ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG

ESPECIAL RECORDS OFFICIAL BLOG

大阪南船場を拠点とするレコード・レーベル / ショップ

【中古盤商品更新:2020.07.02】

 

 

【“Used Title”セクションにて新入荷中古盤 & 定番タイトルを更新しました。】

海外から中古盤の新入荷商品が到着しましたので定番タイトルと合わせて商品更新しました!

今回はお手頃価格のブラジリアン・フュージョン & ジャズ/フュージョン/ラテン・クラシックス中心にアップしてます。

お時間ある方は是非チェックしてみて下さい。

 

プライス・コンディション・試聴等は 下記リンク内の“Used Title”セクションにて御確認お願いします。

 

ESPECIAL RECORDS WEB :

http://www.especial-records.com/shop/index.php

 

◎Manfredo Fest - Manifestations (Tabu Records / JZ 35636 / 1979 / US) 

 

【コメント】

数多くの名作を生み出したブラジリアン・キードーディストManfredo Festによる79年作。ブラジリアン・フュージョン・ブギーの名作”Jungle Kitten”、Jazzanova作品でもサンプリングされたエレクトリックなスキャット・フュージョン・ファンク”Arigo”、その他も”Who Needs It”や、”Koko And Leeroe”や”Send In The Clowns”のカヴァーまでアルバム通して最高の内容です。

 

◎Kalima - Four Songs (Factory / Fac 127 / 1985 / UK) 

 

【コメント】

80’s Brit FunkバンドKalimaによる85年人気盤!Jazz DefektorsやA Certain Ratioと共にUKジャズ〜ニューウェーヴ・シーンで活躍したKalima。彼等の作品の中でもDJ人気が一番高いラテン・ジャズ・ダンサー”Sparkle”が収録!ジャズ・トラック”Land Of Dreams”も最高です!最近オリジナル盤はほとんど見かけなくなったので是非!

 

◎Webster Lewis - Touch My Love (Epic / JE 35017 / 1978 / US) 

 

【コメント】

ジャズ・キーボーディストWebster Lewisによる78年人気アルバム。Louie Vegaの”Elements Of Life”でのカヴァーで再人気となったブラジリアン・フュージョンの傑作”Barbara Ann”はジャズDJのアンセム。意外と知られてませんが、Jazzanovaの”Mwela, Mwela”で後半のコーラスがサンピリングされた”Seasons”も是非聴いてみて下さい。

 

◎Karma  - Celebration (A&M / SP-713 / 1976 / US)

 

【コメント】

USのラテン・ファンク/ソウル・グループKarmaによる76年作。DJ Harvey等がプレイする”Funk De Mambo”も有名ですが、Gilles Peterson, Patrick Forge, KJM等のジャズDJ達がプレイする極上のブラジリアン・フュージョン”Kwanzaa”が大推薦。ブラジル・ファンも是非。中古盤市場で徐々に値段が高騰し始めてます!

 

◎Dave Mackay with Vicky Hamilton - Hands (Discovery Records / DS-868 / 1983 / US) 

 

【コメント】

ボーカルデュオDave Mackay with Vicky Hamiltonによる83年作品。69年にリリースされた彼等のファースト・アルバムに収録された”Blues For Hari”をこのアルバムでセルフ・カヴァー。オリジナルとは全く違うアレンジで、ロンドンのジャズDJ達を中心にこぞってプレイした極上のジャズ・ダンサーです!(1997年にRuss Dewburyが手掛けたコンピレーション”Freedom Time”にも収録。)新品のデッドストック盤です!

 

◎Lonnie Liston Smith - Love Is The Answer (Columbia / JC 36373 / 1979 / US) 

 

【コメント】

ジャズ鍵盤奏者Lonnie Liston Smithの79年作。ヴォーカルも素晴らしいフュージョン・ソウル・クラシックス”Give Peace A Chance”はもちろん、極上のブレイクビーツで幕開けするフュージョン・トラック”On The Real Side”、フュージョン・ブギー”Speak About It”等々が収録された最高の内容です!

 

◎Kunihiko Sugano with Strings - The Shadow Of Your Smile (Philips / FS-7016 / 1976 / Japan) 

 

【コメント】

ジャズ・ピアニスト菅野邦彦による76年ライブ盤。Antonio Carlos Jobimの”Felicidade”、Luiz Bonfaの”Manha De Carnaval ~ Orfeu Negro”を極上のアレンジでカヴァー。日本ジャズ人気で海外取引価格は現在どんどん上昇中です!

 

◎Dick Hyman - Brasilian Impressions (Command / RS 911 SD / 1967 / US) 

 

【コメント】

鍵盤奏者Dick Hymanによる67年作。スタンダードやビートルズナンバー等の名曲をブラジリアン・サウンドでカヴァーした内容ですが、お薦めは”Mas Que Nada”。イントロのピアノのフレーズから最高!昔Alex from JazzanovaがJapan Tourにてプレイして各地を沸かせていた意外とチェック漏れしていた好カヴァーです。

 

◎Sail-Joia - Mare Alta (Philips / 6410 952 / 1978 / Netherlands) 

 

【コメント】

Rainer TrubyのコンピレーションGlücklich IIに収録された”Go For The Others”でも知られるブラジル/ラテンサウンドを取り入れたオランダのフュージョン・バンドSail-Joiaによる78年2nd Album。パーカッシブな変拍子トラックにフュージョン・サウンドと美しいヴォーカルがフィーチャーされる”High Tides”が最高!ラテン/ブラジリアン・ファンク的な”Meu Pai”も◎。ヨーロピアン・フュージョンは値段が落ち着いてますのでお買い時です!

 

◎Catharsis - Le Bolero Du Veau Des Dames Vol.5 (Disques Festival / FLD 676 / 1976 / France) 

 

【コメント】

フランスのフュージョン・バンドCatharsisによる74年作。(本作は2ndプレスの76年盤です。)プログレ、フュージョンに民族音楽を取り入れたような内容ですが、お薦めはPatrick Forge等がRadioでもプレイしていたフュージョン・メローな”Styx”。70’sブラジリアンを彷彿とさせるギターのフレーズからフュージョン・サウンド、そしてコーラス・ワーク & スキャットが心地良い極上のフレンチ・メロー・フュージョン。ヨーロピアン・フュージョンは値段が落ち着いてますのでお買い時です!

 

◎Pharoah Sanders - Love Will Find A Way (Arista / AB-4161 / 1978 / US) 

 

【コメント】

説明不要スピリチュアル・ジャズの巨匠Pharoah Sandersによる78年作。プロデューサーにNorman Connorsが参加。ブラジリアン・テイストのダンスジャズ”の名作でDingwallesクラシックス”Pharomba”が収録!その他にもPhyllis Hymanをヴォーカルに起用した”Love Is Here”、Marvin Gayeのブギー・クラシックスをカヴァーした”Got To Give It Up”等のアーバンな作品も収録された人気盤です!

 

◎Mike Campbell - Secret Fantasy (Palo Alto Jazz / PA8020 / 1982 / US) 

 

【コメント】

ジャズ・シンガーMike Campbellによる1982年リリースの人気盤。ブラジリアン・ジャズのテイストを取り入れたダンス・ジャズ”And It All Goes Round And Round”はDJにも人気が高い名曲です。

 

◎Nancy Wilson - Life, Love And Harmony (Captiol Records / ST-11943 / 1979 / US) 

 

【コメント】

数多くの名曲を生み出したジャズ・ヴォーカリストNancy Wilsonによる79年作。ジャズ、ソウル、レア・グルーブ・ファンのマスターピースでありメロー・グルーヴの最高峰”Sunshine”は最高です。ブラジリアン的サウンドと時代を反映したブギー・ソウルなテイストを兼ね備え極上のサビでエモーショナルに聴かせる最高傑作です。

 

◎Charles Earland - Odyssey (Mercury / SRM-1-1049 / 1976 / US) 

 

【コメント】

ジャズ・キーボーディストCharles Earlandによる76年人気盤。Gilles Petersonを始めとした多くのDJ達のフェイヴァリットであるフュージョン・トラック”Intergalactic Love Song”はもちろん、イントロのキーボードから痺れるJack Turnerをヴォーカルにフィーチャーした極上メローソウル”Phire”も最高です!ジャケットのスレが目立つのでディスカウント・プライス。(写真は現物の物です。)

 

◎Moe Koffman - Museum Pieces (Janus Records / JXS-7037 / 1978 / US) 

 

【コメント】

カナダ出身のフルート奏者Moe Koffmanによる78年作。Jill ScottのSlowly Surelyでサンプリングされていた事で有名なメロウトラック”Days Gone By”の収録でも有名ですが、お薦めは4heroにカヴァーされてもおかしくないようなブレイクビーツとフルート、ストリングスを交えたフュージョン・サウンドが融合したジャズ・ファンクの傑作”Digs”。最高です!

 

◎Ramsey Lewis - Salongo (Columbia / PC 34173 / 1976 / US) 

 

【コメント】

“Sun Godess”でお馴染みのジャズピアニストRamsey Lewisによる76年作。名プロデューサーCharles StepneyとMaurice Whiteの”Kalimba Productions”がプロデュースを担当した名盤。ジャズファンク、フュージョン・テイストの内容ですが、一押しはCharles Stepney節前回でEWFの雰囲気も感じさせる極上メロー・ファンク”Brazilica”ですね。ジャケットも◎。

 

◎Wayne Shorter - Native Dancer (Columbia / PC 33418 / 1975 / US) 

 

【コメント】

Whether Reportのサックス・プレイヤーで多くのジャズミュージション作品に参加してきたWayne Shorterによる75年作。本作はMilton Nascimentoとのコラボレーション作品。他にもHerbie Hancock、Airto Moreira、Roberto Silva等も参加。Milton Nascimentoの名曲でFlora Purimのカヴァーでもお馴染みの”From The Lonely Afternoons”は極上のヴァージョンです!

 

◎Ray Barretto - Can You Feel It (Atlantic / SD 19198 / 1978 / US) 

 

【コメント】

ラテン・パーカッショニストRay Barrettoによる78年作。Jazzanovaのコンピレーション”Computer Incarnations For World Peace”にも収録されたラテン・ブギー”Stargazer”は本作に収録です!ヴォーカルをフィーチャーしたフュージョン・ブギー”Can You Feel It”も素晴らしいですね。

 

◎Mongo Santamaria - El Pussy Cat (Columbia / CL 2298 / 1965 / US) 

 

【コメント】

ラテン・パーカッショニストMongo Santamariaによる65年作。Truby Trioのアルバム”Elevator Music”に収録された”A Go Go”のサンプリングとしてもお馴染みのラテン・クラシックス”Afro Lypso”が収録。ラテン・ジャズ・トラック”Cuidano”等も◎。Monoレコーディングです。

 

◎Patti Labelle - Tasty  (Epic / JE 35335 / 1978 / US) 

 

【コメント】

ブギー諸作でも知られるシンガーPatti Labelleによる78年作。Willie ColonたSheila EことSheila Escovedoが参加したラテン・ソウル・クラシックス”Teach Me Tonight (Me Gusta Tu Baile)”は古くからジャズDJ達のアンセムです。

 

◎Show Of Hands - Formerly Anthrax (Elektra / EKS-74084 / 1970 / US) 

 

【コメント】

USのジャズ・ロック・バンドShow Of Handsによる70年作。Van Morrisonの名作でありGrady TateやUnited Future Organizationのカヴァーでもお馴染みのジャズ・クラシック”Moondance”の絶品ヴァージョンが収録。Folk Funk的な”No Opportunity Necessary, No Experience Needed”や、ボサ・アレンジの”Stanley’s Theme”にも注目。

 

◎Carmen McRae - Just a Little Lovin (Atlantic ‎/ SD 1568 / 1970 / US) 

 

【コメント】

ジャズ・ヴォーカリストCarmen McRaeによる70年アルバム。Future Jazz全盛期にSonar KollektivのIrfanから引用された事でも知られる”Just A Little Lovin’”は、このオリジナル・ヴァージョンもPatrick Forge等がプレイするメロージャズクラシックスです。

 

◎Airto - I’m Fine, How Are You? (Warner Bros. ‎/ BS 3084 / 1977 / US) 

 

【コメント】

ブラジリアン・パーカッショニストAirto Moreiraによる97年作品。クラブ・クラシックスとしてお馴染みの”Celebration Suite”の収録はもちろん、Flora Purimのスキャットも心地良い”The Road Is Hard”、多くのアーティストにもカヴァーされた”The Happy People”等も収録。

 

◎Flora Purim - 500 Miles High at Montreux (Milestone / M-9070 / 1976 / US) 

 

【コメント】

ブラジリアン・シンガーFlora Purimによる76年モントルージャズ・フェスティバルでのライブ・レコーディング盤。白熱のライブ演奏が繰り広げられる名演ですが、お薦めはMilton Nascimentoのカヴァーを本人をフィーチャーしFlora Purimとのデュエット・ヴァージョンとして披露した”Cravo E Canela (Cinnamon And Cloves)”ですね。

 

◎Change - Miracles (Atlantic / SD 19301 / 1981 / Australia) 

 

【コメント】

イタリアのブギー/ディスコ・グループChangeによる81年セカンド・アルバム。”Glow Of Love”収録の1stアルバムに引けをとらない好内容。ミッド・テンポ・ブギーの人気曲”Hold Tight”はもちろん、”Paradise”、”Heaven Of My Life”、”Miracles”含め全曲使える最高のアルバムです!(オーストラリア盤)

 

今週のWEB更新が完了致しました!!

新入荷商品はこちらをクリックで↓


http://www.especial-records.com/shop/index.php


【緊急予約商品】


●Sebastian Tapajos & Pedro Dos Santos / Tudo e Moda c/w Sorongaio *予約受付中 / 7” / Vampisoul / ¥1480
*緊急予約受付中!6/30(火)締切です!(8月下旬入荷予定)
ブラジルが誇るギター名手Sebastian Tapajosと、名作『Krishnanda』 がオークション・サイトで10,000ドルで出品されるなどArthur Verocai等と共に近年再評価が著しい鬼才パーカッショニストのPedro Dos Santosが、72年にアルゼンチンの老舗レーベルTROVAに残した激レア 7”が復刻!!!中古市場にも滅多に出ないコレクターズ・アイテムです!当時7”のみに収録となった”Todo e moda" は、Sebastian Tapajosの卓越したギターワークにホーンズやパーカッションが 賑やかなレアグルーヴ的ブラジリアン・サンバ・ファンク。c/wの"Sorongaio"も、アフロ・ブラジレイロ音楽の霊性を独特のパーカッション・ セットで再構築するPedro Dos Santosが人間離れしたパフォーマンスを披露するキラーチューン。ブラジリアン・コレクター、DJ共にお見逃し厳禁な1枚です!


●Jimmy Salcedo / Maraguango c/w Moogambo *予約受付中 / 7” / Vampisoul / ¥1480
*緊急予約受付中!6/30(火)締切です!(8月下旬入荷予定)
アップリフティングなDJユースなラテン・ファンク人気曲!1972年にコロンビアでリリースされたサイケデリック・トロピカル・ラテンファンクの名曲にしてレア盤”Maranguango”がついについに7”リリース!ラテンジャズ、サルサ・ファンからジャズ、クロスオーヴァー系までラテン・アメリカ系DJ必携の一枚です! Elia Y Elizabethというソフト・サイケ・フォーク姉妹デュオのプロデュー サー、アレンジャーとしても知られるJimmy Salcedoだが、キャリア初期はジャズ・ミュージシャンとしてLos Ve-Bopsを結成したのちシフト・チェンジ。ファンク色を前面に打ち出した La Onda Tresを結成し 1972年にアルバム”Maraguango”をドロップ。本作はそのアルバムの表題曲”Maranguango”、そしてシンセ・サウンド全開なアフロファンク”Moogambo”という人気曲を収録し。やはりなんといっても代表曲ともいえる”Maranguango”が素晴らしい! アップリフティングなラテン・ファンクに絶妙なキメとジャジーなハーモニー、サイケデリックなギターやオルガンが乱れ飛び、切なさ溢れる素晴らしいコーラスが絡むキラーすぎるダンスフロア・トラックです! 


●Antonio Adolfo / Viralata *予約受付中 / LP / Far Out Recordings / ¥2680
*緊急予約受付中!6/30(火)締切です!(7月下旬入荷予定)
国内エクスクルーシヴ・リプレス!ブラジリアン・サイケファンクの最高峰”Antonio Adolfo & A Brazuca / Transamazonica”を始め数々の名作を生み出したAntonio Adolfoによる79年名作”Viralata”がFar Out Recordingsから国内エクスクルーシヴでリプレス!作曲家、アレンジャー、鍵盤奏者でもあるAntonio Adolfoが1970年代に 立ち上げたレーベル”Artezanal”。コマーシャルな音楽にとらわれない自主レーベル らしい芸術性の高い楽曲と、ブラジルを代表するミュージシャン達による最高峰の演奏をフィーチャーした当時としては画期的なレーベルとして、オリジナル盤はどれも高い人気を誇る。本作”Viralata”は、その中でもとりわけ人気を誇る1979年の名作。冒頭の"Cascavel"はあまりにも有名なブラジリアン・ファンク・クラシック。軽 快なパーカッションにとベースと鍵盤のユニゾンによる印象的なリフから開放感溢れる ホーンセクションが挿入されるなど、数々のDJがプレイするキラーチューンである。そ の他の楽曲も捨て曲ナシ。サイケデリックな雰囲気をまといながらも、メロウかつアップリフティングなグルーヴをブラジル特有の多彩なリズムで演奏するその内容は、Azymuth諸作やJoan Donato “Quem e Quem”と並び、世界中のコレクター/DJがまさ に今求めている一枚である。 2017年の再発を買い逃した方はマストです!

【新入荷商品】


●Joyce Cooling / It's You c/w Dori / 7” / Diplomats Of Soul / ¥1580
大推薦!!!なんと!ジャズ/ブラジリアンのマスター・ピース”Joyce Cooling / It's You”が初の7”化!!!”It’s You”が収録された88年リリースのオリジナルLP”Cameo”は未だ正規再発もされずに相変わらず激レア!!!ヴォーカルはViva BrazilのClaudio Amaral。そしてJoyce Cooling本人のスキャットとギターのユニゾンも絶品。SUNAGA T. EXPERIENCEのカヴァーでも更に人気が高くなった全ての音楽好きに届いてほしいナンバーです。B面にはCDのボーナストラックとしてのみ収録された”Dori “を収録。Claudio Amaralが作詞を担当。こちらも”It's You”に負けじと高揚感に溢れるトロピカルなジャズ・サンバです。もちろん初レコード化です!既に入荷後完売続出との情報もあるので、このシングルもレア化するかも知れませんね。


●Serginho Meriti / Bons Moments / LP / Time Capsule / ¥3080
ブラジリアン大推薦盤!古くからPatrick ForgeやKJMがプレイしていたブラジリアン・ソウルの傑作が遂に再発!!!北アメリカの公民権運動とその政治的なメッセージが篭ったソウル・ミュージックに色濃く影響を受けた70年代に起こったブラック・リオ・ムーヴメント。そこにブラジル産のサンバ・リズムを組み合わせ彼等独自のサウンドを作り上げていったミュージシャンの一人Serginho Meriti。Copa 7に彼等の代表曲とも言える”Som Da Copa 7”という楽曲を書き、81年にポリドールからこのファースト・アルバム”Boys Moments”を発売。このアルバムではブラック・リオ・サウンドの特徴でもあるファンキーなベースやギターを下地に置きつつ、Jorge Benのようなサンバ・ロック的なアプローチも欠かさず、更には80年代ならではのシンセサイザーの導入と、それまでのムーヴメントから一歩先を行くサウンドを作り上げる事になった。哀愁のメロー・ブラジリアン。ソウルな前半パートから、後半はブギー・ソウルへとキックアップするDJ人気作”Memorias De Um Neguinho Poeta”が最高ですが、その他の内容もソウル/ブギー・テイストで素晴らしいです!近年のブラジリアン・ブギー/ソウル系が好みの方は必聴です!
*LP重量盤 (再マスター180g、45回転大音量カット、ライナー・ノート、初回盤限定日本語帯付)


●Horse Meat Disco & Kathy Sledge / Jump Into The Light c/w Falling Deep In Love (Inc. Joey Negro Remix) / 7” / Glitterbox / ¥1680
限定7”でのリリース!極上モダン・ブギーのリリースが続くGlitterboxからの新作は、Horse Meat DiscoによるKathy Sledgeをヴォーカルにフィーチャーした2トラックが7”で登場。70’sブギーを彷彿とさせるカッティングギターとホーンアレンジ、そしてストリングス・ワークも最高な”Jump Into The Light (7” Mix)”、既にモダン・ブギー・クラシックス化している”Falling Deep In Love”は”Joey Negro 7” Disco Blend”ヴァージョンで収録です!ブギー系7”でDJプレイしている方はマストですね!


●The Brand New Heavies / Beautiful c/w Getaway / 7” / Acid Jazz / ¥1780
90年代以降、UKのアシッド・ジャズ・シーンを牽引しブラックミュージック世界に新たな息吹を吹き込んだThe Brand New Heaviesによる昨年リリースされた5年ぶりのフルアルバム『TBNH』から、アルバム内で人気の高かったBeverley KnightをFeatした”Beautiful”と、N’Dea Davenportをフィーチャーした”Getaway”の2曲をカップリングした7inchがAcid Jazzからリリース。どちらもBNHサウンド全開の極上ブギー・ソウル!アルバムを買っていなかった皆様は是非この7”を!


●Aldorande / Summer Body c/w Breakfast In Space / 12” / Favorite Recordings / ¥1980
Azymuth & Marcos Valle系ファンにお薦め!!!極上のブギー/ブラジリアン/AORのリリースでお馴染みフランスのFavorite Recordingsからの新作は、フランスを拠点に活動するライトメロウなフュージョン・バンドAldorandeによる新作が登場。Azymuth的サウンドに爽やかな女性ヴォーカルと印象的なベースライン、スペーシーなシンセが躍動するブラジリアン・フュージョン・ブギー”Summer Body”から最高。そしてSide-BにはPブギーなドラミングにチョッパー・ベース、そしてこちらもシンセサイザーがブリブリに活躍するブギー・フュージョンな一曲。さらに両面ともDub Version収録とEPながら満足度たっぷりの一枚です!


●Detroit Swindle Feat. Jitwam / Coffee In The Morning / 12” / Heist Recordings / ¥1680
Heist Recordingsからの新作はDetroit Swindleによる極上のコラボEP!ヒット曲を連発するDetroit Swindle。今回はMoodymannがフックアップしKamaal Williamsともコラボした事で注目を集めるJitwamをフィーチャーしたコラボ作品。お薦めは”Coffee in the morning (dub mix)”。極上のフェンダーローズのプレイにアムスを拠点に活動し数多くコラボを果たしてきたFinn Petersがサックスを担当したジャジーなディスコ・ハウス。もちろんA1のヴォーカル・ヴァージョン、B1のPrins Thomas Remixも◎アーリーハウス的な”Move Out The Way”も素晴らしい仕上がりです!Heist Recordings気合のパワープッシュEPのようです!


◎再入荷しました!



皆様宜しくお願いします!
 

今週のWEB更新が完了致しました!!

新入荷商品はこちらをクリックで↓


http://www.especial-records.com/shop/index.php



●Freedom Time / Freedom 2020 T-shits  <3型展開カスタムオーダー> *予約受付中 / Especial Records / ¥3500
*予約受付中 【6/20 (SAT)の16:00に締切です!検討中の皆様お急ぎ下さい!】
基本予約分のみでの生産となります。7月上旬〜中旬入荷予定。
Especial Recordsが主宰する大阪でのジャズ/クロスオーヴァー・イベント”Freedom Time”のオフィシャルTシャツをなんと2012年以来8年振りに製作します!デザインはmoss design unitが手掛けたロゴを2020年仕様にアップデート。Freedom Time T-Shirtsは長年に渡って再プリントのリクエストが高かったので是非この機会に。

★サンプル画像は下記で御確認下さい:
https://ameblo.jp/especial-records/entry-12602247593.html



●Especial Records / オフィシャル・スリップ・マット *2枚セット / Goods / Especial Records / ¥2480
ロングセラーの人気商品であるEspecial Recordsのオフィシャル・スリップ・マットが再入荷しました!!! ターンテーブル・サイズの厚手フェルトにSwiftyデザインによるEspecial Recordsロゴがプリント。メッセージ部分には、"Music Is My Life, Music Is My Sanctuary" と入っています!もちろん2枚組での販売です! 

【カラー】

ブラック x オレンジ・ホワイト プリント
ブラック x シルバー・ホワイト プリント
ブラウン x オレンジ・ホワイト プリント
グリーン x イエロー・ホワイト プリント
ブラック x ピンク・ホワイト プリント
(各色2枚セットでの販売となっております。)



●SOIL&”PIMP”SESSIONS feat.RHYMESTER / JAZZY CONVERSATION (Vocal) c/w JAZZY CONVERSATION (Instrumental)  / AT HOME SOUND / ¥1800
入荷しました!(御予約頂いた皆様お待たせしました!)
AT HOME SOUND第21弾は、King Of Death Jazz SOIL&“PIMP”SESSIONSとKing Of Stage RHYMESTERのダブルキングによる夢のコラボレーションとなるジャジー・ヒップホップ2013年の超名曲”JAZZY CONVERSATION”が遂に初レコード化として7インチで蘇る!!! “This Is A Journey Into Jazz”ようこそソイルが誘うヒップでスウィンギーでファンキー、そしてソイルが果敢に誘う華麗なるジャズの旅へ。「これぞまさしくジャズとヒップホップのカンヴァセイション(交流)」「これぞヒップホップとジャズの交差点」。なんとc/wにはインスト・ヴァージョンも収録!ジャジーかつヒップホップスピリット溢れるジャケットのイラストはソイル社長の幼なじみでインターナ ショナルに活躍するグラフィティーライターのJUNICHI氏が担当。



●Sunlightsquare Latin Combo / I Believe In Miracles - Red Edition / 7” / Sunlightsquare Records / ¥1380
レッド・ヴァイナルで復刻プレス!Claudio Passavantiが手がけるラテン・プロジェクトSunlightsquareが2010年にリリースしたJackson Sistersの極上サルサ・カヴァー作品”I Believe In Miracles”の7”が復刻リリース!極上のサルサ・アレンジですでにラテン・クラシック化している好ヴァージョン。当時リリースされた7”も直ぐに市場から消え入手困難になっていました。今回のレッド・ヴァイナルも1stプレスは一部にしか出回っておりませんでしたがようやく入荷しました!



●Krewcial / Woman Edits / 12” / Vinylators / ¥1680
BBE, We Play House, G.A.M.M等からもリリースして来たエディット職人Krewcialの新作は、”Woman Edits”と題したChaka Khan “I’m Every Woman”のリエディット作品。原曲のテイストはKeepしつつファットなドラムとベースラインを強調しよりシンプルなサウンドでDJユースに再構築した素晴らしいエディットです!B面にはアカペラとピアノのみでの”Piano Woman”、ストリングスのサウンドがより引き立ったメインヴォーカルを抜いた”Dub Woman”の3ヴァージョンが収録。



●Loose Joints / Is It All Over My Face -40th Anniversary- (Inc. Masters At Work / Kon Remixes) / 2 x 12" + 7" / West End Records / ¥3580
Arthur RussellとSteve D’acquistoのコラボレート・プロジェクトLoose Jointsによるディスコ・アンセム”Is It All Over My Face”のリリース40周年を記念したRemixesパックが2 x 12" + 7”の豪華仕様でWest End Recordsからオフィシャル・リリース!Larry Levanの手掛けたヴァージョンはもちろん、Masters At WorkによるRemix、そして新たにエディット・マスターKonによるヴァージョン迄3枚のアナログに11ヴァージョンが収録されたコレクターズ・アイテムです!



●The Shapeshifters featuring Kimberly Davis / Second Chance (Remixes) / 12” / Glitterbox / ¥1680
極上モダン・ブギーのリリースが続くGlitterboxからの新作は、CHICのKimberly Davisをフィーチャーした”Second Chance”のRemix EPが登場。先日7”でもリリースされたオリジナルヴァージョンは約7分のフルレングスとなる”Club Mix”で、イタリアのエディット・マスターMoplenは更に70’sブギーのライブサウンドを施したようなRemixに再構築、更にはシンプルなサウンドでの”Reprise”、ヴォーカルのみの”Accapellaも”収録しています。



●Footshooter / Libations & Movement EP / 12” / Dance Regular Recordings / ¥1680
昨年Rhythm Section Internationalからデビューした話題のユニットSaulのメンバーであるBarney WhittakerによるプロジェクトFootshooterによるEPがリリース。ジャズ、クロスオーヴァー、ブロークン・ビーツ系にもオススメの好内容です。エレクトリックなブロークン・フュージョン”Catch My Breathft Wilf Petherbridge”、ジャジーなKeyワークとポエットが光るブギー・トラック”Malaika”、ブロークン・ソウル”Head Down”を始め素晴らしい7トラックスが収録。既にIG CultureやAlex Nut等がサポートしているのも納得の内容です。



●John Beltran / Back To Bahia / 7” / Motorcity Wine / ¥1380
Mark de Clive-Lowe作品等が収録されたEPも素晴らしかったMotorcity Wineからの新作は、90年代から活動しUbiquityから極上のブラジリアンやブロークン・ビーツ、その後もデトロイト・テクノ系作品等の素晴らしい作品を残して来たJohn BeltranによるEPが到着。今回は彼のUbiquity作品にも参加していたJohn Arnoldも参加したオーガニックな作品を披露。パーカッシヴなドラムワークにキーボードとギターのソロが展開していくブラジリアン・フュージョン”As The Sun”は、90年代のJoe Claussell作品やE.L.Oを彷彿とさせるジャジーな仕上がり。c/wにはTrio Ternura “A Gora”的なビートに、80’sブラジリアン・ブギーのRosana “Alegria No Ar”をサンプリングしたと思われるコードワーク、そしてEWF的コーラスを散りばめたブラジリアン・ミッドテンポ・ブギー”Entardecer”が収録。



●Velour / Pose / 7” / Wolf Music / ¥1580
UKのハウス/ビートダウン・レーベルWolf Musicからの新作は、ドイツ出身のVelourによるジャジーなトラックが7”でリリース。ブロークン・ジャズ的なドラム・ワークにジャジーなピアノとフェンダーローズ、そしてホーンのフレーズに70風のスキャット・ジャズ・ヴォーカルが歌うジャズ・クロスオーヴァー系にもオススメのオリジナル・ヴァージョンが最高。Side BにはPhilpot等でのリリースでお馴染みのMr Friesによるジャジー・ハウス・リミックスが収録です。



●Natalie Slade / Control / LP / Eglo Records / ¥2380
Floating Pointsが主宰するEglo Recordsから話題のニューカマーNatalie Sladeがデビュー!プロデュースをHiatus KaioteのSimon Mavinが手掛けすでにDJ達がサポートしている話題の作品。これまでにもSteve Spacekの作品などで素晴らしい歌声を披露してきたオーストラリアはシドニーから登場した新たなる女性ソウル〜R&BシンガーNatalie Slade。ファースト・シングルとしてリリースされたメロウネスの極みを見せつけてくれる”Humidity”を皮切りに、Hiatus Kaioteの持つオーガニックかつグルーヴィなサウンドとEglo Recordsの持ち味であるエレクトロニック・ミュージックの要素を融合させた先鋭的なソウル・アルバム! 現代のソウル・シーンに登場した見逃せない才能です!!


◎再入荷しました!

 

 




皆様宜しくお願いします!

【中古盤商品更新:2020.06.11】

 

 

【“Used Title”セクションにて新入荷中古盤 & 定番タイトルを更新しました。】

海外から中古盤の新入荷商品が到着しましたので定番タイトルと合わせて商品更新しました!

今回はブラジリアン・フュージョン & ソウルに加え、ブギー/ファンク等のタイトルもアップしてます。

お時間ある方は是非チェックしてみて下さい。

 

プライス・コンディション・試聴等は 下記リンク内の“Used Title”セクションにて御確認お願いします。

 

ESPECIAL RECORDS WEB :

http://www.especial-records.com/shop/index.php

 

 

◎Bob Azzam and His Orchestra - At The Club Opera Stockholm (His Master’s Voice / SCLP 1077 / 1967 / Sweden) 

 

【コメント】

Swedenのコンダクター、ヴォーカリスト、作曲家であるBob Azzamによる67年ライブ・アルバム。Side-Bに収録されている”Mas Que Nada”〜”Batucada Por Favor”の流れは最強。”Mas Que Nada”は素晴らしいヴァージョンで、Batucadeリズムが徐々にBMPアップしていく””Batucada Por Favor”は98年にMr Bongoからリリースされたコンピレーションで有名になりDJ達の間でブレイクしましたね。(ヨーロピアン・ジャズ以前より値段下がってるのでお買い時です!)

 

◎Meta Roos & Nippe Sylwens Bands - Meta Roos & Nippe Sylwens Bands (Click Records ‎/ 6580 / 1980 / Sweden) 

 

【コメント】

“Zazurira”のカヴァーでもお馴染みスウェーデンの歌姫Meta Roos率いるNippe Sylwens Bands による80年人気作品。本作ではSergio Mendesヴァージョンでもお馴染みの、Stevie Wonderによる名曲をブラジリアン・フュージョン・テイストで見事にカヴァーした”The Real Thing”を収録。(ヨーロピアン・ジャズ以前より値段下がってるのでお買い時です!)

 

◎Madeline Bell - This Is One Girl (Pye Records / PYE 12128 / 1976 / US) 

 

【コメント】

Blue Minkのヴォーカルとしても活躍したソウル・ディーヴァMadeline Bellの76年作。ブラジリアン・ソウルの最高傑作”That's What Friends Are For”は名曲ですね。人気盤です。

 

◎Bill Summers - Feel The Heat (Prestige / P-10102 / 1977 / US) 

 

【コメント】

ジャズ・パーカッショニストでディスコ期にも活躍したBill Summersによる77年1stソロ・アルバム。Gilles PetersonをはじめとしたジャズDJ達のアンセムである極上のブラジリアン・フュージョン”Brazilian Skies”は名作ですね。他の曲も内容◎。(”Brazilian Skies”に2秒ほどだけノイズがあるのでディスカウントしてます。針飛びはしません。)

 

◎Seawind - Light The Light (Horizon Music / SP-734 / 1979 / US)

 

【コメント】

“He Loves You”でお馴染みハワイ出身のフュージョンソウル・バンドSeawindによる79年作。“He Loves You”に続いて彼等が披露したブラジリアン・フュージョン・トラック”Free”は、Da LataやRasmus Faber等もカヴァーを手掛けた名作。モダンソウルや AORファンにも聴いて頂きたい名盤です。

 

◎Svante Thuresson - Just In Time (WEA / 24 0004-1 / 1982 / Scandinavia) 

 

【コメント】

スウェーデンのジャズ・シンガーSvante Thuressonによる82年人気盤。ブラジリアン・テイストのStevie Wonderカヴァー曲”Rocket Love”、”Bird Of Beauty”共に人気です!一時期より値段もグッと下がってますのでお買い時です!

 

◎Joe Sample - Voices In The Rain (MCA Records / MCA-5172 / 1981 / US) 

 

【コメント】

ジャズ・ピアニストJoe Sampleによる81年作。SeawindのヴォーカリストであるPauline WilsonとFlora Purimをフィーチャーした”Burnin' UP The Carnival”は、ブラジリアン・フュージョンの名曲です。

 

◎Robert Watson - Estimated Time Of Arrival (Roulette / SR 5009 / 1978 / US)

 

【コメント】

キーボーディストRobert Watsonによる78年のリリースされたジャズ・アルバム。現在クラブシーンでブレイク中のThe Vison “Heaven”ネタとして再評価されている”Reachin', Searchin’”が収録された隠れ名盤。Arthur WhiteとRobert Watson本人によるSax部分とベースラインが使われています。このオリジナルも素晴らしいです。

 

◎Rare Silk - New Weave (Polydor / 422 810 028-1 Y-1 / 1983 / US) 

 

【コメント】

USの4人組ジャズ・ヴォーカル・グループRare Silkの83年作。Gary Bartz、Brecker Brothers等が参加。古くからPatrick Forge等がプレイしているFreddie Hubbardのカヴァー”Red Clay”はDingwallsでもプレイされてきたジャズ・クラシックス。お馴染みのベースラインからヴォーカル・パート、そして中盤からの高速ジャズに展開する流れは最高です!ジャケットの見栄えでチェック漏れされがちですがお薦めです!

 

◎Fania All Stars - Rhythm Machine (Columbia ‎/ PC 34711 / 1977 / US) 

 

【コメント】

Bob Jamesがプロデュースを手掛け、USフュージョン・アーティストも多く参加したFania All Starsの77年作。クラブ・クラシックスとしても有名な哀愁のラテン・ダンサーで、DJ KAWASAKIもカヴァーを手掛けた”Jubileo”が収録!

 

◎Gil Scott-Heron and Brian Jackson -  It's Your World (Arista / AL 5001 / 1976 / US) 

 

【コメント】

数多くの名作を生み出してきた詩人/シンガーGil Scott-Heronの76年名盤。ヴォーカリストにBrian Jacksonをフィーチャーしたライヴ盤。”It’s Your World”を筆頭に、”17th Street”、”Home Is Where The Hatred Is”、”The Bottle”等を収録した圧巻のライブです。

 

◎Linda Evans - You Control Me (Ariola Records America / SW 50045 / 1979 / US) 

 

【コメント】

Quincy JonesやBenny Golsonの作品でもヴォーカルを担当していた女性シンガーLinda Evansによる79年デビュー・アルバム。デジタルのみでリリースされているKONによるRemixも素晴らしかった”You Control Me”はイントロから疾走感に溢れる使えるブギー・ソウル・トラックです。

 

◎Denise LaSalle - I'm So Hot (MCA Records / MCA-3239 / 1980 / US) 

 

【コメント】

ソウル・シンガーDenise LaSalle による80年作。数々のDJ達がプレイするブギー・トラックの名作”I'm So Hot”が収録。プロモ盤オンリーでリリースされた12”は極レアですので是非アルバムで。

 

◎Cerrone - Cerrone IV : The Golden Touch (Cotillion / SD 5208 / 1978 / US) 

 

【コメント】

数々のディスコ・ヒットを生み出したフランスのプロデューサーCerroneの78年作。このアルバムでのお薦めは彼等の代表作でもあるブラジリアン・ソウルの傑作”Music Of Life”。コーラスワークも最高です!

 

◎Average White Band - Soul Searching (Atlantic / SD 18179 / 1976 / US) 

 

【コメント】

白人ファンク・バンドAverage White Bandによる76年作。なんと言ってもブラジリアン・テイストのソウル・トラック”Queen Of My Soul”が最高!その他も”Love Your Life”、”I'm The One”といったHip Hopサンプリング・ネタ等も収録です。

 

◎George Duke - Master Of The Game (Epic / S EPC 83951 / 1979 / US) 

 

【コメント】

ディスコ・サウンド時代のGeorge Dukeが手掛けた79年作。DJ KAWASAKIのカヴァーやKONのリエディットでもお馴染みのブギー・ソウル・クラシックス”I Want You For Myself”が収録された人気アルバム。

 

◎Hubert Laws - Family (Columbia / JC 36396 / 1980 / US) 

 

【コメント】

ジャズフルート奏者Hubert Lawsの80年作にして名盤。実妹Debra Lawsをヴォーカルにフューチャリングしたクラブ・クラシックス”Family”は名作です!プロモ盤オンリーでリリースされた12”は極レアですがアルバムは今も買いやすい値段です。

 

◎Freddie Hubbard - Liquid Love (Columbia / PC 33556 / 1975 / US) 

 

【コメント】

大御所ジャズ・トランペッターFreddie Hubbardによる75年作。Patrick ForgeやRainer TrubyをはじめとしたJazz DJ達が古くからプレイしている “Liquid Love”はジャズとブギーの要素が絶妙にブレンドされた最高傑作です。

 

◎Gil Scott-Heron - Reflections (Arista / AL 9566 / 1981 / US) 

 

【コメント】

数多くの名作を生み出してきた詩人/シンガーGil Scott-Heronの81年名盤。Bill Withersの”Grandma's Hands”やMarvin Gayeの”Inner City Blues”といったカヴァーも素晴らしいですが、なんといってもお薦めはジャズ・トラック”Is That Jazz?”です。

 

◎Patrice Rushen - Shout It Out (Prestige / P-10101 / 1977 / US) 

 

【コメント】

シンガー/ピアニスト/コンポーザーとしてもお馴染みのPatrice Rushenによる77年作。ジャズ・ファンクな”The Hump”や”Stepping Stones”の収録でも有名ですが、なんといってもお薦めはメロー・ソウルの傑作”Let Your Heart Be Free”ですね。

 

◎Alive! - Call It Jazz (Redwood Records / RR8484 / 1981 / US)

 

【コメント】

“Skindo Le-Le”のカヴァーでもお馴染み5人組のガールズ・バンドAlive!による81年作。ライブ・アルバムです。パーカッシヴな高速ジャズ・アレンジが素晴らしいGil Scott-Heron & Brian Jacksonのカヴァー作品である”Willing”が最高ですね。

 

◎Donald Byrd - Thank You…For F.U.M.L (Funking Up My Life) (Elektra / 6E-144 / 1978 / US) 

 

【コメント】

巨匠ジャズ・トランペッターDonald Byrdによる78年作。ジャズ、ジャズファンクを経てこの時代には積極的にディスコ/ブギー・サウンドも取り入れた内容に。ストリングス・アレンジも最高なフュージョン・ブギーの傑作でDJクラシックス”Loving You”はもちろん、ミッドテンポ・ブギーの”Close Your Eyes And Look Within”辺りも最高です。

 

◎John Davis And The Monster Orchestra - The Monster Strikes Again  (Columbia, Sam Records / JC 36074 / 1979 / US) 

 

【コメント】

ディスコプロデューサーJohn Davis率いるThe Monster Orchestraによる79年作。Ashford & Simpson作の名作でLouie VegaのRemixでもお馴染みのParadise Garage Classics “Bourgie Bourgie”はこのアルバムに収録されてます!12”はレアですがアルバムは今も買いやすい値段です。

 

◎Mass Production - Welcome To Our World (Cotillion / SD 9910 / 1976 / US) 

 

【コメント】

ファンクバンドMass Productionの76年記念すべきファースト・アルバム。言わずと知れたブギー・ファンクの最高傑作”Welcome To Our World”はもちろん、”Magic”、”I Like To Dance”、”Just A Song”、”Galaxy”等含め最高の内容です。

 

◎The Blackbyrds - Flying Start (Fantasy / F-9472 / 1974 / US) 

 

【コメント】

Donald Byrdプロデュースのファンク・バンドThe Blackbyrdsによる74年セカンド・アルバム。Rare Groove Classicsとして有名な”Blackbyrds Theme”、”Walking In Rhythm”を始め名曲が並ぶ彼等の最高傑作です。*ジャケット破れの為ディスカウント。(補正してます。)

 

◎Bobbi Humphrey - Satin Doll (Blue Note / BN-LA344-G / 1974 / US)

 

【コメント】

Sky High ProductionsプロデュースによるBobbi Humphreyの74年傑作アルバム。全編に渡ってSky High Productions節が炸裂する好内容ですが、やっぱりRare Groove Classicsとして人気の”New York Times”が最高!側面ジャケ破れ補正済みなのでディスカウント・プライスです。

 

◎Gene Harris - Nexus (Blue Note / BN-LA519-G / 1975 / US) 

 

【コメント】

ジャズ・ピアニストGene Harrisによる75年作。Mark de Clive-Loweもカヴァーを手掛けていたジャズ・ファンクの傑作”Koko and Lee Roe”は最高です。”Rushin' Roulette”、”Jitterbug Waltz”、”Prayer 76”等全編に渡って素晴らしい内容です。

 

◎The Futures - Past, Present And The Futures (Philadelphia International / JZ 35458 / 1978 / US) 

 

【コメント】

ソウル・ヴォーカル・グループThe Futuresによる78年セカンド・アルバム。ソウル・クラシックスとして有名な”Ain't No Time Fa Nothing”はコーラス・ワークも最高な極上のメローソウル。

 

◎Patti Labelle - Tasty  (Epic / JE 35335 / 1978 / US) 

 

【コメント】

ブギー諸作でも知られるシンガーPatti Labelleによる78年作。Willie ColonたSheila EことSheila Escovedoが参加したラテン・ソウル・クラシックス”Teach Me Tonight (Me Gusta Tu Baile)”は古くからジャズDJ達のアンセムです。

 

◎Freddie Hubbard - Born To Be Blue (Pablo Records / 28MJ 3151 / 1982 / Japan) 

 

【コメント】

巨匠ジャズ・トランペッターFreddie Hubbardによる82年作品。ラテン/ブラジリアン・フレイヴァーなダンス・ジャズ・クラシックス"Gibraltar”が最高です。ジャズ・ダンサーも要チェック。日本盤ライナーノーツ付き。

 

◎Pat Longo And His Super Big Band - Chain Reaction (Town Hall / S-25 / 1979 / US) 

 

【コメント】

ジャズ・サキソフォニストPat Longo率いるビッグバンドによる79年作。Gilles Petersonが選曲に関わったといわれる伝説のコンピ”Jazz Juice”に収録されたUKジャズ・ダンス・クラシックス”Believe In Love”はヴォーカルにStephanie Caravellaをフィーチャーしたブラジリアン・フュージョン・ダンサーの傑作。

 

◎Judy Roberts - Night In Brazil (Inner City / IC 1138 / 1981 / US) 

 

【コメント】

“Never Was Love”でお馴染みのヴォーカリストJudy Robertsによる81年サード・アルバム。積極的にブラジリアン・テイストを織り込んだ内容ですが、お薦めはMichael Jacksonの名曲”I Can't Help It”の極上カヴァー。更にスキャット・ワークがFlora Purim作品を彷彿とさせるブラジリアン・フュージョン”Ole”も人気です。

 

◎Rodney Franklin - Rodney Franklin (Columbia / JC 36747 / 1980 / US) 

 

【コメント】

“Endless Flight”でもお馴染みのジャズ・ピアニストRodney Franklinによる80年作。DJ御用達の極上フュージョン・ブギー”Windy City”が収録。ジャジーなブラジリアン・ブギー”On The Path”も人気です。

 

◎Tom Browne - Love Approach (Arista GRP / GRP 5502 / 1980 / US) 

 

【コメント】

数多くのディスコ作品でもお馴染みのジャズ・トランペット奏者Tom Browneの80年作。説明不要のブギー・クラシックス”Funkin' For Jamaica(N.Y.)”が収録。他の曲も含め内容最高です。

 

◎Sergio Mendes & Brasil '66 - Stillness (A&M Records / SP-4284 / 1970 / US) 

 

【コメント】

数多くのブラジリアン・クラシックを生み出してきたSergio Mendesによる70年作。なんと言ってもお薦めは古くからロンドンのジャズDJ達がプレイしていた”For What It's Worth”は永遠のブラジリアン・ファンク・クラシックスです。

 

◎Creative Source - Creative Source (Sussex / SRA-8027 / 1973 / US) 

 

【コメント】

ソウル・グループCreative Sourceによる73年名盤。Earth Wind & Fireのカバーとしても知られる”You Can't Hide Love”は彼等の作品を代表するソウル/レア・グルーヴ・クラシックス。

 

◎Creative Source - Pass The Feelin’ On (Polydor / PD-6052 / 1975 / US)

 

【コメント】

”You Can't Hide Love”でお馴染みのソウル・グループCreative Sourceによる75年サード・アルバム。”Pass The Feelin' On”、”Sincerely”、”Rainbow On The Ground”等人気ですが、お薦めは”Funky Luvah”。極上のファンキーソウルです。裏面ジャケ破れ補正済みの為ディスカウント。

 

◎Peter Brown - A Fantasy Love Affair (Do You Wanna Get Funky With Me?) (Drive / DR 104 / 1977 / US) 

 

【コメント】

シンガー・ソング・ライターPeter Brownによる77年デビューアルバム。大ヒットとなった大ヒットした”Do You Wanna Get Funky With Me”、”Dance With Me”はもちろんですが、なんと言ってもお薦めはメローソウル”For Your Love”。Sonar KollektivのClara HillもJazzanovaプロデュースでカヴァーしてましたね!

 

◎Narada Michael Walden - Awakening (Atlantic / SD 19222 / 1979 / US) 

 

【コメント】

プロデュースにPatrick Adams、Sonny Burkeが参加したNarada Michael Waldenの79年作。Shuya Okinoによるカヴァーで再評価された当時ポップチャートにも取り上げられたアーバン・ディスコの名曲”Give Your Love A Chance”が収録!

 

◎Grace Jones - Portfolio (Island Records / ILPS 9470 / 1977 / US) 

 

【コメント】

モデルとしても活躍したジャマイカ系シンガーGrace Jonesによる77年デビュー・アルバム。Tom Moultonのプロデュースにより極上のフィリー・ソウル・サウンドを披露。中でもシャンソンの名曲をブラジリアン・テイストのリズムボックスに乗せた”La Vie En Rose”は傑作です。

 

◎Melissa Manchester - Don’t Cry Out Loud (Arista / AB 4186 / 1978 / US)

 

【コメント】

女優としても活動していたNYのシンガーMelissa Manchesterによる78年作。プロデュースにLeon Wareを迎えStevie Wonderのカヴァー作品”Bad Weather”は名曲中の名曲です。

 

◎Jean Carn - When I Find You Love (Philadelphia International / JZ 36196 / 1979 / US) 

 

【コメント】

ジャズ、ソウル、ディスコと多岐に渡って活躍したシンガーJean Carnによる79年作。Larry Levanのガラージ・クラシックスとしても有名な”as That All It Was”を始め、”What's On Your Mind”、”Lonely Girl In A Cold Cold World”、”My Love Don't Come Easy”等極上のディスコ/ブギーが収録です。

 

 

今週のWEB更新が完了致しました!!

新入荷商品はこちらをクリックで↓


http://www.especial-records.com/shop/index.php

 

今週は新商品の入荷が本日までに確定しませんでしたが、予約タイトルを紹介してます!

話題の”Patrick Gibbon & Kaidi Tatham feat.Josh Milan” EP、”K15/Culross Close”コラボEP緊急予約中!(6/16締切)

そして、先日予約の情報公開をした”Freedom 2020 T-shits”の受注はWEB上で受け付けておりますので是非御確認下さい。

(予約の締切は6/20となっておりますのでお早めに。)

 

後、

海外から中古盤の新入荷商品が到着しましたので“Used Title”セクションにて新入荷中古盤 & 定番タイトルを更新しました。

今回はブラジリアン・フュージョン & ソウルに加え、ジャズ・クラシックス/ブギー/ファンク等のタイトルもアップしてます。

お時間ある方は是非チェックしてみて下さい。

 

 

http://www.especial-records.com/shop/index.php

 

======================

 

【予約受付商品】



Patrick Gibbon & Kaidi Tatham feat.Josh Milan / Love To The World *予約受付中 / 12” / Neroli / ¥1780
*緊急予約受付中!6/16(火)締切です!(7月上旬〜中旬入荷予定)
Volcov (Isoul8)主宰の人気レーベルNeroliからの新作は、TWiCE名義でのEdit作品でもお馴染みイタリアのPatrick Gibbonとウエストロンドンのキーボーディスト/プロデューサーKaidi Tathamのコラボ作品第二弾。なんと!ヴォーカルにはソウルフル・ハウス界の重鎮Josh Milan、そしてバッキング・ヴォーカルにDawn Tallmanをフィーチャー!!!Josh Milanの伸びやかなヴォーカル・ワークにフュージョン・テイストのハウス・トラックが絶妙にマッチした”Love To The World”を筆頭に、Kaidi Tathamがプレイするファンキーなべースとジャジーなギター、そしてキーワークも素晴らしい”Don't Be Rude”、浮遊感にあふれるコーラスとローズが心地いいブギー・トラック”Groove On”含め全曲最高です!!!



K15/Culross Close / Volume 1 *予約受付中 / 12” / Mother Tongue Records / ¥1980
*緊急予約受付中!6/16(火)締切です!(7月上旬〜中旬入荷予定)
Black TongueやGin Tonic Orchestra等素晴らしい作品の続くMother Tongueからの新作は、Eglo, Wild Oats, Black Focus等からのリリースや、先日リリースされたEarl Jeffersとのコラボ・ユニット”KEARL”のEPも素晴らしかったK15と、K15のジャズ・プロジェクトCulross CloseのスプリットEPが登場。ジャジー且つミニマル・エレクトっリックな”K15 / Elemental Play”も心地いいですが、お薦めは”Culross Close / Intrinsic Value”。70〜80年代のフュージョン・サウンドを彷彿とさせるシンセワークが気持ちいい極上のクロスオーヴァー・トラックです!

 

【限定生産:Freedom 2020 T-shits 予約受付中】

 

 

Freedom Time / Freedom 2020 T-shits (トライブレンド・ボディー)   <3色展開> *予約受付中 / Especial Records / ¥3500
*予約受付中 (6/20締切) 基本予約分のみでの生産となります。7月上旬〜中旬入荷予定。
Especial Recordsが主宰する大阪でのジャズ/クロスオーヴァー・イベント”Freedom Time”のオフィシャルTシャツをなんと2012年以来8年振りに製作します!デザインはmoss design unitが手掛けたロゴを2020年仕様にアップデート。Freedom Time T-Shirtsは長年に渡って再プリントのリクエストが高かったので是非この機会に。
こちらはトライブレンド・ボディーでの3色展開。柔らかく着心地の良い4.4オンスのトライブレンド・ボディーを使用。タイトなシルエットですのでゆとりをもって着たい方は1サイズ大きめがお薦めです。

●コメント欄に必ず御希望のカラー & サイズを御記入下さい。

【カラー】
◯ブラック x ホワイト・プリント
◯ヴィンテージヘザー x ホワイト・プリント
◯ヴィンテージヘザー x ブラック・プリント

★サンプル画像は下記で御確認下さい:
https://ameblo.jp/especial-records/entry-12602247593.html

【サイズ:着丈/身幅/袖丈】
S: 66/46/19
M: 69/49/20
L: 72/52/21
XL: 75/55/22



Freedom Time / Freedom 2020 T-shits (スタンダード・ボディー) <カスタム・オーダー> *予約受付中 / Especial Records / ¥3500
*予約受付中 (6/20締切) 基本予約分のみでの生産となります。7月上旬〜中旬入荷予定。
Especial Recordsが主宰する大阪でのジャズ/クロスオーヴァー・イベント”Freedom Time”のオフィシャルTシャツをなんと2012年以来8年振りに製作します!デザインはmoss design unitが手掛けたロゴを2020年仕様にアップデート。Freedom Time T-Shirtsは長年に渡って再プリントのリクエストが高かったので是非この機会に。
こちらは通常サイズのスタンダード・ボディー。6.2オンスのしっかりとしたヘビーウエイト・ボディーを使用です。

●コメント欄に必ず御希望のカラー & サイズを御記入下さい。

【カラー】
◯ブラック x ホワイト・プリント
◯ホワイト x ブラック・プリント
◯その他予約のみでのカスタム・カラーでのオーダーが可能です。(プリントはブラックかホワイトに限ります。)

★サンプル画像は下記で御確認下さい:
https://ameblo.jp/especial-records/entry-12602247593.html

【サイズ:着丈/身幅/袖丈】
XS: 62/44/18
S: 65/47/19
M: 68/50/20
L: 71/53/21
XL: 75/56/22



Freedom Time / Freedom 2020 T-shits (ビッグ・シルエット・ボディー) <2色展開> *予約受付中 / Especial Records / ¥3500
*予約受付中 (6/20締切) 基本予約分のみでの生産となります。7月上旬〜中旬入荷予定。
Especial Recordsが主宰する大阪でのジャズ/クロスオーヴァー・イベント”Freedom Time”のオフィシャルTシャツをなんと2012年以来8年振りに製作します!デザインはmoss design unitが手掛けたロゴを2020年仕様にアップデート。Freedom Time T-Shirtsは長年に渡って再プリントのリクエストが高かったので是非この機会に。
こちらはビッグ・シルエット・ボディーでの2色展開。5.6オンスのゆっったりとした幅広ボディーを使用。着丈は通常Tシャツとあまり変わりませんが、身幅にゆとりを持たせ程よく肩をドロップさせてあるので袖が肘丈程になる今っぽいシルエットです。

●コメント欄に必ず御希望のカラー & サイズを御記入下さい。

【カラー】
◯ブラック x ホワイト・プリント
◯ホワイト x ブラック・プリント

★サンプル画像は下記で御確認下さい:
https://ameblo.jp/especial-records/entry-12602247593.html

【サイズ:着丈/身幅/袖丈】
S: 65/55/21
M: 69/58/23
L: 73/61/25
XL: 77/64/27



皆様宜しくお願いします!