我が家の愛犬*レオのこと♡ | 癒しの猫の絵/ 猫の足あと Illustrator 山下絵理奈 in Sapporo

癒しの猫の絵/ 猫の足あと Illustrator 山下絵理奈 in Sapporo

癒しの猫の絵 イラスト オブジェなどがいっぱい。
山下絵理奈の作品を展示・販売しています。

北海道札幌市中央区南2条西2丁目 富樫ビル8F(ダイソーが入っているビル)
日祭日はお休み。 ℡011-299-5288


テーマ:
またすっかりご無沙汰してしまいました💦

今日のブログは長くなりそう。。。
時間のない方、あまり興味のない方は
スルーしてくださいね(笑)

昔に戻って説明すると…

私の高校時代の友人の娘(山下絵理奈ですが)
が障がいを持ちつつ猫が好きで猫の絵ばかり描いていて〜その絵が素晴らしく心に響いて…この子のために何かできないかと、ポストカードを制作して知り合いのお店に置いてもらったことが原点で…10年前に「猫の足あと」を設立しました。

私は幼い頃から猫と犬も飼っていて
どちらも好きで過ごしていたのですが…
息子が猫アレルギーもあって、「猫の足あと」代表なのですが…猫ではなくて犬を飼っていました。
やはりここは猫でしょう!と思いつつ…
でも我が家は犬派です(笑)

このたび、我が家の2代目の犬レオが悪性メラノーマで3回の手術のかいもなく、腫瘍が悪化してリンパにそして肺に転移して、糖尿病の持病もあり亡くなりました。


6月1日に仕事(Gallery AaMo開催のねこ画展)で
東京へ行ったのですが…レオのことが心配で心配で、4日に帰ってきたのですが、容態が悪くそれから2日間添い寝したりして、娘も来ることができて看取ることができました。



主治医からは痛みは薬で緩和できるけど
肺の苦しみは辛くてかわいそうだから安楽死も考えた方がいいと言われていたので…家族で悩みました。
苦しむ姿を見たくないしかわいそうだ〜でも病院に連れて行ってこれが最後ですよと、死にゆく姿を見守ることは耐えられないと、それが結論でした。どちらを選択するかはもうそれぞれの家族の思いでどちらも苦しくつらいことだと思います。

亡くなる前の晩は
本当に苦しそうだったので抱きながら〜何度も、もう楽になってもいいよ。みんなそばにいるからね〜もう頑張らなくてもいいよと囁きました。
そして次の日のお昼に娘と夫に見守られて、
虹の橋を渡ってしまいました。

レオには辛いとき、悲しいとき、癒されました。
そばにいてくれて…お世話になりました。

今頃、先代犬🐕ベリーと遊んでいると
思います。



絵理奈の猫の絵とか、猫の足あとの活動を
なるべくみなさんに知ってほしくて、
その話題を最優先してアップしてましたが、
今日は我が家の最愛の犬レオのことを
書きたくて…💗
長くなりましたが読んで頂いて
         ありがとうございました🌿😊🍃




癒しの猫の絵画家・えりなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。