久々に七草のレシピから作ったのは

ドライトマトとごぼうのコンフィでした。

 

コンフィはフランスの調理法で

低温の油脂で煮ること

(フルーツの場合は砂糖で)。

 

スペイン料理のアヒージョと似ていますが、

アヒージョの場合はニンニクも

欠かせない要素の一つなので

そこが違うところでしょうか。

 

戻したドライトモトを

ごぼうとローズマリーとともに

ひたひたのオリーブオイルで

低温で煮て。

 

ちょっと硬めのごぼうでしたが、

少し長めに煮たところ

ほくっと美味しく出来上がり。

ごぼうが黒いのは

鉄鍋の影響か。

でも味はかわらないので、よしっ!

 

 

ローズマリーが香るごぼうなんて

食べるまで想像がつきませんでしたが、

これがおいしかったぁ!

ごぼうといえば

和食のイメージ一のみでしたが、

洋風になるんですね。

 

七草レシピの通りに

戻したドライトマトは柔らかくて

少々の酸味が美味。

 

とてもやさしい味なので

少しパンチが欲しいときは

お塩を上からぱらりかけて

いただいています。

 

 

お友達のインスタグラムをみて

教えてもらったレシピ。

持っている本のレシピだったので

早々作りましたが、

ハマりそうです!

 

 

 

 

 

七草さんは元は下北沢

今は駒場東大前にお店を構える

ごはんやさんです。

お友達たちから教えてもらって以来

レシピを愛用しています。

 

レシピは

うちの乾物料理 うちの乾物料理
10,588円
Amazon

すでに廃盤になっている

「うちの乾物料理」のもの。

(お値段にびっくり、、、)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】うちの乾物料理 / 前沢リカ
価格:870円(税込、送料別) (2018/5/13時点)

(この差、、、)

 

 

 

お酢レシピも愛用中です。

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

 

 

ごぼうとドラトマトを食べた後に

残ったローズマリー風味のオリーブオイル。

そのまま捨てるのはもったいない。

と、思ってしまった私。

 

 

ということで、

そこに豚肉、玉ねぎ、マッシュルームを漬け、

ローズマリーを足して一晩おけば、

これまた美味しい!&お手軽な!

主食が出来上がりました。

 

 

そして少し残ったその鍋に、

いんげん、追いマッシュルーム、

カリフラワーなどを入れて

火を通せば、

今度は副菜の出来上がり笑

 

 

コンフィのオリーブオイルを

ここまで活用すべきなのかは

少々不明ですが、

ハーブの香りがする

オリーブオイルは美味しいし、

そこにお肉の味がうつったら、

やっぱり美味しいわけで。

 

こんな使い切りも、

あり、です、よね、、、、?