パーソナルカラー診断を受けて自分のタイプがわかっても、いざ服を選ぼうとなるとどの色が自分タイプの色なのかわからないという人が大勢いらっしゃいます。

意外と色って覚えられないものなんですよね。
慣れないと記憶している色が実際に目の前の服の色と合っているのか、とても不安になってしまいますよね。

パーソナルカラー診断の真っ最中ですら、すでに色の判別が曖昧になっているお客様が大勢おられます。
特にイエローの判別が難しいようです。

なぜ難しいかというと、黄寄りがイエベ、青寄りがブルべと説明されるのに、イエローは全部黄色だからからです。
PCCSで8番と言われるイエローがあって、この8番よりオレンジに寄るのがイエベのイエローで、8番より黄緑に寄るのがブルべのイエローです。

写真で比較するとわかりやすいですね。

 

 

イエローの中でもちょっと黄緑に寄った方がブルべのイエローで色名で一番近いのがレモンイエローです。
ブルべのイエローは色域が狭く、やや黄緑寄りのイエローしかありまん。
鮮やかな(1)レモンイエローと(2)薄くてかなり明るい色がWinter。
(1)と(2)中間くらいの色がSummerになります。

イエベのイエローは安全帽子のようなまっ黄色からオレンジに寄った色になります。
澄んで明るい色がSpring。
濁って少し暗めの色がAutumnになります。

どうでしょう?
これで見分けられるようになりましたか?