第一志望。 | 母Vs反抗期男子、ぴーたん。

母Vs反抗期男子、ぴーたん。

~中学男子ぴーたん君のちゃらい日々~


テーマ:

昨日第一志望の高校受験してきました。結果から言うと不合格・・・・。まあ、かなりのチャレンジ校だったので予想の範囲内なのでまあ、ショックはそこまででもないのですが、本人は本当に力を入れて勉強してきたので悔しそうです。

 

受験の帰りはとりあえず仕事も休みなので迎えに行くことにしました。門から出てきたぴーたん開口一番

 

ぴ:「無理無理。あんなの無理。俺が受けちゃいけない学校だった。」

 

こんな台詞いきなり聞かされても・・・・。チャラ男ぴーたん、珍しくちょっと青ざめています。

 

ぴ:「過去問もかなり解けるようになったし、ちょっといけるかなって思っていたんだけどな。甘かったな。全然解けなかった。出来なくて本当にあせった。頭が真っ白になったから、お守りでもらった北野天満宮の石を握り締めてなんとか解いたけど・・・。本当に出来なかった。」

 

出来なかったことを延々と語るぴーたん。悔しかったんでしょうね・・・。でも、酷なことをあえて言うと、

 

「アンタ、夏休み何やってた??冬休み何やってた?正月何やってた??」

 

こんな台詞しか私の心の中から沸いてこず、でも今のぴーたんに言っても仕方ないので

 

「まあ、明日も試験あるし、切り替えていこう!!」それしか言えず。これだけのチャレンジ校に数週間本気で取り組んだからって受かるほど世の中甘くない。それがやっと分かったのか

 

ぴ:「もっと勉強しておけばよかった。何で今までまじめにやってこなかったんだろう。もっとやっておけば解けたのに!!」

 

この一言が言えただけでも受験させた意味があったのかなあと思っています。ぴーたんの今のレベルにあっている学校を受けていたらたぶんこんなに勉強することも悔しがることもなかったんじゃないのかなと思います。大きなダメージは早めにしとくに限る。いくらでも挽回できますからね。

 

試験後にぴーたん、おかしな行動をするんですが、また明日にでも書きますね。受験はまだ続きます・・・。

えるちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス