とうふ屋うかいへ行って参りました。
門をくぐると、そこは、非日常の空間ラブラブ
とてもいいロケーションにありますが、敷地は、約2000坪もあるのです。
庭園内には、樹齢100年を超える木もあるそうです。
そして、建物にも、こだわりが・・!
(ここにある建物すべてではないと思うのですが)
山形から築200年の造り酒屋を移築したそうです。
ゆるやかな階段を降りると、右手には池もあり、立派な鯉が泳いでいます。
行灯も、雰囲気がありました。

東京タワーのちょうど、隣にあるため、庭園内からは、このように(↑)みることができます東京タワー
 
写真左は、秋田の造り酒屋に代々伝わる酒の仕込み大樽。
写真には、写っていませんが、酒絞りの酒樽もありました。
ちょうど、七夕でしたので、伝統的な七夕の飾りつけをみることができました。

短冊に達筆な筆字で書かれた詩歌には、一瞬、みとれてしまいました。
 
邸内は老舗の旅館のような雰囲気で、くつろげました。
(個室の部屋数も多いですし、お座敷、テーブル席共に、
用途に合わせて用意してくださいます。)
 
7月7日の七夕(しちせき)は竹の節句。
今日は竹酒を選びましたキラキラ
 
熱々の油揚げは、中庭の田楽処で炭火で仕上げられているそうです。
 
 
名物の豆水とうふは、大きな土鍋で運ばれてきました。
   
写真(右)のメニューはクリックしていただくと大きくなります。
雰囲気は良いですし、英語もOKなので、
海外からのお友達、お客様を接待したいときにオススメの料理店です。
きっと、日本の文化を五感で、感じてもらえるのではないでしょうか。

ここにも、五色の糸など、七夕の飾りがありました。

短冊には、すでに願い事をかかれたという方も多いのではないかと思います。
願い事が叶いますように流れ星
そして、今宵も素敵な七夕の夜になりますように。

とうふ屋うかい
東京都港区芝公園4-4-13
03-3436-1028