特別受益〜改正は、こんな感じで出る!(解説) | 講師 木村一典「司法書士合格塾」

講師 木村一典「司法書士合格塾」

20年の講師生活で感じたこと、日々の講義で感じたことを司法書士試験の合格を目指して真摯に頑張っている皆さんに伝えていきたいと思います。

遅くなりましたが、特別受益の解説いきましょう。

 

(問題)

相続分の計算において、相続開始から15年前の相続人への贈与は、特別受益として相続財産に持ち戻される?

(解説)


改正法1044条3項によると、相続開始から10年より前の特別受益は、遺留分算定の基礎には含まれなくなっています。   

         ↓
しかし、相続分を算定するときの特別受益に制限はありません。
         ↓
相続分と、遺留分の計算では、特別受益の扱いが違うんですね。
         ↓
したがって、答えは○となります。


ここで、今日のエスプレッソです。

改正は、改正されていない条文との区別があぶない!

皆、がんばれ!

改正民法パーフェクト講座

https://bexa.jp/lecturers/view/52