11月12日 黒沢杯リポート

テーマ:

来賀まつり2日目「黒沢杯」が昨日11月12日に開催されました。

当日は26名の方にご参加いただき満卓フルゲートでの開催となりました。

 

この大会は東風順位戦全10回戦という長丁場の戦いです。

1ゲーム終わる度にリランキングが行われるというシビアな戦い。

トップなら一つ上の卓へ、ラスなら一つ下の卓へ。座っている卓がそのプレイヤーのヒエラルキーを表すという(笑)。

 

最初の1ゲーム目にランキング振り分け戦を行い(結果的にここがかなり重要でした…)1~7卓に分かれます。

数字の小さい卓のプレイヤーはランク落ちしないように慎重な姿勢が見受けられました。

数字の大きい卓のプレイヤーは上位卓を目指し、アグレッシブな打牌が多く見られました。

 

リーチ・ツモ・三暗刻・ドラ8・赤1という数え役満!見事なトップです!

しかしながら役満をあがっても1ランクしか上がれない。これが順位戦の厳しさかもしれません。

 

今回は麻雀共同体WW所属プロの方も参加していただき、大会を引き締まったものにしていただきました!

清原プロ・近野プロ・夢野プロ ありがとうございました。

 

…。肝心の主役が全くでてきていませんね。そうです。

来賀友志先生です。

1回戦のランキング振り分け戦でトップを取って頂上卓に座って以降、一度もラスを引くことなく皆さんの壁となり続けておられました。

企画者泣かせの圧倒的な力を見せつけられちゃいました(笑)。参加者の皆さんと対局できずにごめんなさいですm(__)m

 

それでは成績優秀者の表彰です。

最終ゲームにて1番卓のトップを取られたのはフク田タラオ様でした。

トータルでも5昇(トップ回数-ラス回数)と断トツでした。おめでとうございます!

そしてスタート2番卓から一度もラスを引くことなく、10戦目に1番卓へ昇るという順位戦的に最も素晴らしい戦いをされました。

10戦ラス無し・最終戦1番卓残留・最多バー(2・3着)回数の中村幸絵様も表彰です!

ランキング戦では苦杯を舐めたものの、そこから昇龍のごとく卓を登られたこの方。

沢田和夫様。MAXランクアップ賞です!

 

皆様お疲れさまでした!順位戦特有の行くか下がるかの痺れる麻雀を堪能していただけましたでしょうか?

今回は古川先生の御知恵を拝借しての大会形式でした。神経をすり減らす辛くて楽しい麻雀だったと感じていただけていたら幸いです。

 

また来年も来賀先生とともに楽しい麻雀ができたらと思います。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD