2004年11月12日
テーマ:澁澤龍彦

視線のエロティック

見るということは所有することである。・・・対象に向けられた視線は、相手を物体として犯すことになるのだ」

- 澁澤龍彦 -



話が前後して申し訳ないのですが。

以前、男性の性欲を刺激する最も大きな要素は視覚であるという話をしました。
それは、男性は想像することによって、脳内で興奮するからだということも。

頭の中で、男性は対象となる女性を自分の思うままに想像します。
その対象となる女性はもはや人間ではありません。
肉体です。
自分の言うがままに動く単なる物体でしかなくなってきます。

性的な意味を持った視線は、女性を物体化します。
それは、女性が男性の前で客体化する動きとシンクロしていくのです。


★このブログについての説明はコチラ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2004年11月02日
テーマ:澁澤龍彦

女のセックス

「女のセックスとは、だから欲望するものではなくて、本質的に欲望されるところのものである」

- 澁澤龍彦 -



フェミニズム論者には怒られそうな話ですが。

以前お話ししたように、女性のエロティシズムは本質的に受動的です。
男性がその気にならなければ、性交は不可能だからです。

ですから、女性のエロティシズムを支配する本質的な要素の一つは、自分の中に欲望の芽を育てることではなく、相手のうちに欲望を掻き立てることです。

言い換えれば、女性はまず相手をその気にさせなければ、自分自身の欲望を満足させることが出来ないのです。

そのために、女性は自己を客体化させます。
この話は、また後ほど。


★このブログについての説明はコチラ

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2004年10月25日
テーマ:澁澤龍彦

女のエロティシズム

男の欲望が攻撃的であり、能動的であるのに対して、女の欲望が受動的であるということは、動かしがたい真実のようである」

- 澁澤龍彦 -



体の構造上、そうならざるを得ないでしょう。

男性は勃起状態でない限り、性交をすることは出来ないのに対し、女性は例えば膣痙攣のような障害を別にすれば、どんな場合でも性交が可能です。
極端な話、死んだ女性とだって、性交は可能です。

つまりは男性がその気にならなければ、性交は出来ない、ということです。


★このブログについての説明はコチラ

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2004年10月20日
テーマ:澁澤龍彦

男女のエロティシズムの違い

「人間の男性が女に欲望を感じるための、最も大きな働きを示すものは、嗅覚でもなく、触覚でもなく、聴覚でもなく、もっぱら眼の働き、視覚である

- 澁澤龍彦 -



男性と女性のエロティシズムの感じ方は全く異なります。

男性は視覚を通して得られた情報に対して脳が判断を下し、脳内で興奮するといわれています。
対する女性は、純粋に感情や愛情でエロティックの度合いが増します。

だから、性交のとき、多くの女性は目をつぶり、男性は目で見ることによって、いっそう欲望をかき立てるのかもしれません。


★このブログについての説明はコチラ

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2004年10月19日
テーマ:澁澤龍彦

生殖とエロティシズム

「(死との結びつきで捉えられた)エロティシズムは、あらゆる実用的な活動(生殖や子供への配慮をふくめた、あらゆる社会的活動)に対立するものであって、ただそれ自体を目的とする狂気の欲望なのだ」

- 澁澤龍彦 -



この文の後には「だからエロティシズムは悦楽、熱狂、錯乱、狂気などへ高まる宿命を持っており、祭りとか、饗宴とか、遊びとか、戦争とか、犯罪とか、あるいはまた芸術とか、宗教とかの方向を目ざすのである」と続きます。

秩序とか、社会性などというものの枠にはエロティシズムは決して入らず、むしろそれらを破壊する方向に働くものであるということです。

生殖目的の性行動は、少しのエロティシズムを含んではいない、ということです。


★このブログについての説明はコチラ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004年10月14日
テーマ:澁澤龍彦

「見ること」と「見られること」

『「見ること」と「見られること」の弁証法も、性器の隠蔽および強調も、それがイマジネールな世界と関わりを持つだけ、エロティックな度合いを高めることになるような気がする』

- 澁澤龍彦 -


「見ること」と「見られること」の弁証法というのは、例えば、露出症者や覗見症者の中に見られるような「見たいという欲望」と「見られるという不安」の混合です。
これは露出症者等に限らず、一般に認められることだと思います。

「視線」というのは、エロティシズムに大きな影響を与えています。
人間は自分や他人の「視線」を意識することで、想像力を働かせ、エロティシズムを作り出しているのです。

これが、他の動物や植物のセクシュアリティと人間のセクシュアリティとの決定的な違いでしょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。