島根の名所と不登の穴場2 | 講師 木村一典「司法書士合格塾」

講師 木村一典「司法書士合格塾」

20年の講師生活で感じたこと、日々の講義で感じたことを司法書士試験の合格を目指して真摯に頑張っている皆さんに伝えていきたいと思います。

今週は、渋谷駅周辺の変貌ぶりに驚かされました。

私の故郷・浜田市は、ほとんど変わりませんが…

 



海の手前が山陰本線です。

さて前回の問題の解説です。

乙区2番の抵当権が実行されると、買受人は地上権付きの所有権を取得することになります。

地代が減額されると、受け取れる分が少なくなります。

これは、担保価値の低下を意味します。

よって、地代の減額変更において2番抵当権者は利害関係人になるわけです。

BEXA司法書士講座  

https://bexa.jp/lecturers/view/52

 

中之島法務事務所

https://nakanoshima-legal.com/