「白土」厳選した高級食材を使ったアルコールのペアリングフレンチ、イノベーティブフュージョン | ERIKA~双子ハーフ MCモデル BEAUTY LIFE

「白土」厳選した高級食材を使ったアルコールのペアリングフレンチ、イノベーティブフュージョン

 
先日は10月にオープンしたばかりの
 
六本木にある フレンチ、イノベーティブ・フュージョン
 
白土
 
に双子の姉と行ってきました。
 
 


 
お店の名前と同様の
 
爽やかな シェフの 白土さん
 
目の前で料理を出してくれます。
 
コースはお任せで
 
どれも凝っていて手を抜いていない
 
上品な料理。
 
アルコールやティー のペアリングが
 
楽しめるので
 
私は アルコールのペアリングをしました。
 
お料理は 素材に凝っていて 全国から取り寄せた材料を使っていて
 
私は今回 初めて ハトを食しました。
 
意外や意外。やわらかく食べやすかったです。
 
食材とか考えると お料理のコストパフォーマンスはとってもGOOD。良いです。
 
駅からも近い!
 
 


 
 
 
まず初めに
 
乾杯の アルコールは フランスのシャンパン
 
COLLET シャンパーニュコレ ブリュット
を。
 
川島直美さんが愛したワインだそうです。
 
柑橘系のほのかなスパイス。ゴールデンイエローで
キレイ。川島直美さんらしい フランスのワイン。
また飲んでみたいです。
 
 
 
 


 
まずは
カボチャのチロスに
ローストしたカボチャの種🎃
チュロスはサクサクとしていて
ほっとする味。
少しスパイシーと感じたような。
かぼちゃの種は多すぎると思ったら
台になっているので残しても良いそう。(笑)
 
 


 
いわきの真牡蠣。
エシャロットの食感がアクセントになった
クリームソースが和の牡蠣をフレンチな一品に。
オシャレですね。
切り目が入っているので味わって食べられます。
好き。
 
 
 
 


 
 


 
↑根パセリの料理。
下の写真の右の野菜が根パセリなんだそう。
ここでは一般のスーパーでは見かけない食材を使っているので
勉強になりました。
 
こちらのベースは
根パセリのムース。ほんのり甘みがあり
ふわふわでしあわせな味。
上にイタリアンパセリの新芽🌱のピューレ。
贅沢に濃厚でクリーミーな北海道のウニをトッピング。
仕上げに白トリュフのオイルを
目の前でかけてくれました。
目の前でかけて頂けるので香りで良い!
根パセリってこんな味なんですね。
 
 



 
 
 
 


 
洋風の茶碗蒸し、蟹味噌のフラン。
上はお魚のホウボウを丸ごと裏ごししてて作ったフランスの伝統的な
スープ・ド・ポワソン (soupe de poisson) 
蟹味噌が効いていてお魚のソース、スープとの相性もGOOD
 
私はたまに海老アレルギーなので今回海老の代わりにこちらでした。
姉は海老の料理で美味しい!と言っていました。
 
 




カツオの瞬間燻製料理。
下は秋ナス
しその新芽
 
こちらはフレンチよりは和を感じました。
出汁が効いていてGOOD
 
料理を出した時は透明のガラスの蓋が付いていて
シェフが目の前で取ってくれるので
香りがふわっと香れて演出にも工夫。
こういう演出も楽しいですよね
 
 
 



 
石川県のレンコンを使用したレンコン料理。
 
キノコのソースを使用。
 
レンコン料理だと思わなかったです
 
 
 



能登 の のどぐろの炭火焼
ソースはノドグロの頭や骨から出汁を取って
白ワインやクリームを合わせたもの。
 
付け合わせのハーブはミニフェンネル🌿
 
のどくろが一番好きなお魚。
大好きなんです。
皮がこんなに香ばしく焼いているのは初めて。
香ばしさが違います。
中はふわっと身がしっかりしていてさっぱりと頂けました。
また食べてみたいです。
フレンチなソースと合うんですね。
 
 
 

 
 
徳島のすだち鮎
すだちを食べさせた養殖のあゆなんだそう。
 
道明寺粉(どうみょうじこ) という粉を付けて揚げた物。
中華に欠かせない 五香粉(ごこうふん、ウーシャンフェン)
というスパイス とフランスの塩を合わせた スパイスがアジアンテイスト。
外の皮はサックサクで 道明寺粉の粒の触感もあり 触感が楽しめました。
付け合わせの野菜は みずの美という山菜
ぬか味噌と和えています。
 
どれも厳選された珍しい食材。
 


 
白甘鯛料理
ガランマサラ スパイスとイギリスの塩を
和えたもの。
普段は肉食女子ですが
お魚がこんなに美味しいとお魚がまた食べたくなりました。
 
 


 
白子の料理。
 
中華のよだれ鶏 タレ を使用
マイクロパクチーrとマカダミアナッツを混ぜて食べました。
マカダミアナッツとの触感のマリアージュも良いですね。
 
白子も大好きー
 


 
自家製のブリオッシュの上には
フォアグラのテリーヌキャメリーゼ
とシャインマスカット

目の前で細かくトリュフをシュレッドしてくれる

のでふわふわで口の中で溶ろけました。

香りで一層感じられます。贅沢


 
全部好きな食材。
ブリオッシュは甘さがありこれをもう一つプレーンで食べてみたい。
 
もう大好きな高級フルーツのシャインマスカット。
 
細かくトリュフを刻んでるので口の中で溶ろけるような。
香りで一層感じられます。贅沢
 



 

 
お口直しのアンリジローのシャーベット
 


愛知のうなぎ。炭火焼で焼いています
付け合わせは銀杏
ソースはバルサミコと中国のソース。
外は香ばしかったです。
こんな食べ方もあるんですね。
 


 
ラカン産 フランス産のハトの料理!
 
世界最高法のハトの胸肉を炭火焼で焼いたもの。
ソースはハトの骨から出汁を取って
八丁味噌を加えたコクのあるソース。
付け合わせは国産のヒラタケ。ハトを焼いた
油で焼いたもの
 
ハトは多分初! ハトとは思いませんでした。
思っていたよりやわらかい。脂肪分が少ないんですね。
チキンよりほんとにやわらかい。
食べやすいですね。
 


 
和牛のサーロインと松茸。
 
土瓶蒸しに入った
コンソメタイプのソースを薄いお肉にかけて
すき焼き風に。
土瓶にも松茸は入っているので香りが良いです。
 
今年初のまつたけで
しあわせ。
 
 
 



 

 
デザートは
レモングラスを使ったソルベ。
サクサクのクッキーのクランブル
葉っぱは 南米ペルーなどにあるハーブ
ウィンターサボンというもの。
 
さっぱりと頂けました。
 
ほっとします
 


 
最後はトリュフのマカロン
ホワイトチョコと白トリュフのオイルと
トリュフのみじん切りを挟んだもの。
 
贅沢なマカロン。
 
ティーも厳選しているものなので こちらも美味しかったです
 
 
贅沢な食材、全国からお取り寄せをしたものも
使っているので
 
コストパフォーマンスはとっても良いと思いました。
 
お料理とアルコールのペアリングも楽しめるのもポイント
高いですよね、
色々試せて 楽しかったです