~3月頃)や秋(9~11月頃)です。

転勤が見えていて大阪市東淀川区での新居を考えたり、お子さんの進学や新学期に合わせて転居を済ませておきたい事情もあります。

年内には転居を済ませて、新居で新年を迎えたいなどの理由もあるでしょう。

このような時期であれば、検討している物件について、購入に踏み切る可能性が高まる時期だと言えます。

そのため、この時期に売りに出す段取りができれば、物件を検討してもらいやすいという点で有利といえます。

ただ、若干有利、という程度で期待しすぎないようにしましょう。

[3]できるだけ早めに売り出したほうが良い?


一年を通して、マンション購入の需要はさほど変動しないのですが、それではいつ売却しても変わらないというわけではありません。

大阪市東淀川区で段取り良くマンションを売却するには、手順を考えて進めていく必要があります。

周辺エリアの将来性


大阪市東淀川区周辺エリアの開発が進むことで、不動産の価値が高騰する可能性があります。

例えば、近隣の駅の周辺開発、大規模な商業施設のオープンなどの可能性があれば、

その計画が発表されてから売りに出すことで有利となる場合があります。

[4]不動産業界の「2020年問題」


ただし、不動産業界で懸念されている問題があります。「2020年問題」です。

東京オリンピックが行われる予定の2020年。

この年までは、東京を中心として新しいマンションの建設も急ピッチで進められ、不動産取引も活発だと予想されます。

しかし、この年を境にさまざまな問題が起こることが考えられるのです。

大阪市東淀川区 マンション売却

1.人口減少


大阪市東淀川区でもマンション・戸建などの住宅購入の適齢期は30代から40代と想定されます。

住宅ローンの審査には年齢が大きく影響しますし、返済年数と勤続残存年数の関係から、この年齢層が購入の中心になるという点は、今度も変わらないでしょう。

しかしこの年齢層の人口は、2020年以降は現在と比較して約20%減少すると考えられています。

2.物件の飽和


日本の総住宅数は、増加の一途をたどっていますが、それに対して人口は減少期を迎えています。

その結果、不動産は飽和状態。

大阪市東淀川区含め全国の空き物件の問題も、大きく取り上げられる時代に入っています。

現在でも不動産物件は飽和状態なのですが、これらの要因により、この飽和状態はどんどん悪化していく見込みなのです。

大阪市東淀川区に限らず物件が余っていく環境では、物件を売りに出しても、買い手がつきにくくなることが予想されます。

3.固定資産税


昨今、税制改革が続いています。

2015年には相続税が代わり、空き家の固定資産税の課税方式も変更されました。

また、2019年中には消費税の追加引き上げも予定されています。

今後も、さまざまな税制の変更がなされるかもしれません。

維持費の面を考えて、大阪市東淀川区でも不動産を売りに出す人はますます増加する見込みです。

このように、不動産についてはさまざまな問題が予想されていますので、

特別有利な見込みがある場合を除いて、早めに売却を検討すべきなのかもしれません。

大阪市東淀川区おすすめマンション一括査定サイト


大阪市東淀川区で物件の売却を視野に入れているのなら、一度、ご自身のマンションの査定を受けてみましょう。

自分の物件についての客観的な評価を知ることができますし、

一括査定できるサイトを活用すれば、複数業者からの査定を簡単・便利に受けることができます。

査定を受けたからと言って、必ず売却しなければ、というわけではありません。

まずはまずは一歩を踏み出してみることです。

ご自身の物件の価値を知り、家族で話し合い、不動産についての基礎知識を身につけて検討していきましょう。

HOME4U
HOME4U

⇒公式サイトへ

 

■大阪市東淀川区の中古マンション情報


ここでは、実際に大阪市東淀川区で販売されている中古マンションの情報を幾つか紹介ます。

※2019年2月現在の情報ですので、価格が変動している可能性もあります。
マンション名は掲載しておりません。

所在地
大阪府大阪市東淀川区西淡路3丁目5-8
交通
  • 東海道本線 東淀川 徒歩2分
価格
1,690万円
管理費月額6,900円修繕積立金月額11,000円
間取り2LDK専有面積55.00m2(壁芯)
バルコニー面積6.31m2バルコニー向き
構造及び階数鉄骨造 11階建て 所在階 10階
築年月昭和54年7月 (築39年)

所在地
大阪府大阪市東淀川区大桐2丁目
交通
  • 大阪市営地下鉄今里筋線 だいどう豊里 徒歩6分
  • 阪急電鉄京都線 上新庄 徒歩16分
価格
2,190万円
管理費月額7,000円修繕積立金月額8,000円
間取り2SLDK専有面積66.45m2(壁芯)
バルコニー面積10.80m2バルコニー向き
構造及び階数RC(鉄筋コンクリート) 7階建て 所在階 1階
築年月平成21年5月 (築9年)

所在地
大阪府大阪市東淀川区下新庄5丁目
交通
  • 阪急電鉄千里線 下新庄 徒歩5分
  • 阪急電鉄千里線 淡路 徒歩15分
価格
1,780万円
管理費月額13,850円修繕積立金月額10,640円
間取り4LDK専有面積71.89m2(壁芯)
バルコニー面積17.71m2バルコニー向き
構造及び階数SRC(鉄骨鉄筋コンクリート) 14階建て 所在階 6階
築年月平成3年3月 (築27年)