U-12,10 トレーニング





四年生にとっては六年生を独り占め出来るチャンス。 
六年生にとっては圧倒的な差を求められるプレッシャー。

なかなか面白い。