ここではナンパするのにオススメな都内(渋谷、六本木)のクラブを紹介する。


クラブには、主にナンパ箱(ナンパ目的の人が中心のクラブ)と音箱(音楽目的の人が中心のクラブ)というものがあり、ナンパしたいのに音箱に行ってしまうとひどい目にあう。



お持ち帰りしたいなら必ずナンパ箱に行こう。



主要な4大クラブについて個別に語った記事はこちら。



(クラブナンパではなく、マッチングアプリでセ/ レを作りたい方はこちら


2019年冬の最新状況


[渋谷地区]


渋谷アトム(ATOM TOKYO)
{FBF2306E-3487-4D78-B2D1-8963390648C8}
{B9E7B636-5279-433D-AF17-C89714B75769}


[ナンパの多さ]★★★★★(完全なるナンパ箱)
音楽だけのため来てる人はほとんどいない。大抵がナンパ目的。 強引なナンパはもはやアトム名物
ナンパ箱だとは知らずに、純粋な音楽目的で来た女の子は、アトムの異様な雰囲気に恐怖を抱き入店して数分で退店する。
男女比は8:2くらい。
8:2と聞くとかなり難易度が高く感じるかもだが、アトムはナンパ箱として有名がゆえに、初心者も多く来店する。 
男の半分くらいはまだ2-3回目なので、声をかけたくても勇気が出ずに躊躇ってる人も多い。そのため実質的には、ライバルとして考えると、そんなに男女比が悪いわけではない。


また、運要素も強く、適当なナンパでもお持ち帰りできちゃうことがあるので、ノリと勢いが得意な男はアトムが向いているかもしれない。

またそんなにお金がかからない(早めに入場すれば1500円程で入れる)ので、学生には大人気。

深夜1時以降からどんどん女の子がお持ち帰りされていく。


クラブに来るのが始めての清楚そうな女の子も、数時間経つと一皮向けて、男と熱烈なキスをしてたりという光景が至る所で繰り広げられる。(クラブ内でのキスの多さは、都内ではアトムとミューズが二大トップ)


[女の子の特徴]
 ほとんどが看護師、保育士、アパレル店員。あとは学生  アパレル店員はとにかく多く、アパレル店員と出会いたいなら間違いなくここかTK
20-23歳くらいの子が中心で都内で一番若い人が多い。また都内で一番バカが多い。

[アトムにおける必勝法]
 とにかくノリが重要。よく六本木のクラブで使われる、じっくりと会話をして、その上で信頼感をあげるという手法はこのクラブでは全く使えない。 アトムは、ゆっくりと話せる雰囲気ではないので、中身のない会話をどんどんテンポよくしていくことがこのクラブにおける必勝法だ。また多少強引でもさほど問題ない。
六本木のクラブよりも女の子のガン無視率が高いが、ちゃんと工夫した声がけをすればみんな笑ってくれる。

(アトムとは?←もっと詳細に知りたい人はこちらをクリック)


TK渋谷(TK SHIBUYA)
{C4F59D89-49CC-4731-BB07-42974C5365AC}
{5E604241-E016-45AA-8F8C-5E948916EB24}



[ナンパの多さ]★★★★★(完全なるナンパ箱)

若干、客層が強めのナンパ箱
とはいいつつももちろん初心者もいる。
男女比は7:3くらい
お持ち帰りは盛んだが、アトムみたいな、強引な手法が許される雰囲気はないので、ノリと勢い、あとは若干のトーク力も必要。

またここはとにかく性格の悪い男が多い。女の子の横取りが多く、女の子と仲良く喋っていても強そうな男が急に割り込んできたり、笑いのネタにされたりする。しかし、その男同士の意地の張り合いこそがこのクラブの醍醐味であり楽しさでもある。

[女の子の特徴]
 ほとんどが看護師、保育士、アパレル店員。あとは学生  
20-24歳くらいの子が中心で渋谷という土地柄、年齢層は若め。
都内で一番可愛い子が多い。
女の子はギャル系が最も多く、アトムの客層からギャルを抜粋した雰囲気。

クラブ内でのキスはそんなに行われていないがお持ち帰りはアトムと同じくらい盛ん。
アトムとTKどっちがお持ち帰りされちゃう女の子の割合が高いかと言われれば、正直、大差ないような気がする。
とはいっても男女ともアトムの方が初心者が多いので、ライバルの強さという観点で見ればTKは少し難易度があがる。しかしTKの方が可愛い子が多い。アトムの下品なナンパが嫌でTKに来てる女の子も多い。 


[TKにおける必勝法]
やり方はアトムとほぼ同様で、ノリを重視しテンポよく会話することが重要。中身よりも完全にテンポ重視だ。唯一アトムと違うのは、強引な手法はNGなことだ。アトムは強引にいっても成功できちゃうこともあるが、TKはそれが許させる雰囲気ではない。 だからといってギャル系の強めの女性が多いため、弱々しい男だと思われたら終わる。強引さではなく口調と表情、態度で強い男アピールをする必要がある。

(TKとは?←もっと詳細に知りたい人はこちらをクリック)



キャメロット(CLUB CAMELOT)
{53C229C4-078B-431D-8DD9-727A4F7F91AB}

[ナンパの多さ]★★★★☆(ナンパ箱)

ナンパ箱だが、音楽目的の女の子も少しいる。
男女比は7:3くらい

キャメロットのいいところは、メインのダンスゾーンは、みんなで楽しもうという雰囲気があるところだ。
男も女も関係なく、みんなで楽しく踊る。


踊るのも好きだけど、お持ち帰りもしたいという男性にはものすごく合っているクラブだと思う。


しかし、お持ち帰りされる子は割合でいうと、アトムとTKよりも少なめ。
 
また、かなりの大箱だがハズレの日にいくと、全然人がいない。アトムやTKにおされ、正直あまり流行ってないクラブだ。


[女の子の特徴]
 ほとんどが看護師、保育士、アパレル店員。あとは学生    そして変なビジネスやってる女の子も結構いる。ここはアムウェイをやってる男女がなぜか多い。
20-25歳くらいの子が中心で渋谷の割には年齢層が幅広い。



Sound Museum Vision(サウンドミュージアムビジョン)
{AA41A0EF-0A54-4176-B372-EB5C6DA96824}
{0B9CBF64-F32B-4C49-8F81-C579011AD95B}
[ナンパの多さ]★★★☆☆(ナンパが多い音箱)

ビジョンは音箱だが、音箱の割にはナンパが多いし、ナンパしまくっても浮くことはない。お持ち帰りも多少行われている。


注意すべきは、あくまで音箱の割にはナンパが多いというだけで、お持ち帰りがナンパ箱より簡単かと言われると、そういうわけではなく、むしろ難しい。 ガンシカ率はナンパ箱より低いが、外に連れ出すハードルが高い。ただ、美人を狙いたいというのであれば、ビジョンはナンパ箱より美人や可愛い子率が高いのでオススメだ。

音楽に関しては、やはり音箱だけあって、アトムやTKとは比べ物にならないほど楽しいし音質も全然違う。ビジョンは独特のライブハウスのような雰囲気があり、音箱の中でも少し特殊。ハマる人には本当にハマり、ナンパをするのを忘れてしまうくらい楽しい。

なので、音楽を楽しむついでにナンパをしたいという人には最高のクラブだ。


[女の子の特徴]
音楽目的の女の子が多いが、他の音箱と違い、女の子にナンパしても驚かれることはない。クラブなんだからナンパくらいあるでしょくらいに思ってる子が多い。いくら音楽目的の箱だとはいえ、所詮は夜遊びしてる女性だ。音箱なのにもかかわらず、お持ち帰りされちゃう女の子も多少いる。
年齢層は20-25歳くらい。




[六本木地区]


V2 TOKYO
{4DC38133-BA95-4BD5-89DD-570AD9F53D6A}

[ナンパの多さ]★★★★★(完全なるナンパ箱)

六本木におけるナンパ箱の代表。都内で一番上品なクラブ。移転直後は少し盛り上がりに欠けたが、現在は完全に移転前の水準に戻っている。
 大抵の男がナンパ目的たがV2は、強引なナンパは皆無。いきなり女の子を掴んだりすればセキュリティが飛んでくる。それもあり女の子からの人気は非常に高く男女比はほぼ半々(6:4くらい)
この男女比は普段渋谷のクラブに行ってる人からすれば天国に感じるが、男の実力は都内で一番高いため、ライバルが多いという観点から見ると、簡単ではない。またVIP席が充実してるため都内で最も金持ちの男が多い。


[女の子の特徴]
女の子からの人気が高いため、職業に偏りがなく、全ての系統の女の子がいる。(とはいいつつも看護師と保育士はやはり多い アパレルは少なめ) 年齢層も20-27歳と幅広い。(23歳〜25歳あたりが特に多い)
20歳くらいの子でも渋谷と比べると、落ち着いている子が多い。
というより六本木に来る若い女の子は、アトムやTKの若いノリが嫌いな人が多い。
都内で一番男女比が良い。また美人が多い。

[V2における必勝法]
渋谷のクラブと違い、テンポがよいだけでは成功しない。多少の明るいノリを持ちながらも、ある程度中身のある会話をできる人がこのクラブで成功する。どの能力もある程度持ってることが重要。(わかりやすくいうと、アトムならノリとテンポに特化してる人でも成功するし、ミューズだと落ち着いた会話に特化した人でも成功するが、V2はそのどちらの能力もある程度持っていないとダメ)

(V2とは?←もっと詳細に知りたい人はこちらをクリック)


西麻布ミューズ(MUSE)
{54BAA618-7618-4E76-B5B2-3BA22068B165}
[ナンパの多さ]★★★★★(完全なるナンパ箱)

音楽目的の人は皆無。他のクラブだと嘘でも音楽のために来たと答える女の子がいるが、さすがにミューズでそう答える人はいない。
そもそも踊るスペースがせまい。むしろバーエリアの方が広い。
男女比は7:3くらい。
強引なナンパをしてもあまり付いてきてくれない。渋谷と違い完全にトーク力勝負。
ナンパ箱としては最高だが、とにかくここは金がかかる。入場料が4000円(女性は無料)かつ、お酒は一杯1000円。 女の子といると店員がお酒を勧めてきて、奢らざる得なくなることがよくある。

お持ち帰りされることに抵抗のない女の子が多い。

ミューズはとにかくキスが多くて有名。クラブ内でのキスが日常茶飯事なのは、都内ではミューズとアトムくらいだろう。

[女の子の特徴]
職業に偏りがなく、全ての系統の女の子がいる。(とはいいつつもやはり看護師と保育士は多い。アパレル店員はほとんどいない)
年齢層も23-30歳と幅広い。(23歳〜25歳あたりが特に多い)
渋谷と比べると圧倒的に地味な子が多い。
エッチが大好きな子が多く、お持ち帰りが盛んで、終盤になると明らかに女の子の数が少なくなっている。
都内で一番ガン無視が少ないクラブ。 話しかければ一応話だけは聞いてくれる。


[MUSEにおける必勝法]
落ち着いた雰囲気で声をかけることが重要。じっくりとトークし、その上で徐々に信頼感を上げていくのがこのクラブの必勝法だ。渋谷のクラブではむしろ中身のない会話の方がウケるが、ミューズでは中身のある大人の会話が大事。あまりノリとかがうまくい人はこのクラブが一番向いている。

(MUSEとは?←もっと詳細に知りたい人はこちらをクリック)



西麻布エーライフ
[ナンパの多さ]★★★☆☆(どちらかといえばナンパ箱)

ナンパ目的と音楽目的なら、どちらかといえばナンパ目的の方が多いかなという感じのクラブ。
正直ナンパ箱とはいわれているが、ここに行くなら、もっとナンパに特化したクラブの方がいい気がする。
以前は都内一のナンパ箱だったようだが、今となっては中途半端な感じだ。


[女の子の特徴]
年齢層は20-30歳と幅広い。
女の子はかなり強め。
クラブ慣れした女の子が多い。それに対応するには、こちら側もクラブに慣れておく必要がある。


[新宿地区]

ワープ新宿(WARP SHINJUKU)

{73F793A1-0BFE-4958-9E2E-B4488AEB77AA}

[ナンパの多さ]★★★★★(完全なるナンパ箱)


新宿唯一の大箱。201810月のオープンした当初はどちらかといえば音箱寄りだったが、今は完全にナンパ箱。(未だにワープは音箱だと勘違いしてる人が多い。それは2018年の話)。土日は満員電車状態で平日でも全然人がいる。

 ワープの一番の特徴は、これといった個性がないこと。 例えばアトムなら、キスが多く、男性陣が強引。TKなら可愛い子が多い V2なら金持ちが多いなど、それぞれ非常に強い個性があるが、ワープは、特にこれといった特徴がない。 ただのナンパの多いクラブって感じ。お持ち帰りされる女の子の割合はアトムやTKと同等か、若干落ちる程度。 あえてここのクラブを選ぶ必要性はないかもしれない。



[女の子の特徴]

年齢層は20-25歳と普通。どちらかといえば若い子の方が多い。 可愛い子はそんなに多くない。


[ワープにおける必勝法]

ノリは渋谷のノリで声をかければよい。だがそんなにフロアが広くないので、数撃てば当たる作戦はあまり得策ではない。六本木ほどじっくり話し込む必要はないが、渋谷のノリで声をかけつつ、一人一人にある程度時間を使うことが大事。




お持ち帰りしやすいクラブランキング


トークに自信があるなら
1位 ミューズ
2位 V2
3位 TK
4位 ワープ
5位 アトム


トークに自信があるなら圧倒的にミューズ  ミューズの女の子は男性にルックスを求めない傾向にあるので、トークさえうまければ圧倒的にミューズがよい。ミューズでは、30を超えた男性が20代の女性をお持ち帰りするという光景をよく見かける。


ノリと勢いに自信があるなら
1位 アトム
2位 TK
3位 ミューズ
4位 ワープ
5位 V2


ノリと勢いでナンパしたいならアトムがいいだろう。渋谷のクラブはそもそも、落ち着いて話せる雰囲気がない。若い子が多いが故の特有のノリがある。



まだあまりクラブに慣れていないなら

1位 アトム
2位 ミューズ
3位 ワープ
4位 TK
5位 V2

アトムはクラブに慣れていなくても、適当にやって運良く成功することがある。 またミューズは地味な子が多いので、他のクラブに比べ女の子の反応が圧倒的によい。ワープは強いクセがないため、初心者でも馴染みやすい。


ちなみにクラブナンパを始めたばかりの人や、まだあんまりうまく言ってない人は、恋愛教材を読むことをお勧めする。1-2万円と高額だが、かなり効果があるうえ、もし効果がなかったら全額返金というものが多いため、クラブナンパしている人たちの間では使ってる人が多い。


もし本気でナンパをしたいというかたは是非!

特にガールズマインドハッカーはお勧めだ。ガールズマインドハッカーとブーストコミュニケーションの違いも載せてあるのリンクを見てみてほしい。


ルックスに自信がないなら

1位 ミューズ
2位 アトム
3位ワープ
4位 V2
5位 TK


ミューズはルックスがなくてもトークさえうまければお持ち帰り可能だ。またアトムもルックスがなくてもノリと勢いさえあればお持ち帰り可能だ。ワープは照明が暗めなので、髪型さえちゃんとセットすればカッコよく見える。


可愛い子が多いクラブランキング
1位 TK
2位 アトム
3位 V2
4位 エーライフ
5位 キャメロット

やはりTKとアトムは若い子が多いせいか可愛い子が多い。V2は美人が多い。
その他のクラブは微妙。


一人で行くのにオススメなクラブ
1位 アトム
2位 ミューズ
3位 TK
4位 ワープ
5位 キャメロット

もし一人でクラブにナンパしに行くなら、圧倒的にアトムがお勧め。というのもアトムは満員電車状態で、男も女もぐちゃぐちゃになる。そのため友達と来ていてもどうせ逸れるからだ。

ミューズは、そもそも一人でナンパしてる人が多い。

V2は論外で一人入場が不可だ。


しかし、クラブに行く友達がいなくて悩んでる人も、クラブに通ってれば自然と友達はできると思う。 なのでたまには同い年ぐらいの男性に声をかけるのもいいかもしれない。

ちなみに音箱も含めれば、ビジョンが一番1人で来てる人が多い。


平日に行くのにおすすめなクラブランキング
1位 アトム
2位 TK
3位 ワープ


平日にクラブに行くならアトムとTK、ワープ以外選択肢はない。この3つは平日にあってもまあまあ混んでいる。六本木は週末最強のV2ですら、平日はがら空きだ。おそらく六本木は土日休みの社会人層が多いせいもあるだろう。


都内4大ナンパ箱におけるAvicii Wake Me Up の比較動画

AviciiのWake Me Upは、ナンパ箱においては、必ずと言っていいほど流れる曲だ。(音箱ではあまり流れない)   この曲の時の様子でそのナンパ箱の雰囲気がわかると言っても過言ではない。


ATOM TOKYOにおけるwake me up




TK SHIBUYA におけるwake me up




V2 TOKYOにおけるwake me up

MUSEにおけるwake me up









もし質問等があったらコメント欄にて



(割とガチな人向けだが、読むと必ずお持ち帰りできるようになる上、もしできなかったら全額返金保証付なので、超おすすめ)