パリジェンヌのように、おもてなしや暮らしへさりげなくお花を取り入れる

自分流の楽しみ方を知るフラワーレッスン!

大人のためのフラワーアレンジメント教室講師の依未です。

 
 
お花をアレンジするときに、ちょっとした技を使って茎や葉を生かす方法があります。
 
デザインをするときに大切なテクニックのひとつです。

それは、まず

1.茎をいかす方法
 

茎を折り曲げてつかったり、
カラーなどの茎が長くて特徴のあるお花は、その茎のラインをデザインに生かすことができます。

指の腹を使って、茎を優しくしごいてカーブさせていく方法を「茎をためる」といいます。
少しずつ少しずつ、部分ごとに行います。
 
この時注意することは、
*力を入れすぎないこと(茎が折れてしまいます)
*いっきにしごくのはNGです。少しずつ丁寧に・・・
時間があれば、1~2時間水に浸けず、そのまま放置しておくとためやすくなります。
 
 
そして、
2.葉をいかす方法
 

葉もデザインする上でとても大切。
折る、丸める、切る・・・デザインのアクセントに使うこともできるし、花留にすることもできます。

短く切って集める
ニューサイランのような葉を短くカットしてデザインします。

葉を折りたたむ
葉を折って立体感を出し、隙間に花をデザインします。

葉を丸める
葉を丸めるとユニークな造形になり、デザインのアクセントになります。

重ねて隙間を利用する
一枚の葉でなく、重ねることで表情を出したり、重ねた葉の隙間を利用してデザインします。
 

他には…
 
ラインを生かす
アイビーなどのつる性のものは、その流れを利用し動きを出すことができます。

器の中に葉を入れる

器の外に葉をはる...

など、たくさんの活用方法があります。


エスパスフルーリでもいろんな葉物使いのレッスンをやっています。

通常のデザインからちょっと抜け出したい方には,この「茎のラインや葉を生かす技」をやってみてくださいね。

一味違った作品ができますよ~。


モダンスタイルには、この技は必須です。

おしゃれな、かっこいい作品ができます♪
 
 

 

 "エスパスフルーリ"のLINE@

お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

レッスン予約もこちらからどうぞ♪

 

友だち追加 

https://line.me/R/ti/p/%40ive1397l

 

image

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花を飾って上質な暮らしを!大人のためのフラワーアレンジメント教室は、八丁堀交差点から徒歩3分の中区八丁堀広島SYビル3Fにて開催しています。


・ギフトや贈り物に最適なフラワーアレンジ
・ウェディングブーケや花冠・リスレット  など承ります。