"あなたらしく元気に楽しく" 淺田ユミのホメオパシーとフラワーエッセンス【奈良・学園前】
こんにちは。ホメオパシーとフラワーエッセンスの淺田ユミのブログにお越しいただきありがとうございます。
あなたがあなたらしく元気であることができるように、
ホメオパシーとフラワーエッセンスを通してお手伝いをしています。奈良で個人セッションをしています。
  • 07Dec
    • 望診カフェ in 奈良【満席になりました】

      望診カフェ in 奈良こんにちは。淺田ユミです。寒くなりましたね、お元氣ですか。さて、自然療法家の私があつかっているのはホメオパシーとフラワーエッセンスですが、自然療法にはいろいろな方法と見立てかたがあります。「望診ぼうしん」は、中医学の見立てかたのひとつなのだそうです。私はゆかり先生が東京で開催されている「望診カフェ」に行きたいなと思っていましたが、遠くてなかなか参加できません。そこで、奈良でもできたらいいなと思って相談したところ出張していただけることになりました。自分を知って、自分に優しくする方法を知る。朝のひとときを奈良で一緒に過ごしませんか。生まれつきの体質を星座から知る × 今の状態を望診で知る = 私らしく元氣に☆グレゴリオ暦の新年の月に、鈴木ゆかり先生による『望診グループカウンセリング』を開催します。これは、お茶会のような形式で、お集まり頂いたみなさんお一人お一人の気になる症状について、ゆかり先生が望診をし、どんな食事が良いか、どんな食事は避けるべきかなどをカウンセリングしてくださるというものです。みなさんの症状に対するアドバイスを聞くことができますので、自分の症状だけではなく、いろんなパターンを知ることができるのも特徴です。望診(ぼうしん)とは・・・中医学の見立ての方法のひとつで顔色・舌の色・肌のつや・肉付きなどを目で見て診断する方法のことです。ゆかり先生ならではの特色は、望診とホロスコープの2つを組み合わせているところです。この写真の7席での望診カフェとなります☆望診カフェ in 奈良●日時:2019年1月25日(金)10時〜12時●場所:奈良ホテル・本館1階ティーラウンジ●参加費:3,000円 事前振込制になります。飲食代は各自ご負担ください。●内容:まず、鈴木ゆかり先生から望診についてと星座についての説明をききます。それから、お一人あたり10分程度の望診によるカウンセリングを受け、その内容をみなさんでシェアします。*望診カフェはセミナーではありません。知識をしっかりと学びたい方には講座受講をお勧めします。●定員:5名●お申込み方法:こちらのフォームから正式にお手続きをお願いします。ご入金後のキャンセルはできませんがご了承お願いします。https://ws.formzu.net/fgen/S10182137/※ 携帯電話のメールアドレスの方は、あらかじめこのメールアドレスを受信可能な設定にしておいてください。万一、自動返信メールが届かない場合は、こちらのメールアドレスにご連絡ください。yumi@homoeopathy-nara.jp●主催:ヒノ香 淺田ユミ

      テーマ:
  • 04Dec
    • 「人生はやり直せるようにできている」 自分のこと。

      こんにちは。淺田ユミです。さて、このたび、今までのことをまとめて書くことができました。初めてです。途切れ途切れにしか書けなかったことがようやく一本につながったような感じがします。大変長い文章になったけれど、わたしのリスタート。これからもよろしくお願いいたします。「人生はやり直せるようにできている」志賀くにみつ先生のご著書「はじめてのシュタイナー」の中に見つけた言葉です。私は、生まれる前から [生まれることを] ためらっていたと思いますし、幼い頃から緊張の中で暮らし、孤独に感じていました。(お父さん、お母さん、すみません!精一杯愛して育ててくれたとは理解しています)私にとっては世界が遠かったのです。魚座さんは基本的にそんなものなのかしら??という話は置いておき。絶対的に護られた安心感も希薄で、わくわくするような、喜びに満ちた体験もなく、どこか浮遊したような感覚を持ったまま子ども時代を暮らしていましたがこれを誰にも話したことはなく、話さなかったというよりはただ単にうまく言葉にできなかったのだと思います。世界の美しさや善いものを知らず[受けとることができずに]に育ち、「感情」が健やかに育つ体験をしないまま身体は大きくなり未熟な大人となりました。「意志」も「感情」も「思考」も未発達なまま何もかもがわからなくて、どうすれはよいか分からず、どうしたいかなんてもっと分からず、不安に怯えていたように思います。私は、生き難かった。  <<自分が変わりはじめる >>人生の中で、それぞれの段階での学びをしないままにただ、人生の危機だけを体験し続けてきた私は27歳で大きなきっかけをもらいました。「うつ」という病気です。今やっとわかりました。これが、私の「生き方を変える第一歩」だったのですね。”生き方を変えなさい” というお知らせだったということは承知していましたが、「生き方を変える始まりの時」だという認識がいま生まれたのでした。おめでとう!26歳で結婚し、36歳で離婚しました。とても大変で辛かったあの頃のことは、長い間、ふたを開けられずにいたけれど、心が死ぬような思いをし、体も大切にせず、人生最大の危機でした。ただ、当時はDUCATI748spに乗り、サーキットに行き、ツーリングをしバイク生活は謳歌していたので、いわゆる物質的な世界を味わっていた時代なのだとも思えます(今もバイク好きです)それはそれで私の一時代でした。でもこれは、本当の生き方の世界へ戻る準備だったのだと今ならわかります。その後、私は人生の再構築を始めました。再構築なんてさらりという言葉は、今初めて言いましたけど後から眺めて見れば結果的にそうだったなと納得しただけのことで、当時はただただ辛かったし、希望も夢もありませんでした。0歳から36歳まで、ちゃんと学ばないで大きくなったものですから、大変です。私はそこから全てをやり直したのです。  42歳からこの頃に深く出会ったものはホメオパシーでありフラワー・エッセンスであり植物、素晴らしい師と仲間達。今はたくさんの世界につながっています。そう、無数のシナプスが繋がって、きらめいているようです。今、48歳。季節は少しずつ変わりながら全ては巡る。冬、そして春へと。知るほどに人生のすべてが楽しくなって、深まっていきます。  私はきっと、誰かが人生で道に迷った時や、生き直しをしなければならないステージの時にそんな人たちの助けになれるのではないかと思います。人生のそれぞれの年齢で、危機はあって、小さな子ども時代に危機を体験するように生まれてきた魂もいるし、何度も繰り返す出来事から踏み出したい人もいるでしょう。そんな人の助けになれたらいいなと思います。病気を通してお知らせをもらう人もいますし、不調の段階で氣づく人もいるかもしれません。うまくいかない繰り返すできごとの中には意味が隠されているのです。人生はいつでもやり直せるようにできています。・生き方ががらりと変わる・本当の自分を知る・世界とつながる・楽になり、深くなる  あなた本来の生き方へと戻るサポートをしています。体は健康になり、世界には喜びと美しさがあふれます。氣づきと変容の触媒,ホメオパシー健康相談会、フラワーエッセンスセッションを行っています。「ヒノ香」日本ホメオパシーセンター奈良 学園前自然療法家淺田ユミ  お問い合わせ

      テーマ:
  • 02Dec
    • こどもと胡桃

      こんにちは。淺田ユミです。さて、昨日はなぜか子どもばかりだったのです。ホメオパシー、フラワーエッセンスの個人セッションのかわいいお客さま達、4人オール小学生。帰り際に、玄関先のクルミの殻を見つけて大喜びし、『くるみの木があるの?』って聞かれて「くるみの木はここにないんだけど、あったらいいのにね」と返事しました。「好きなだけ持っていっていいよ」というと、カラカラと良い音を立ててクルミの殻を触って選んで持ち帰っていきました。オニグルミの殻は山ほどあるのです。そういえば、その子のトリートメントボトルにはオニグルミが入っていました。また別のお子さんにはウォルナットが入っていました。こどもの日で、クルミの日のようです。  こどもの個性を伸ばすということ自分をくっきりとさせるには、まず、自他を区別できることが肝要です。この、自他を区別できるってなかなか大したことなのですよね。お母さんと一体化していた胎内から出て、地球に自分の肉体を持って生き始めます。最初は世界の全てを善として受け取っていたけれど、いつまでもそうはいかない。自他がわかることは「免疫」ということでもあります。どこまで受け取って、どこから拒絶するかということであり、第4のチャクラ、ハートチャクラが担当しています。胸腺とも言えるし、心臓とも言えます。人の体は本当に神秘的。世界への信頼を獲得し、感情を育み、社会との関わりを持ち、自我を育て、自分を表現していく・・・こういったことを、それぞれの年齢やそれぞれの成長に応じて見たてて、その子に合ったサポートをまるっとしていけるのが、ホリスティックケアの良いところ。ワクチンの問題。皮膚症状、鼻の症状、アレルギーだから、ワクチンを打たないことも、個性を育てることですし、アレルギーやアトピーや喘息をなおしていくことも、個性を育むことです。皮膚症状に対して、薬を使って表面的に症状を消すことをしてはならないし、発熱を抑えてはならないのです。鼻の症状も然り。たかが鼻づまりではなく、粘液の問題や、肺-大腸の問題、第6チャクラのテーマを持っています。体を使うこと(踊りなど)や楽器や音楽、描いたり、創ったりはもちろん大切で、それと同じくらい体のことは大切で、年齢が小さければ小さいほど大切です。とくに7歳まではものすごく大切です。魂の成長のためにこどもだからといって、何も知らない訳ではありません。それぞれの魂が決めてきたレッスンがあるそうです。だから、学びに最も適した親を選び、環境を選び、体験を選んで生まれてくるのだそう。厳しいチャレンジを選んで生まれてきた子どもさんには、とくにフラワーエッセンスは合うと思います。自然療法を選択するということ当センターを訪れる子どもさんの保護者の方はこんなふうにおっしゃる方が多いです。・病院へ行って薬を飲ませることはしっくりこないと思った。・明らかに不調があり、色んな手立てはしてきたけれど功を奏していない。・心のケアや精神的なアプローチを望んでいるけれど、年齢が小さいのでどういったことをしたらいいのかわからない。私は前職が養護教諭でした(養護教諭=保健室の先生ことの。特別支援学校の教諭とは異なる)。約20年間学校保健の仕事をしてきたわけですが、今は自然療法家として子ども達に関わることができて嬉しく思っています。「自然さ」がますます失われていく中で、人間として生きるベースを整えること、本来の調和を取り戻すことが自然療法ではないでしょうか。たくさんの毒やら罠やら巧妙な仕組みの中で、運よくホメオパシーとフラワーエッセンスに辿り着いた親子に心からおめでとう(ありがとう)と思います。  クルミのことフラワーエッセンス療法の創始者であるエドワード・バッチは、ペルシャグルミ J.regia からウォールナットというフラワーエッセンスを開発しました。そして、ペルシャグルミの植物的な特徴は、そのままオニグルミにも当てはまります。オニグルミ分類:クルミ科クルミ属学名:Juglans mandshurica var. sachalinensis和名:鬼胡桃英名:Japanese Wainutバッチの哲学に基づいて、日本の花からつくられたフラワーエッセンスがあります。ファー・イースト・フラワーエッセンスオニグルミのエッセンスのキーワード《 保護 内なるスペース 行動力 》クルミのエッセンスについては、また書いてみたいと思います。・生き方ががらりと変わる・本当の自分を知る・世界とつながる・楽になり、深くなるあなた本来の生き方へと戻るサポートをしています。体は健康になり、世界には喜びと美しさがあふれます。氣づきと変容の触媒:ホメオパシー健康相談会、フラワーエッセンスセッションを行っています。 淺田ユミ日本ホメオパシーセンター奈良 学園前お問い合わせ

  • 25Nov
    • 12月のご予約カレンダー 2018

      12月こんにちは。淺田ユミです。11月7日 立冬でした。この日から、立春の前日までが冬の季節。紅葉が深まり霜がおりて、冬の時を進んでいます。さて。ホメオパシーやフラワーエッセンスに出会うにも時があるように思います。以前から知っていたけれど、実際に始めてみようと今思った、とか、探していてやっと見つけた、とか。ちょっと不思議なのですが、準備のできた人が出会うように思います。私たち、治療家ができるのことはほんの少しだけ。自然の中に配置された薬を選び、ご本人と自然のバイブレーションの共鳴に委ねて見守る。体の悩みも、深い苦しみにも希望が持てますように。<< こんな方におすすめします >>・深い悩み苦しみを持っていてどうしたらいいのかわからないけれど、なんとかしたい。・同じことの繰り返しに氣付いている。・空虚感がつきまとう。・幸せがわからない。・なんとなく不調和だと感じている。無農薬のいちごを注文する時季になりました🍓あなた本来の調和へと進むサポートをしています。体の調整はもちろん、氣づきと変容の触媒となりますように。ホメオパシー健康相談会 / フラワー・エッセンスセッションを12月は下記の日程で承ります。メニュー /お問い合わせ12月27日(木)13:00 / 15:002019年は1月11日(金)からとなっています。●12月27日が年内最終となります。12/27-1/4まで年末年始休業。1月上旬は研修会が続くため、個人セッションの受付は1/11(金)からとなります。よろしくお願いいたします。*1月も受付中です。お問合わせください。■場所 :奈良市東登美ヶ丘自宅サロン、二階の部屋です。階段を上がっていただきます。また、セッションルームには入りませんが犬と猫がいます。動物の毛にアレルギーは大丈夫でしょうか?■アクセス:公共の交通機関の場合は、近鉄学園前駅または近鉄高の原駅からバスに乗ってください。最寄りバス停は「東登美ヶ丘1丁目」または「東登美ヶ丘1丁目西口」です。徒歩約8分。お車の場合は家の前に止めていただいています。詳しい場所はお申し込みの際にお知らせします。バスの到着時刻で若干の前後する場合はご予約時にお知らせください。■ 遠方のかたは通信相談を行っています(電話、Skype、他) ”あなたの本来の調和へ” 心身に現れた不調をきっかけとして、 あなた本来の生き方へと戻るサポートをしています。ホメオパシー健康相談会、フラワーエッセンスセッションを行っています。  淺田ユミ 日本ホメオパシーセンター奈良 学園前 セッションメニュー / アクセス / ホームページ/ お問い合わせ

      テーマ:
  • 24Nov
    • 焚き火と星空

      これは冬になる前の出来事。・焚き火のわけ・焚き火に心惹かれはじめた頃は、なにかを意識していたわけではありませんでした。でも、自然療法の学びを続けているうちに「火」というものの意味を知ったり、「自然」というものの認識が変わったり深まったりしました。私は焚き火が好きです。でも、おしゃれなアウトドアとは無縁で豪華なギアもなくバーベキューもせず、焚き火だけをする。ちょっとコーヒーを淹れるくらいで火を眺め、風を感じ、水の音を聴いて、風をあじわう。そんな焚き火が大好きなのです。私の中の宇宙、私は宇宙ミクロコスモスとマクロコスモスという考え方があります私という存在は自然の一部であり、私の内と世界は繋がっています。職業柄ということもあるけれど私の中の内なる自然を整えた状態にしておくことを大切にしているから私の調整のための焚き火という意味合いもあります。自然の中で、自分チューニング。自然療法家淺田ユミヒノ香 | 日本ホメオパシーセンター奈良 学園前冬が来る前のある日、東京から来た友達と一緒に山へ向かいました。山に入らせていただき、落ちている薪をあつめ、石で火床をつくってから火をお迎えしました。火口(ほくち)は杉の葉、マッチで火をつけました。静かに煙が立ち上っていきます。風が舞う。石、せせらぎ、焔、さまざまな自然のバイブレーションとわたしは響き合っていく。コーヒーを淹れて、柿の葉寿司をたべた。日没は17:06山の端、杉の森にふちどられた空が刻々と色を変えていく。闇が濃くなるにつれ星がふえてきて、明るい星とくらい星と、沢山の星々がびっしりと姿を現した。太陽系地球号から眺める遥かなる星空。街灯はひとつもない。焚き火の焔だけ。石の上に寝そべっていた。夜は静かであたたかな闇だった。そして星がたくさん光っていた。このことをすっかり忘れていた。忘れていたというか、初めて知ったような気がする。この夜を境に世界の質感が変わった。*ヒノ香の焚き火部 : ときどき活動 ”あなたの本来の調和へ” 体の調整はもちろんのこと、氣づきと変容の触媒となるホメオパシーやフラワーエッセンスを取り入れてみませんか。個人セッションしています。@奈良/通信 淺田ユミ 日本ホメオパシーセンター奈良 学園前 セッションメニュー / アクセス / ホームページ/ お問い合わせ

      テーマ:
  • 20Nov
    • ホメオパシーのお話会 - 11月のモモ倶楽部

      大和葛城山の麓わたしは奈良市内の北の端に住んでいます。奈良県北西部と言われるあたりの住宅地からモモへ向かうときは、南へひたすら車を走らせます。右手に金剛山地が高くそびえるあたりまで来ると清々しい感じがしてただいま、って思う。「ふりぃすぺぇすモモ御所」さんは滝口みどりさん主宰の私設の子育て支援サロン。すてきな古民家で、畑もあって。特別支援学校で長年教員をしてきたみどりさんが、経験と思いのすべてを投入して運営されています。ご縁あってここで「ホメオパシー」と「フラワー・エッセンス」をお伝えしています。生姜番茶もう冬だから、体を温める食材を使ったお茶にしようと生姜をスライスして煎じた湯で番茶を淹れました。懐かしい味がする〜温まるとお茶をいただきつつお話会が始まりました。ママたちの豊かな感性をいかしたいお母さんたちに問いをなげかけると、それぞれが感じていることをシェアしてくださいますが、物事への着眼点が実に的確。本質を捉えておられることに感心します。ママたちの声をホワイトボードに書くと、講座完成!というほどなのです、いつも。今回は、みどりさんから「抗生物質について」というお題をいただいてえー!何をどう話そうかしらと一瞬思ったけど結局のところ免疫の話であり、生物の神秘、子どもの育ち、個性を伸ばしてその人らしく生きることであり、自分がなにを選択したいかということ。どんなテーマの中にも、全てが含まれている。みんなで話すと面白いし、深まりました。おかあさんにも友達は大切おかあさん達が繋がることのできる場、これがとても大切だと改めて思います。自然な子育てはまだまだ少数派だからそれぞれの場所でつらかったり、いろんな思いを抱えている。共有できる仲間がいることはものすごく大切だし、『それでいいんだよ』『熱が出てよかったね!』と言ってくれる人やなかまが必要。「昨晩から突然熱を出して...」という時に、「○○くん、グッジョブ!」なんて言ってくれて褒めてくれたらうれしくなってしまいますよね。(一般的には、熱が出た時に「良かったね!おめでとう!」とは言ってもらえないものです...)普通のことが普通ではなくなっているこの世の中。体験と思いを共有できる仲間、そして場は本当に大切。みんな、初めての時があった私はこの日大きな氣づきをもらいました。” わたしにも初めての時があった "ということ。自然育児でぶつかる出来事は、私には目新しくなくても、おかあさんと子どもたちには初めて。このことを、知らず知らずのうちにわたしは忘れていたことを思い出させてくれました。自然療法の治療家の立場にいると、クライアントさんは自然志向の方が多く、周囲の友人や治療家仲間はディープな健康オタクばかりだということを忘れてしまっていてこれは世の中の標準ではなかったのだと、たまに思い出してはハッとする。そう、15年前の私は何も知らなかった。みんなが育てられている日々の暮らしのなかでの迷いや悩み。これをリアルに共有できる場がとても大切だと実感します。そして、解決策があるということが希望になると思います。子どもを育む、子どもに育てられる、自分を育てる。わたしはみどりさんとママたちと子どもたちに育てられています。さあ、元気に進んでいきましょう。スターオブベツレヘムの球根をモモに植えました。通りかかったモモのお父さんが『たからものうめてるの?』って。はい、そうです。春にはお花が咲きますね。そうしたらまたエドワード・バッチの哲学とバッチ・フラワー・レメディーの話をしようと思います。お読みいただきありがとうございました。あなた本来の調和へと進むサポートをしています。体の調整はもちろん、氣づきと変容の触媒となるホメオパシーやフラワーエッセンスをとり入れてみませんか。 淺田ユミ 日本ホメオパシーセンター奈良 学園前 / ヒノ香セッションメニュー|アクセス|ホームページ |お問い合わせ

  • 18Nov
    • うつくしい風の日に 【写真】

      こんにちは。ホメオパシーやフラワーエッセンスのブログなのに、あれ、どうして写真なの?と思われるかもしれません。そうですよね。でも「今まで知らなかった自分を知る、私を大切にする」という意味においては似ているなあと思うのです。レメディーは使わないけれど、写真を通して深まるセッション。もし、ご興味ある方がいらしたら見ていただけるとうれしいです。 淺田ユミ”セラピスト長岡由子 × 治療家フォトグラファー淺田ユミによるフォトセラピー”

      テーマ:
  • 13Nov
    • 『薬を使いたくないママへ』

      おはようございます、淺田ユミです。今日はひとつブログ記事を紹介します。私は過去に、ネットで調べるとか、気に入ったブログを丹念に読むとか…そんな経験がありません。読む気力も時間もなかったのです。当時はまだパソコンの時代で、スマートフォンそのものがなかったということもありますが。そんなこともあってか、自分でブログを書くことも熱心でなく… まあそれは置いておいて。エリカさんは、ホメオパシーの学校の後輩さん。彼女は二人の子育て中で、私に色んなことを教えてくれました。・二人目を自宅で自分で出産したりとか(すごい!)・ママたちとのお茶会したりとか。私はがっつり勉強する方が好きで、数年前はお茶会って意味がわからない…それってなにするの??と、彼女に言っていたものです。エリカさんは言っていました。『日常の中での体験を共有する場がない、わかってくれる人がいない、自然な子育てをしたいママたちが話せる場が必要』私は最近になってようやくこのことが分かり始めました。とても優しく書かれていて読みやすくて大切なことがいっぱい詰め込まれています。ぜひ読んでみて。エリカさんのブログ記事『薬を使いたくないママへ』 ”あなたの本来の調和へ” 体の調整はもちろんのこと、氣づきと変容の触媒となるホメオパシーやフラワーエッセンスを取り入れてみませんか。個人セッションしています。@奈良/通信 淺田ユミ 日本ホメオパシーセンター奈良 学園前 セッションメニュー / アクセス / ホームページ/ お問い合わせ/ ホメオパシーとフラワーエッセンスのInstagram / ユミの日々呟きInstagram

  • 08Nov
    • 11月のご予約カレンダー 2018

      11月こんにちは。淺田ユミです。昨日は立冬を迎え、今日は蠍座新月。みなさんいかがお過ごしでしょうか。11月も始まっていますが、11月枠をご案内します。個人セッションに訪れる方には、それぞれの体質や傾向があって、夏に不調をきたしやすい方は今は楽な季節ですが、秋に体調を崩しやすい方は大変な秋でした。陰の気が増していくこの時季。自分の調整にホメオパシーやフラワーエッセンスを取り入れてみませんか。一つ前の季節から調整にかかるのがおすすめなので、春先に不調をきたしやすい方は今が良いタイミングだと思います。<< こんな方におすすめします >>・冬は苦手・一年のまとめをして新しい年を迎えたい・同じことを繰り返しているが進めなくて困っている・春に体調を崩しやすい・心の問題を抱えている・長年の疾患をなんとかしたい・なんとなくピンときたあなた本来の調和へと進むサポートをしています。体の調整はもちろん、氣づきと変容の触媒となりますように。ホメオパシー健康相談会 / フラワー・エッセンスセッションを11月はこの日時で承ります。12月もご予約受付中です。下記フォームからご連絡ください。メニュー / お問い合わせ◯ 11月ご予約満了しました。12月受付しています。■ 場所 :奈良市東登美ヶ丘自宅サロン、二階の部屋です。階段を上がっていただきます。また、セッションルームには入りませんが犬と猫がいます。動物の毛にアレルギーは大丈夫でしょうか?■ アクセス:公共の交通機関の場合は、近鉄学園前駅または近鉄高の原駅からバスに乗ってください。最寄りバス停は「東登美ヶ丘1丁目」または「東登美ヶ丘1丁目西口」です。徒歩約8分。お車の場合は家の前に止めていただいています。詳しい場所はお申し込みの際にお知らせします。バスの到着時刻で若干の前後する場合はご予約時にお知らせください。■ 遠方のかたは通信相談を行っています。 ”あなたの本来の調和へ” 心身に現れた不調をきっかけとして、 あなた本来の生き方へと戻るサポートをしています。ホメオパシー健康相談会、フラワーエッセンスセッションを行っています。  淺田ユミ 日本ホメオパシーセンター奈良 学園前 セッションメニュー / アクセス / ホームページ/ 12月のご予約カレンダー /お問い合わせ/ ホメオパシーとフラワーエッセンスのInstagram / ユミの日々呟きInstagram上の写真、赤い実は玄関横のアロニアの実です。この葉っぱはナツハゼの木です。どちらも小さな木なのですが、確実に季節を刻んでいます。

      テーマ:
  • 06Oct
    • はじめての望診でした 〜 鈴木ゆかり先生の「望診法基礎講座 ①」

      望診を知ったのは今年の4月。東京で毎月受講している片桐航先生の講座で鈴木ゆかり先生とご縁があり、ゆかり先生の自己紹介と活動を聞いて望診に興味を持ちました。講座受講まで時間がかかったのは、” 私はもう十分に体を傷めてしまっているから今さら仕方がない ”このおかしな言い訳の根っこにあったものは「知るのが怖い、見るのがいや」という気持ちだったと思います。そんな訳で、長くかかりましたけれど半年後にようやく受講が叶いました。今日のテーマは「初めてさんでも使える!望診法基礎講座① 陰陽で見る望診」ゆかり先生のお話は、端的で理路整然。わかりやすくて面白い!陰陽について知る中で私がハッとしたのは転化 = 陰陽の質の変化でした。「陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる」この説明の中でゆかり先生がおっしゃった言葉” ピークを迎えると質が変化する ”になるほど〜!!だから、発熱すれば、熱のピークまで発熱する必要があり、悲しい時は、悲しみ尽くさなければならないのですね。極めたら「転化」が起こる。陰陽の質が変わるというのは、なんと不思議なことでしょうか。「陽」だけでは成り立たない。「陰」だけでは成り立たない。どちらか一方だけが単独で存在することはできない。「陰と陽」相反するものが、お互いを成り立たせているということを知ると、対立するものや相反するものが必要なのだなあと思いました。すべてが繋がりあって働いている。陽の中にも陰があり、陰の中にも陽がある。この思想を知って世界の見え方の質が変わりました。今まで何度か出会ってきた陰陽太極図が今までよりも身近になりました。自分望診実際に、自分の顔の望診をしました。手鏡を見て、シミシワの位置を記録します。見たくない。たくさんある。毎日見てるけど、ほんとにたくさんあります。たるみもあります。はあ〜……鼻の頭を真ん中として顔の上半分に多く現れている場合は...右側の場合は...詳しく教えていただきました。顔は内臓。臓器の状態をすべてあらわしている。顔に現れたサインの意味を知って弱っている臓器の養生ができたらいいですよね!目に見えるサインを読み解くという明快な見立て方、望診。私を整える。私を大切にすることは世界を大切にすること。自然の一部であり、自然そのものである私自身を大切にしていこうと思いました。「目で見る見立て方」と「具体的な養生のしかた」を学びますので、私自身に役立つのはもちろんのこと、ホメオパシーの健康相談会に訪れる方への見立てやアドバイスにも活かしていこうと思います。ゆかり先生、講座ご参加の皆さまご一緒させていただきありがとうございました。グループレッスンは、ご縁あって集まった人の気が混ざり合うことによる新鮮さと楽しさが好き。あっという間の二時間でした。学んだことを早速今日の夕食から試してみました。こんなんでいいのかなあ、とわからないながらも、旦那の体質に合うだろうと思われる一品を作ってみたら「美味しい〜!」とぺろりと食べてくれました。作り過ぎたので残るなあと思っていたら、ぜんぶ食べていい?と売り切れたのです。過不足の陰陽を中庸へと導く食べ物はすっと食べられて美味しく感じるのだなぁと実感した出来事でした。(きゅうりのさいの目を大根おろしとおろし生姜で和えたもの。味付けは、かつおと昆布の出汁+醤油と塩。これを生活クラブの木綿豆腐に山盛りのせて。山形県の冷や奴の簡略版のアレンジといったところ。)キッチンに掲示した「食べ物の陰陽表」を見て陰陽を知りながら料理してみようと思います。私自身は、もっともいたわるべきは肝臓、そして腎臓。ファーストステップは甘いものを控えること!!甘いもの大好きだけど頑張ります。さて。鈴木ゆかり先生の望診講座やホロスコープの講座は、この後も東京で大阪で各地で予定されているそうです。個人カウンセリングも受けたくなります。東京の方は望診カフェも気軽に参加できていいですね!ブログリンクを貼っておきます。▼インナービューティ望診法ナチュラルカウンセラー鈴木ゆかりOfficial blog#ナチュラルカウンセラー#鈴木ゆかり#望診法 #食養生 #望診講座2回目の講座が楽しみです。pic :ゆかり先生(右)とわたし。Ayakoさん撮影ありがとう。 ”あなたの本来の調和へ” 心身に現れた不調をきっかけとして、 あなた本来の生き方へと戻るサポートをしています。ホメオパシー健康相談会、フラワーエッセンスセッションを行っています。  淺田ユミ 日本ホメオパシーセンター奈良 学園前 セッションメニュー / アクセス / ホームページ/ お問い合わせ/10月のご予約カレンダー / ホメオパシーとフラワーエッセンスのInstagram / 淺田ユミの日々Instagram

      テーマ:
  • 03Oct
    • ホメオパシーお話会 - 10月のモモ倶楽部

      子どももママも解放される場所モモ倶楽部奈良県の三分の二は森林地帯。奈良盆地の北西部の住宅地に住んでいる私は、奈良県の南部へ出かけるのが楽しみです。大和川を渡り、大和三山を通り、右手に金剛山地が連なるあたりまで来ると清々しい領域に感じるのです。滝口みどりさん主宰「ふりぃすぺぇすモモ御所」さんは私設の子育て支援サロン。葛城山の麓の御所市にあり、畑もあるすてきな古民家で、特別支援学校で教員をしてきたみどりさんが運営されています。ご縁あって、私は「ホメオパシー」と「フラワー・エッセンス」をお伝えしています。お話会では、わたしからお伝えする内容以外にさまざまな話題が飛び出します。子育てにおける病気のとらえ方、自然な生き方、ウイルスか宿主か、症状と病気、高齢者のケアのホメオパシーについての話題などなど…お母さんからの問いかけは、小さなことに全てが含まれるので考えさせられます。話すこと、聴いてもらうこと、共有すること、聴くことの中から生まれるものがありがたい。日本の花からつくられた、日本人のためのファー・イースト・フラワーエッセンス休み時間にはフラワーエッセンスをそれぞれ選んでとりました。ファー・イースト・フラワーエッセンスでした。花カードからご自身にぴったりのお花を選ぶのはお見事!わたしは植物からのメッセージをお伝えしました。大好きなひとときです。手づかみでゆっくり食べていいさて、お話会の後はモモのごはん。みんなで揃っていただきます。2~3歳の子どもにも食べやすいよう細かく刻まれています。かまどご飯、自家製のおつけもの、畑の野菜、味噌ももちろん手作りです。お料理はどれもが美味しくて、元気になります。ママの膝の上で、手づかみで美味しそうに食べる子どもたちを見ていると、よかったなぁと思います。満ち足りて食べる。手でも感触を確かめながら食べる。大勢で食べる。なんと幸せなのでしょう。このような体験がなかなかできない現代にあって、幼い頃にこんな風に食事をしたことはきっと細胞に刻まれて生きる土台になっていることと思います。子どもを持たない私が、なぜかずっと子どもに関わる仕事をしています。幼稚園、小学校の保健室、ホメオパシーの健康相談会でも子どもさんのクライアントさんが来てくれます。そしてここ「モモ」さんでも。私、子どもがいないのに〜って思っていた時期もありました。でも今は、こう思います。私には役割があるんだな。我が子を育てるのではなかったけれど、お母さんをサポートしたり子どもたちの成長に関与したりと、広く人に関わっての役割。モモ主催のみどりさんは、私は密かに魔女のリーダーだと思っています。だって、教育、子育て、暮らしの知恵、手仕事、料理、染め物、農業...多岐にわたる知恵と技を持っていて、たくさんのママたちをサポートしている。みどりさんは、子どもたちが大好きで、ママたちを大好きで、地球の健やかな未来を願ってる。私がモモで担っているのは健康の中の「ホメオパシーとフラワーエッセンス」だけなので、私は48歳新米魔女です。※ ここで魔女と言ったのは、「薬草の知識に長けていて、助産の技術があったために、魔女と呼ばれて迫害された中世の女性たち」というような敬意を込めた意味です。私はホメオパシーとフラワーエッセンスを扱うので、輪廻転生していたとすれば過去世ではきっと魔女をしていたことでしょう。余談が長くなりましたが、ママたちも子どもたちも元気で幸せであってほしいと願っています。ではでは、モモでお会いする方はまた来月!お読みいただきありがとうございました。 ”あなたの本来の調和へ” 心身に現れた不調をきっかけとして、 あなた本来の生き方へと戻るサポートをしています。ホメオパシー健康相談会、フラワーエッセンスセッションを行っています。  淺田ユミ 日本ホメオパシーセンター奈良 学園前 セッションメニュー / アクセス / ホームページ/ お問い合わせ/10月のご予約カレンダー / ホメオパシーとフラワーエッセンスのInstagram / 淺田ユミの日々Instagram

  • 29Sep
    • 10月のご予約カレンダー 2018

      10月こんにちは。淺田ユミです。すっかりご無沙汰してしまいました。爽やかな秋となりましたね、みなさんお元気ですか?焚き火の話を書いたままブログを留守にしていました、なんということでしょう!髪も短く切ったのでプロフィール写真も変えようと思います。ちょっとした不調や大変な病気はとても大切なお知らせです。”本来の自分を生きなさい” という意味かもしれません。あなたが健康で幸せに自分らしく在ることサポートしています。ホメオパシー健康相談会 / フラワー・エッセンスセッションを10月はこの日時で承ります。下記フォームからご連絡ください。メニュー / お問い合わせ◯ 10月10月の受付は終了しました。◯ 11月ご予約受付中です。■ 場所 :奈良市東登美ヶ丘自宅サロン、二階の部屋です。階段を上がっていただきます。また、セッションルームには入りませんが犬と猫がいます。動物の毛にアレルギーは大丈夫でしょうか?■ アクセス:公共の交通機関の場合は、近鉄学園前駅または近鉄高の原駅からバスに乗ってください。最寄りバス停は「東登美ヶ丘1丁目」または「東登美ヶ丘1丁目西口」です。徒歩約8分。お車の場合は家の前に止めていただいています。詳しい場所はお申し込みの際にお知らせします。バスの到着時刻で若干の前後する場合はご予約時にお知らせください。■ 遠方のかたは電話相談を行っています。 ”あなたの本来の調和へ” 心身に現れた不調をきっかけとして、 あなた本来の生き方へと戻るサポートをしています。ホメオパシー健康相談会、フラワーエッセンスセッションを行っています。  淺田ユミ 日本ホメオパシーセンター奈良 学園前 セッションメニュー / アクセス / ホームページ/ お問い合わせ/10月のご予約カレンダー / ホメオパシーとフラワーエッセンスのInstagram / 淺田ユミの日々Instagram

      テーマ:
  • 14Aug
    • 焚き火部

      【ヒノ香 -焚き火部】2018年8月7日『いにしえのネイティブアメリカンたちは、火は生きているものと考えていた。そのため、焚き火をするときには生きている火の魂を迎え入れる場所として、いつもきちんと火床を作っていたという。私もそれにならい、時間などの制限がない限りは何らかの火床を設けるようにしている。』川口拓わたしの焚き火や川遊びに、一緒に行きたい!と言ってくださる奇特な方がたまにいらして、笑。 遥々東京からゆかりさんが来てくれました。吉野に宿をとることにし、お世話になったのはKAM INNというゲストハウス。山伏のカワイイおかみさんが営む素敵な宿を紹介してくださったのは、同じくゲストハウス三奇楼のカワイイおかみさんです。水曜は定休日だから、と言って他の宿を教えてくださったのです。優しさに感激。三奇楼も大好きだし、KAM INNも大好きになりました。吉野エリアに出入りさせていただくようになったのもおかげさま。500年前から吉野杉が山守さんによってどんなに大切に育てられているかとか、精魂込めて製材することと技、ものづくり、、、教えてもらった。わたしは時々ひとりで車を走らせて行くけれど、ひとりの時もいろんな人のことが通奏低音のように在る。ただただありがたい。吉野に限らず日本は植林の歴史があるからスギ・ヒノキの人工林なのだけど、ここ吉野の山々は、人を知っているからかもしれないけど優しさを感じます。先月来た時は日照りと台風の後で、山々も川も疲れて荒れているように思ったけれど今日は元気を取り戻していたよ。山に入らせていただく、火をお迎えする、岩と水に触れる。緑の蝶と優しい風が通っていきました。護りのうちに満ち足りたひとときを過ごした夏の終わりの小さな冒険。ヒノ香の焚き火部 - 直観と天気により遊びます。秋以降、とくに落葉後がだいすき🍁”あなたの目覚めと変容のための触媒となる”日本ホメオパシーセンター奈良 学園前淺田ユミお申し込み・お問い合わせはこちらから >>/日本ホメオパシーセンター奈良 学園前のウェブサイト /淺田ユミinstagram

      1
      テーマ:
  • 12Aug
    • ファー・イースト・フラワーエッセンス ” 山萩 ”

      こんにちは。淺田ユミです。8月7日 立秋を迎え、8月11日 獅子座新月、皆さんいかがお過ごしですか。さて今日は、ヤマハギのフラワーエッセンスをご紹介します。小さな紅色の愛らしいお花、ヤマハギ。*『ヤマハギのエッセンスは、その人の心を覆う硬い殻を打ち破るために、情熱の炎を点火してくれます。ただし、その情熱は嵐のように荒れ狂うものではありません。ヤマハギのエッセンスは、秘めた情熱を慎重さの中に発揮できるように導いてくれます。また、本来その人がもっている愛すべき魅力を、慎み深く表現することを可能にします。消極的すぎる人には大胆さを、積極的すぎる人には謙虚さを、それぞれバランスのとれた形でもたらしてくれます。どのような場面においても、柔軟な精神をもって対処できるように導いてくれます』ファー・イースト・フラワーエッセンス ガイドブック p.68・慎重になりすぎてしまう・大胆さと謙虚さのバランス・精神の柔軟性のサポートがほしいそんな時にぴったり。あるいは、特にテーマを感じていなくても、その季節に咲く花のエッセンスを取り入れることでわたしという自然が調和していきます。花ごよみシリーズでは8月はヤマハギ。実際にお花に会いに行くのもいいですよ。マメ科ハギ属 しなやかな枝に丸い小葉、ちいさな紅紫色の愛らしいお花。花言葉は「内気」実はわたしにとって今までは、ヤマハギはすこし遠い存在のエッセンスでした。今年はわたしもヤマハギに出会えますように。◯セッションしています@奈良/通信  淺田ユミ

  • 11Aug
    • ホメオパシーのお話会 8月 - モモ倶楽部

      【お話会の記録】2018年8月7日モモ御所にてホメオパシーのお話会でした。暑さが和らいだ日だったので、今日は外のテーブル。夏休みなので子どもたちがいっぱい!賑やか!内容は、ご参加の方からのシェアリングと私のコメントとミニアドバイスでした。・レスキューを活用してとても良かったという話。・就学前のお嬢さんが眠れないほどの痒み、これをどうやってお手当てしたか。・冬から継続してとっていた、マザーチンクチャーとフラワーエッセンスの効果と体験談。・咳、鼻づまり、皮膚症状への対処・長期に渡る仕事のストレスへの対処・ワクチンのこと・エキネシアのハーブティーを飲む、マザーチンクチャーの試飲、フラワーエッセンスをとってみる・花写真を見る総論と各論が混ざってのホメオパシーマザーチンクチャーフラワー・エッセンス知識理解と毎日の暮らしの中への取り入れかた。『これに入れています』と可愛らしい缶を見せてくださいました。レメディーが3種類入っていましたよ、さくら花の絵と色にも癒されそうな素敵な缶でした。個人レッスンもいいし、ホメオパシーの健康相談会はいい。フラワーエッセンスのセッションもいい。そして、みんなでお話しするのはいいなぁとつくづく思います。同じ立場で(母親)共通の考えを持っている人たちが(自然な暮らしと子育てが好き)それぞれの体験から話して共感したり、励まされたり、ヒントをもらったり。また、一ヶ月前、数ヶ月前にアドバイスしたことを取り入れて実践され、良い結果を出されていたり、とても効果があったというお話を聞かせていただくのは私にとってもとても嬉しいことです。写真ないけど、プールもあったよお話会のあとはかまどご飯と、野菜たっぷりのおかず。畑の野菜で、味噌も手作り。みんな揃っていただきますをして大勢で食べます。子どもたちにも、ママたちにも優しい時間だなぁと思います。ママはお家ではゆっくり座って食べられないですものね。核家族が多いから、大勢で食べるなんてなかなかできない体験です。私も普段は夫と二人、または自分一人と犬猫たちという生活なので、大勢の食事は癒されます。それに、みどりさんのお料理は愛がいっぱい!小さな子どもも食べやすいよう細かく刻んであります。おいしいモモご飯を食べて、遊んで、おしまい。また来月お会いしましょう!=====”あなたの目覚めと変容のための触媒となる”日本ホメオパシーセンター奈良 学園前淺田ユミお申し込み・お問い合わせはこちらから >>/日本ホメオパシーセンター奈良 学園前のウェブサイト /淺田ユミinstagram数珠玉のお花を初めて見ました。黄色なのですね!かわいいな。

  • 02Aug
    • 半日だけのひとり夏休み

      こんにちは。何もしない、をしに行く。植物に会って、火と水と遊ぶ。こんなの好きな人いるかな。私のひそかな遊びの記録。なんとか午後の時間を作って、勝手にひとり夏休み。=====ほんとうは朝から出かけたかったのだけれど、すること終わらせたら午後になってしまいました。どうしよう...午前中の光がいい!と思っているから気持ちが沈んでしまいます。でも、どうしてもその日が良かった。立秋より前、せめて土用の間。かつ、土日以外となるとこの日一択だったから、やっぱり行くことに決めました。片道80km、しかもほぼ下道をひた走る。到着したら、ヒグラシの鳴き声が幾重にも重なって響き合っていました。とめどなく流れる水の音、風が私を撫でていく。ああ、来れて良かったな。電波は圏外。岩の上に寝転がって呼吸する、人間はわたしだけ。水に触れ、小さな焚き火をし、持って行った本は読まなかった。フラワー・エッセンスの世界に出会ってから火や水が特別なものになった。もちろん風も土も。ミゾホオズキに会えたよ。=======”あなたの目覚めと変容のための触媒となる”淺田ユミ8月、9月セッション受付しています。お申し込み・お問い合わせはこちらから >>/2018年8月のご予約カレンダー/日本ホメオパシーセンター奈良 学園前のウェブサイト /淺田ユミinstagram

      テーマ:
  • 01Aug
    • 8月のご予約カレンダー 2018

      8月淺田ユミです。ちょっとした不調や大変な病気は実はとても大切なお知らせです。”本来の自分を生きなさい” という意味かもしれません。健康で幸せに自分らしく在ることサポートしています。暦の上ではもう秋が始まります。秋の支度も始めませんか。ホメオパシー健康相談会 / フラワー・エッセンスセッション、8月はこの日時で承ります。下記フォームからご連絡ください。メニュー / お問い合わせ◯ 2018年8月8月満了しました、ありがとうございました。◯ 9月ご予約受付中です。■ 場所 :奈良市東登美ヶ丘自宅サロン、二階の部屋です。また、セッションルームには入りませんが犬と猫がいます。動物の毛にアレルギーは大丈夫でしょうか?■ アクセス:公共の交通機関の場合は、近鉄学園前駅からバス、または近鉄高の原駅からバスに乗ってください。最寄りバス停「東登美ヶ丘1丁目」または「東登美ヶ丘1丁目西口」下車。徒歩約8分。お車の場合は家の前に止めていただいています。詳しい場所はお申し込みの際にお知らせします。■ 遠方のかたは電話相談を行っています。☘️お申し込み/お問い合わせはこちらから >>>日本ホメオパシーセンター奈良 学園前のウェブサイト淺田ユミのインスタグラム

      テーマ:
  • 27Jul
    • Q. ホメオパシー健康相談会のレメディーはどこが違うのですか?

      こんにちは。さて、今日はよく聞かれるご質問について書こうと思います。『セルフケアで頑張ったけれどうまくいかなかったのに、相談会のレメディーをとって改善しました!どうして??どこが違うのですか?』Q健康相談会でのオリジナルレメディーと、セルフケアのレメディーはどう違うのですか?Aこの3つの特徴があります。・液体レメディーを使う・ポーテンシーを変化させながら使う・50,000分の1希釈(LMポーテンシー)上記に加えて、・マザーチンクチャーの滋養となっていきます)・ティッシュソルト(ミネラルの過不足を整えるものです)・マヤズムのレメディー(遺伝的な傾向をよくしていくもの)・体質に応じたレメディー(自然療法では個々の体質をみます)・その他その方に合わせてこれらを組み合わせます。だから、穏やかに深く確実にレメディーを効かせていくことができるのです。「使うたびにビン底をトントンと叩いてください」「一日かけてこまめに飲んでください」などという指示が出されるのはこういった理由からなのでした。ホメオパシーを勉強した方の中には、一度にたくさんの数のレメディーを使うことや、何度も繰り返してレメディーをとることに驚かれる方もいることでしょう。でも、このような矛盾もハーネマンの研究の歴史を知っていくと理解できます。これは、晩年のハーネマンが到達した方法なのです。慢性病に対処していきたい場合は、ホメオパシーの健康相談会にかかることをお勧めします。必ず好転反応が起こりますので、必要時にはサポートを受けながら乗り越えていきましょう。もっと詳しく>>>ホメオパシーの元祖サミュエル・ハーネマン(ドイツの医師。同種療法ホメオパシー医学を確立。1755 - 1843)は、同じポーテンシーのレメディーを繰り返し与える事で体がレメディーに慣れて作用が遅くなっていることに気づいていました。『生命原理は、このようなまったく同じ投与に対して必ず抵抗する。』オルガノン第6版 §247より体がレメディーの作用に慣れてしまわないように、変化に富んだポーテンシーを必要としていました。そこで開発されたのがLMポーテンシーです。通常よく使われているCポーテンシーは100倍希釈法ですが、LMポーテンシーは50,000倍で薄められています。この液体レメディーの小瓶を使うたびに叩いてエネルギーを高め、ポーテンシーに変化をつけていくことが最大の特徴です。・特別なポーテンシーLM(5万分の1希釈)・叩いて変化をつける・レメディーをとる回数を増やすこのことにより、体に急激な変化がなくより穏やかに確実に効いていく方法が実現されました。ハーネマンの著書からの引用『生命原理は、このようなまったく同じ投与に対して必ず抵抗する。~中略~前の投与によってすでに期待された生命原理の状態変化を成し遂げたのだからその次のレメディーとして、種類が同じでポーテンシーもまったく同じものをそのまま投与したとしても、もはや同じ効果を発揮するところをみることはできないからである。~中略~次の投与をするたびにポーテンシーを少し変えると、つまり少し高めにダイナミック化したものを使うと、病的な状態にある生命原理は、同じ種類のレメディーによってさらに容易に状態を変化させ(自然の病気の感覚を軽減させ)、治癒の状態によりいっそう近づくことができる。』オルガノン第6版 §247ホメオパシー健康相談会 / フラワーエッセンスセッションをしています。体が健康になることはもちろん、自分らしさと幸せを感じられるように。”あなたの氣づきと変容の触媒となる”淺田ユミお申し込み/お問い合わせはこちら>>>日本ホメオパシーセンター奈良 学園前のウェブサイト淺田ユミのインスタグラム

  • 13Jul
    • 氣づきと変容の触媒

      こんにちは。淺田ユミです。さて、これはFBに書いたことなのですがブログにも置くことにしました。いま、思っていることです。あなたの氣づきと変容の触媒となるわたしが一番はじめにおかしいな、と自覚したのは"眠れない " という症状だった。28歳のとき。あの時のわたしに教えてあげたい。交感神経が優位になっているみたいだよ、なにかストレスかかる出来事あったかな?そして「ストレスですね」とひとくくりにはしない。何に対して、どう感じるのかを見ていく。応急処置のツールもいろいろあるから試してみてねバッチ・フラワー・レメディーのレスキューホメオパシーのレメディ Acon. アコナイト頑張り過ぎをゆるめる Nux-v. ナックスボミカマザーチンクチャーなら、眠りを誘うバレリアナ、鎮静と浄化のハイペリカムファー・イースト・フラワーエッセンスならオオシマザクラ少し落ち着いたら、自分をみつめていこう今までに同じような出来事はなかったかな?人生に繰り返し起こる出来事にはヒントがある。体は賢い。その体に出ている症状を無視してはいけない。胃の痛み?鼻の不調?皮膚の問題?どこが、どんなふうなのか、どうすると悪くなり、どうすると良くなるのか。体は必ず表現しているはず。生まれ持った体質、遺伝的な傾向、負担がかかっている臓器はどこ?肝臓?腎臓?甲状腺?内分泌系を整えるのも大切、ミネラルも大切。「眠れない」は単に一部分のことではなく全体の調和が乱れているという証拠。だから、眠れないについて対処しながら、まるごと見ていかなくてはならない。ホリスティックケアということ。わたしは、自分の感情を見ることがわからなかった。本当の感情を隠していたから。良いも悪いもない。自分の感情を見つめていこう。価値判断を外す、ジャッジしない。ごまかさないで、勇気をもって、見つめ、感じて、手放す。癒すこととゆるすことは似ているのかもしれない。自然の中に治療薬がある。答えは自分の中にある。あなたのちょっとした不調、あるいは大変な病気をきっかけとして、前よりも自分らしく元気で幸せにいられるようサポートします。絶望と孤独、生き難さを抱えていても大丈夫。生きているなら、大丈夫。蟹座の新月にメッセージを放つ。必要な人に届きますように。淺田ユミ7月のご予約カレンダーお申し込み/お問い合わせはこちら>>>日本ホメオパシーセンター奈良 学園前のウェブサイト淺田ユミのインスタグラム

      テーマ:
  • 01Jul
    • 7月の予約日案内 - 2018年

      7月すっかり夏ですね。淺田ユミです。ちょっとした不調や、病気をきっかけとして心と体を読み解き本来の私を生きることサポートしています。よりよく在りたい!という方の応援をしたいです。ホメオパシー健康相談会 / フラワー・エッセンスセッション、7月はこの日時で承ります。下記フォームからご連絡ください。はじめての方へ / メニュー / お問い合わせ◯ 2018年7月ご予約満了しました。ありがとうございました。◯ 8月ご予約受付中です。■ 場所 :奈良市東登美ヶ丘自宅サロン、二階の部屋です。また、セッションルームには入りませんが犬と猫がいます。動物の毛にアレルギーは大丈夫でしょうか?■ アクセス:公共の交通機関の場合は、近鉄学園前駅からバス、または近鉄高の原駅からバスに乗ってください。最寄りバス停「東登美ヶ丘1丁目」または「東登美ヶ丘1丁目西口」下車。徒歩約8分。お車の場合は家の前に止めていただいています。詳しい場所はお申し込みの際にお知らせします。■ 遠方のかたは電話相談を行っています。☘️お申し込み/お問い合わせはこちらから >>>日本ホメオパシーセンター奈良 学園前のウェブサイト淺田ユミのインスタグラム

      テーマ:
topbanner

プロフィール

淺田ユミ

性別:
女性
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
はじめまして、こんにちは。 淺田ユミです。 奈良市の自宅サロンにて、ホメオパシー健康相談会、フラワ...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス