歴女旅・VR津和野城ツアー【後編】 | 歴ドル・小日向えりオフィシャルブログ「歴ドル小日向えりがゆく」Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

歴女旅・VR津和野城ツアー【後編】


 

さて、前回に続きまして、今日はお城好き歴女3人(略してツワモノたち)で巡る

津和野旅をお送りいたします。
 

津和野城は山城なのですが


「城山(霊亀山)」という名前の山の上に築かれたお城なのです。

 

…城山の山城…

上から読んでも城山の山城
下から読んでも城山の山城

と、くだらないことはさておき。


(実は今日ブログの下書き消えて、これ書くの2回目なんだけど…
くだらなさすぎて消すか悩んだ。)



 

津和野城は標高362mの山城なんです!

ということで

山城攻め イコール ほぼ山登り!なのです。



前日、津和野の旅館「わた屋」さんに到着したとき、玄関に登山靴が2つ並んでいました。

さすが萩原先生とkaoriさんはガチな登山靴でいらっしゃってる!とすぐに気づいた。
 

キラキラのクリスタルがついたスニーカーを履いてきてしまった私は足軽レベル…。恥

「山城を舐めてんのか!」とツワモノのおふたりに叱られてしまいそうですが

でも、大丈夫音符

 

だって、戦国時代から400年の時が経ち、ロープウェイという文明の利器があるんだもん音符音符
 

萩原先生を手に載せようとする悪いえりんご。ニヤリ
 
自然歩道もあって、ロープウェイと使わずに登ることもできるので、いつか挑戦したい!!

全体図をみても、かなり大規模な山城ということがわかります。

山城として国内トップレベルの規模!

「三本松城の戦い」(城主の吉見正頼 VS 陶晴賢)の合戦地で

三本松城と呼んでいる人もいるかな?

鎌倉時代(1295年)から築城開始され、最初は一本松城と呼ばれていましたが、三本松城という名前にかわり、室町・戦国時代と改修整備を重ねます。
(松の数が1本から3本に増えたのかな?笑)


関ケ原の合戦後、津和野藩主の坂崎直盛が高石垣や出丸を増築!

近世城郭の様式に。

維新後に、櫓や城門などの建物が取り壊されましたが、700年ほど活用されたお城は珍しく、中世から近世の山城 の変遷を見ることができる、とっても貴重なお城なのです。


ロープウェイを降りて、堀切や竪堀の遺構をみながらしばらく、歩きます。

現在、出丸が工事中で、特別な通路が設けられています。

ある意味、普段見れない景色が見れるチャンス。

津和野城に来るのは(たしか)4回目という萩原先生も嬉しそうに写真を撮ってました。

 

石垣が見えてきました。

「おお〜!!」

さらにテンションが上がるツワモノたち。

ここは台所櫓・海老櫓跡です。

お城の搦手を監視・防御する役割で、手前に西門があり、馬にのって搦手側に降りれる道があったそうです。

眼下の景色!!


これぞ山城の景観!

民家の屋根が褐色なのですが、これは津和野名産の赤瓦(石州来待瓦)

だそうです。

城跡にもゴロゴロ落ちてました!!(持って帰っちゃダメよ。笑)


そして、三の丸につきましたー!

私が一目惚れお願いした高石垣がこちら拍手

人質櫓跡の石垣!

迫力あります!

高さがわかるように並んだんですが

「えりんごを探せ」状態に。(笑)

それくらい高い。


少し近づいて、記念フォト。
 

「高石垣ちゃんと私」


Aラインスカートみたいでかわいいなって思ったので「スカートのポーズ」
 

石垣を支えるポーズ

 

さて、この写真の右側、、わかりますか?

VRゾーンです!!!


kaoriさんに教えてもらいながら…

「ストリートミュージアム」のアプリを立ち上げます。

「おお〜〜〜〜!VRが出てきた!!すごい!!!」

 

これが目の前の景色で↓

 

こちらが手元のスマホ画面↓

 

VRを重ねてみると、妄想と答え合わせができて楽しいピンクハート

VRで補完することで、お城の構造もよくわかる!!


楽しいね〜〜!ツワモノたちのテンションはどんどん上がっていきます!!

高石垣ちゃんを囲んでハート

キャピキャピ ギャルver.

 

 

ジャケ写のようにかっこつけver.(謎)

テンションがMAXになったツワモノたち

最後には

山城ジャンプ!(謎謎謎)

(君たち、どうしたんだ!!)

って今みるとツッコミ入れたくなりますが


それくらい、津和野城が素敵で、思わずジャンプ!

(提案したのは私で、萩原先生まで付き合わせてしまい申し訳ありません)

ちなみに、この日は朝から雨も降っていて、カトリック協会にいるときは足の感覚が麻痺するほどの寒さだったのですが、萩原先生の晴れ女パワーで津和野城の三の丸についたとたん晴れ間が…!

しかも、何回もジャンプしてるうちに、上着を脱ぐくらい暖かくなった。笑

「天下取ったぞー!」

南門跡の石垣もかっこよくて、景色もよくてフォトスポットにおすすめです!


以下おまけ

津和野城にはフキノトウがたくさん生えてて、かわいかった〜。

しかも半端なく生えてる!!笑


(今夜のおかずはフキノトウの天婦羅に決まりね〜。)



さて、お城のすぐ近くには、津和野のパワースポット

日本5大稲荷神社のひとつ、太鼓谷稲成神社があります。

 

 

「稲荷」ではなく「稲成」と書く唯一の稲荷神社だそうで、商売繁盛・願望「成」就のご利益がありそう!

おみくじ大吉出ました!嬉しい!

出産を控えた姉に、安産のお守りも勝ってかえり、先日無事元気な赤ちゃんが生まれましたお願い


津和野城は、毎年秋から冬の早朝、雲海も見れるそうです。

早朝トレッキングやご来光を見るのも良さそうですね〜お願いキラキラ

また津和野に行きたいな!

 

◎参考◎

・日本遺産センター(津和野百景図)

https://tsuwano100.net/about/

 

・殿町通

https://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/4460

 

・酒蔵「古橋酒造」見学

http://uijin.net/?page_id=2s

 

・津和野藩八人衆「分銅屋 七右衛門本店」

https://tsuwano-kanko.net/buy/分銅屋%E3%80%80七右衛門本店/

 

・津和野城

https://www.kankou-shimane.com/ja/spot/detail/971

 

・ストリートミュージアム

http://www.streetmuseum.jp/

 

・太皷谷稲成神社

http://taikodani.jp/sp/

 


これにてドローンお願い