ESP CRAFTHOUSEのブログ

東京・渋谷のギターメーカーESP直営店!お買い得情報をいちはやく発信!


テーマ:

どうも釜谷です!! 

 

本日はリペア内容のご紹介

 

フレット交換です!! 

 

長い間弾き込むと、フレットはだんだん削れて減っていきます。

 

最初のうちはフレットのすり合わせという作業をすることで音詰まりが解消されますが、すり合わせができなくなるほどフレットが低くなりすぎたらいよいよ交換です。

 

フレット交換は頻繁にあるものでは無く、どういう作業になるのか気になる方も多いのではないでしょうかキラキラ

 

フレット交換の作業内容をご紹介したいと思います爆  笑

 

 

まずはフレットを抜きます。

 

フレットが抜かれた状態のギターを見ることはなかなかないですよねニヤリ

 

 

 

ご覧のとおりフレットの返しで溝と指板がボコボコになっていますね。

 

ギターがレスポールタイプだと、バインディングで覆われているため更にバインディングの縁が残ってしまいます。

 

このままではフレットが打てないので、指板修正とフレットの溝を調整します。

 

 

 

どうですか。

先ほどと変わったのがわかりますか。

 

 

つぎは1本1本、丁寧にフレットを打っていきます!!

 

 

 

 

ここで打ち方が甘かったりすると後々フレットが浮いてきたりしてしまいますあせる

まさに職人技です。

 

 

当店のリペアマンの技術を持ってすれば打ちが甘いなどありませんアップ

 

 

 

全てのフレットが打ち終わっても完成ではありません。

 

 

 

最後にフレットサイドを整えます。

 

フレットサイドの丸みはもちろん手作業によるものでストレス無く弾ける様にする為、こちらも熟練した技術が垣間見える作業です

 

 

 

 

 

 最後に弦を張ってセットアップをします

 

 

 

以上で作業完了!! 

 

 

ご参考までに工賃を。

 

ボルトオンネック ¥46,400(税込)~ 

セットネック    ¥59,400(税込)~ 

 

今回はセットネック、バインディング有りの為  ¥81,000(税込)~  

 

(状態や必要な作業内容によりお値段に幅がでる場合がございます)

 

 

フレットが高くなる分それに合わせてナットの交換が必要だったり、メイプル指板は塗装が必要だったりギターの仕様や状態によって作業工程がかわりますのでご不明な点はお気軽にご相談下さい!! 

 

もちろんお見積もりは無料です。

 

是非とも宜しくお願いしますー!! 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ESP CRAFTHOUSEさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。