先日の休館について | 会長のエスペランサ

先日の休館について

先日は、3月3日、4日と告別式の為に臨時休館を取らせて頂きました





私の母が、3月1日に永眠いたしました



安らかな顔をしていました


優しくて


厳しかった、母


まだまだ教えて欲しい事が沢山ありましたが


残念でなりません。。。




入院期間も短く、苦しむ期間も短かったです





何時も、母に無理をしなくて良い


そんなに頑張らなくて良いと


言われていました



昨年、日曜と祝日を閉めると話した時も


「うん!それで良いよ」と言ってくれました




直前まで、人の心配をしていました



亡くなる直前の病床でマスク越しの会話でも



「〇〇ちゃんは、大丈夫?」


「うん!大丈夫、元気に回復してる」


「そう!それは良かった」

と、こんな時にまで、人の心配をしていました


素晴らしい母でした

「家に帰りたい」とも言っていましたが、母の願いを叶えてあげる事が出来ませんでした



生前

私達、家族に手紙を書いていてくれました



自分なりに、覚悟があったのでしょう


父が持ち帰った洗濯物の中に忍ばされていた様です



母から

『大きな池に小石を投げ込んでも波紋は少ない、小さな池はすぐ全体に広がります


大きな池になって下さい』


そう書かれていました


母は、何時も私の人生において

良い言葉を教えてくれます




ジムの名前の由来になった幼い時に教えてくれた言葉


『少年よ大志を抱け』


隆志、少年よ大志を抱けって言葉が有るのを知ってる?


知らない…大志って何?


大きな志を持ちなさいって事よ 


隆志の志と一緒やな❗️


この言葉を教えて貰った時に

何か、ガツーンドンッと来たね




人との繋がりを大切に、会ったその日が最期だと思って、人に接しなさい

『一期一会』



もう少し、一緒にいたかった



お母さん!ありがとうございました!