広島花教室自分流の楽しみ方を知るフラワーレッスン

おしゃれなパリスタイルのアレンジやフランスの国家試験を目標にした受験対策レッスン。また、モダンスタイル初心者から上級者まで、それぞれのレベルに応じたレッスンを行っています。


テーマ:

パリジェンヌのように、おもてなしや暮らしへさりげなくお花を取り入れる

自分流の楽しみ方を知るフラワーレッスン!

大人のためのフラワーアレンジメント教室講師の依未です。

 
image
 
明日9月9日は、五節句のひとつ「重陽の節句」です。

重陽の節句???

江戸時代に定められた5つの式日を五節句といい、この日は公的な祝日でありました。

五節句は、

●1月7日・・・人日の節句(七草粥)
●3月3日・・・上巳の節句(桃の節句/雛祭り)
●5月5日・・・端午の節句
●7月7日・・・七夕の節句
●9月9日・・・重陽の節句 です。



その中の、「重陽の節句」は、どういう節句???

中国から伝わった陰陽道(おんみょうどう)において、偶数は陰数・奇数は陽数とされ、9月9日は奇数が重なる大変めでたい日でした。


重陽の節句は別名『菊の節句』ともいいます。


中国では菊を用いてこの重陽の節句を祝っていました。

菊はすぐれた薬効をもつ植物として古くから知られ、菊のエッセンスをふくんだ水を飲むと健康で長寿になれるということで、「菊酒」や菊の「被せ綿(きせわた)」で健康を祈願していました。

日本でも奈良時代から宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われていました。



華道をたしなむひとにとっては、この日はとても大切な日です。

生け花を習っていた時、重陽の節句前のレッスンでは、菊のみを使った一種生けをしておりました。




昨日、出かけたビルの一角に、菊が生けてありました。

菊に薄い綿をかぶせてベールのようにアレンジしてありました。

これが『菊の被せ綿(きせわた)』です。

重陽の節句の前夜に露よけの綿を菊の花にかぶせておき、翌朝、露と菊の香りが染み込んだ綿で身体を清めると長生きできる・・・という風習があったのです。



お花屋さんに行くと、いろんな種類の菊がありますよね。

昔から見る定番の菊からモダンな菊・・・。
この時期、マムが最も美しく輝くときです。

今日は菊を飾ってみてはいかがでしょう???

長寿を願って・・・❤
 
 

 


     ホームページ
     初めての方へ
     講座案内
     スケジュール
     生徒様の声
     お申込み・お問い合わせ
     Facebook
     instagram
     場所
 


お花を飾って上質な暮らしを!大人のためのフラワーアレンジメント教室は、八丁堀交差点から徒歩3分の中区八丁堀広島SYビル3Fにて開催しています。


・ギフトや贈り物に最適なフラワーアレンジ
・ウェディングブーケや花冠・リスレット  など承ります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

フラワーアレンジメント講師:依未(エイミ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント