昨日は第7回アイオー・ビジネススクールセミナーでした。テーマは「ポスト2020をを乗り切るために必要なこと」。3つのヤマが到来するといわれている2019年も約半年を過ぎ、日本の経済環境も潮目が変わりつつあります。大手企業の2018年度決算も減収減益傾向が多い中、2019年、2020年を乗り越え2030年以降も存続する企業へ挑戦しなければなりません。

6期アイオー・ビジネススクール最終回である本セミナーでは、2030年から見る今と2020年を乗り越え活躍し2030年まで存続するために必要な人材育成についてお話し頂きました。

人を活かし・育てるため

1.コミュニケーション力

2.働く社員のモチベーションを上げる

3.「ひとづくり」の前提

4.人づくりに必要な3つの力(育む力・育てる力・育つ力)

5.人づくりの実践

6.マネジメントの確立が人を育てる

について人事採用現場の声を交えながら勉強させていただきました。

 

企業を取り巻く経営環境が、有効求人倍率はバブル期を上回る1.5突破、働き方の価値や社会問題解決の変化、AI・ロボット・自動運転・IOT・ドローン等最先端技術による生産性向上推進、デジタルテクノロジー活用によるプラットフォームやビジネスモデル改革の中、実際の事例を交え、人事制度改革、ジュニアボード、社内アカデミーを楽しく確認することができました。

 

今回でセミナーも最終回。修了式で修了証書も頂き、懇親会で異業種交流、情報交換、経営仲間との切磋琢磨、次世代経営者に役立つ充実した時間を過ごさせていただきました。