長きにわたり、たくさんのご声援ありがとうございました。 | 家根谷依里 Blog

家根谷依里 Blog

ALPINE SNOWBOARDER 家根谷依里ブログ


テーマ:

全日本スキー連盟が提示する平昌オリンピックへの派遣基準である、ワールドカップ・世界選手権にて8位以内1回以上、10位以内2回以上、12位以内3回以上という基準をクリアする事が出来ず、私の平昌オリンピックへの挑戦が終わりました。

 

シーズンの途中ではありますが、平昌オリンピックを目標としてやってきたので、これにて競技生活を終えます。

今回皆さんに良いご報告が出来なかった事が心残りではありますが、長い間ここまでサポート、応援してくださった皆さまには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

皆さんの声援がいつも私の活力となっていました。

本当にありがとうございました。

悔しい気持ちはありますが、やり切れたと思えるので今は清々しい気持ちです。

 

初めて出た海外のワールドカップは2001年オーストリアのバドガシュタイン。最後のワールドカップもこのバドガシュタインとなりました。

ソチオリンピックに出られない事が決まったレースもバドガシュタイン。

良くも悪くも思い出の場所となりました。

image

2001年から海外のレースを転戦し、その間 2度のオリンピックを経験させて頂きました。

ソチオリンピックと平昌オリンピックには出場は出来ませんでしたが、目標に向かって一生懸命取り組めた時間は一生の宝になると思います。

スノーボードを通じて本当にたくさんの事を学ばせて頂きました。

 

 

ソチオリンピックの次のシーズンに後藤夏樹コーチと出会い、成績が出ず苦しんでいた私にスノーボードの楽しさを思い出させてくれました。

夏樹コーチがいなければこの最後の4年間は絶対に無かったと思います。

特に最後の2年はパーソナルでお願いし、本当にたくさんの事を教えて頂き、大きく成長できた時間となりました。

本当にありがとうございました。

image

photo:Fred

 

そして、10年ぐらい一緒に戦ってきたマーキーこと斯波正樹選手がついにオリンピックへの切符を掴みました!

長年一緒に戦ってきた同志なので、自分の事のように本当に嬉しいです。

本当に本当におめでとう!!

image

photo:Natsuki


今年は手術した膝に痛みが出たり、また肩を痛めてしまったりと、今まで身体を酷使してきたので、これからは自分の身体を労ってやりたいと思いますほっこり

 

本当に沢山の方々に支えて頂いたおかげでここまで長い間 競技を続ける事ができました。

競技生活において、私のことを最後まで信じて一緒に戦ってくださった方がたくさんいてくれて、本当に私は幸せ者だなぁと思います。

長きにわたり、たくさんのご声援 本当にありがとうございました。

 

家根谷 依里

image

photo:Fred

 

 

 

家根谷 依里さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス