病院到着後すぐに小児科の先生が診てくれました。小児科の先生も窒息するような誤飲ではないとの見解でした。問診があり、飲んだと予想されるものを教えて下さいと言われ、「洗濯ばさみの割れた一部」「シール」「レゴ」を挙げました。

すぐに点滴をつけられ、嘔吐物に混じっている血の量が予想以上に多いので、すぐにレントゲンとCTをとる事になりました。(家で処理した嘔吐物やタオルを全て持参しました)

レントゲン待ちの時に新生児科に入院していた時の主治医も来てくれました笑い泣き今は小児科になり、そのまままた診てくれる事になり、少し安心しました。が、結局見つける事がこの日は出来ませんでした。小さすぎて写らない場合もあるし、何も飲み込んでない可能性もあるけど、今の状態で帰るのはよくないので、とりあえず入院して明日また検査をしましょうとなりました滝汗そしてそのまま初日は救命病棟に入院になりました。

入院手続きをし今後の治療方針等を聞きました。
病名 異物誤飲
症状 吐血 不機嫌
を見てかなり凹みましたチーンチーン

その夜から熱が出始めたり、泣きすぎからなのか鼻水タラタラで、忘れた頃に嘔吐するしで、夜中も頻繁に吸引してもらいました。結局その日は親子であまり寝れませんでしたチーン

~②日目~12月22日
朝イチで浣腸をして、異物が出てこないかを見ましたが立派な💩をしただけでした。未だに機嫌が悪くヨダレが半端なく出ていましたポーン朝からの回診でヨダレは普段からこんなに出るか聞かれる位、異常な量でした。

時間になると病棟移動があり小児科に移動しました。小児科病棟には初めての入院だったので、一通り説明を受けた後、私だけ一時帰宅させてもらいました。親子共々着の身着のままだったので、しばらくの入院グッズを取りに行きました。

90分後に病院に戻ると処置室で主治医の先生と遊んでいましたウインク見違える程機嫌が良くなっていて、私が不在の時に耳鼻科の先生と放射線科の先生の画像診断(昨日撮った画像)が終わっていたのです。

鼻からファイバーを入れて体の中を見た結果。
星形★のスパンコール(一円玉より少し小さい)が食道入口に突き刺さっていました。
すぐに取り除く処置をしてくださり、無事に取れたが、取り除く際にも出血した事、刺さってた場所は炎症していて、周りは浮腫んでいる状態でした。感染症予防の為、しばらくは絶飲食と抗生剤の点滴が始まりました。

異物が取れてからはヨダレがまずピタリと止まりました。そして機嫌が良くなってきました。

午後からは小児科の先生達がクリスマス前で病室内を仮装して回って来てくれましたサンタようやくほっと出来て、私も少し癒されました‼