遺品整理のお見積もりを依頼する際には見積書に記載されている文章をすべてチェックしましょう!


遺品整理のお見積もりには規約なども書かれている場合があります。


例えば、すべて実家の遺品整理まるごとお願いしたのに、
「運搬は別で費用がかかります」「遺品の供養はオプションです。」など
様々なことを後から請求されトラブルの原因になります!!




見積書に同意して作業をしますので、後から何を伝えたとしても遺品整理業者は
同意して頂いた内容で遺品整理をしているの追加請求はできてしまいます
ショック!



必ず見積書を見ながら、「遺品の回収や処分にはお金がかからないですか?」など
具体的に質問をして、遺品整理業者と相違がないように進めて下さい。



遺品整理の見積書

詳しくは、



アップアップアップ
遺品整理業者は年々増加しており、都道府県ごとに遺品整理の料金相場も異なっております。

あなたのお住まいの遺品整理の料金相場は高いですか?

他の県からでも遺品整理業者は来てくれるケースが多いです。
遺品整理をご依頼する際には必ず他店の料金表と料金相場をチェックしましょう!グッド!
そうすることで値切り交渉が可能になります!

他店ではいくらだったのに、、!?遺品整理の相場はこのくらいなのに、、!?

できるだけ遺品整理の費用は抑えるために依頼前にチェックしてくださいね!!

遺品整理業者の料金相場


「遺品整理マイスターズ 公式」で検索


アップアップアップ
遺品整理を行う時期はいつが最適でしょうかはてなマーク

・49日立ってから遺品整理を行なった方が良い。
・すぐ遺品整理を行った方が良い。
・家族揃って、対応できる日に遺品整理を行った方が良い。

など様々な意見があります。

一番重要なポイントとしては、故人の状況だと私は思います。

1.故人の実家が借家かどうかビックリマーク
2.「孤独死」のような特殊清掃が必要な遺品整理かどうかビックリマーク

故人の実家が借家の場合は月日が経つにつれて、家賃など誰かご遺族の方が負担しなければいけません。
持ち家の場合は実家を売却するかなどの今後の予定に合わせて遺品整理を行えば良いので、急いで行う必要はありません。

また、近年ニュースでも取り上げられている「孤独死」などの現場では、早急に遺品整理や特殊清掃を行わなければ、遺体の腐敗が進んでしまい、どうしようも手が出せなくなってします。

ご家族や故人の方の状況に合わせた遺品整理を行うことをオススメします。

遺品整理を行う適切な時期やタイミングは?結局いつ頃行えばいいの?
アップアップアップ

遺品整理時期