LTD マルチスケール 7弦ギター! | ESPテクニカルハウス通信
2018-07-28 19:52:12

LTD マルチスケール 7弦ギター!

テーマ:ブログ

どーも!

 

 

 

 

 

 

 

 

近年ギター業界で耳にする事の多くなってきた

 

 

 

 

 

 

 

「ファンドフレット」、「マルチスケール」  という言葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然ご存知の方も多いと思われますが、改めて簡潔にご説明させて頂くと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「低音弦側のスケール(弦長)を長く、高音弦側のスケールを短く設計した構造」です。

 

 

 

 

 

 

 

当然スケールが長くなれば弦の張力(テンション)は強くなり、短くなれば弱くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全弦の弦長を長くした構造の楽器(例えばギターの場合686㎜(通常は648㎜)、ベースの場合889㎜(通常は864㎜)スケールを延長した所謂スーパーロングスケールと呼ばれる構造)は以前から存在しております。

 

 

 

 

 

 

 

全ての弦の弦長が長くなりますので、低音弦側のテンション感は張りが出て良いのですが、高音弦側のテンション感が固くなりすぎてベンド等の奏法が弾き辛いと言ったご意見が一部のプレイヤーから挙がっておりました。

 

 

 

 

 

 

そこでマルチスケールを採用する事で、低音弦側は弦に張りを持たせ、高音弦側は通常のテンション感を保ちベンド等に支障が出ない様に設計する事が可能になったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

マルチスケールが採用されている楽器かかどうかは一目瞭然!

 

 

 

 

 

 

 

9フレット辺りを中心にフレット間隔が扇状に広がっています。

 

 

 

 

 

一見奇抜な感がして「これマトモに弾けんの!?」(自分がそうでしたww)と思われるかも知れませんが、実際に手に取って弾いてみると思いの外スムーズに弾けてしまいます♪

 

 

 

実は非常に人間工学に基付いた構造なんですねウインク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなマルチスケールを採用したギターが新たにLTDから発売されました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがコチラ!

 

 

 

 

LTD

M-1007 MULTI-SCALE

https://espguitars.co.jp/product/8980/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杢の綺麗なフレイムメイプルに艶消しのシースルーブラックを着色し、とても精悍なルックス☆

 

 

 

 

 

 

 

スケールは低音弦側が686㎜、高音弦側が648㎜です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてPUはSeymour Duncanがマルチスケール様にデザインした、SENTIENT(フロント)、NAZGÛL(リア)を搭載し深く歪ませた際も音程感が潰れないクリアかつへヴィなディストーションサウンドを出力!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代的なサウンドメイクをするにはマルチスケールを相まって非常に有効な武器となります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてテクニカルハウス常設のKEMPERで実奏。

 

 

 

 

 

 

それっぽいRIGを選んでいざ音を出してみると一発で「あーコレコレ!w」と言ってしまうサウンドが飛び出してきました炎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このギターの長所を最大限発揮するには、やはりアンプもヴィンテージスタイルでは無くモダンなタイプが相性バツグン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常にコストパフォーマンスが高い良いギターだと思いますウインク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

只今テクニカルハウスでは多弦フェアを行っております!

 

 

今回ご紹介した

LTD M-1007 MULTI-SCALE も勿論対象の商品となりますグッド!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご興味お持ちの方は、是非お店まで弾きにいらして下さいネニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた次回!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカー小僧

 

ESPテクニカルハウスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス