青山茶会@根津美術館

テーマ:
根津美術館が運営する
年4回開催の
青山(せいざん)茶会は
お茶の上級者が集まる
憧れの茶会✨✨✨

今回の茶席は
武者小路千家のお家元、
千宗守宗匠が2年ぶりに担当ウインク

お手伝いに入った有吉先生から
なかなか手に入らない茶券を
ご手配頂いたので、
私も両忘会のお仲間と一緒に
参加して参りました爆笑


今回の茶席は
すべての道具が官休庵からの
持ち出しだとか…びっくり

烏帽子棚を始め、
武者小路らしい道具が並び
他の流儀のお客様はもちろん
私たちもとても楽しめました✨

両忘会からは
幹部の雪ちゃんたち3人が
お運びを担当‼️
200人のお客様がいらしたそうで、
どうもお疲れ様でしたチュー


茶席はこちら、弘仁亭でした

もうひとつ、展観席では
普段は美術館のショーケースに
並んでいるようなお道具を
詳しい説明とともに
実際に手に取って眺めるという
貴重な体験が出来ました‼️

何百年も昔の茶碗が今、
私の手の上に…思うと
不思議なトリップ感が
味わえましたびっくりびっくりびっくり


そして、
お待ちかねの点心は
「招福楼」の夏らしい会席ラブ

煮トマトにじゅん菜とトマト汁が
さっぱりと美味しかった✨✨✨



今回を含め、
有吉先生のお計らいで
2度体験した青山茶会ウインク

根津美術館の素晴らしいお庭に
点在する茶室を巡るのは
季節ごとに新鮮で
旅している気持ちになりますニコニコ

いつか私も
もっとお茶を習熟して
青山茶会の会員になるのが夢…ラブ
それを新たな目標に
頑張ります…✨✨✨



それにしても…💧

梅雨入りしたので
お天気が心配でしたが、
驚くような晴天で
真夏のように暑く、
帰る頃には熱中症気味に…ガーン

慌ててOS-1を一気飲みして
頭を冷やしたので
悪化はしませんでしたが、
これからやって来る夏本番が
恐ろしいですね…💧💧💧


おまけ…

水屋見舞いのお返しに
お家元から頂いた
ひとくちサイズのお菓子が
とっても可愛いかったので
見てください💖


この風流堂の『いろは煎餅』は
千利休の時代から
茶会に度々使われていた
「ふのやき」なるものを
当時と同じ製法で
再現されているのだとか…びっくり

煎餅といっても
ほんのり甘く、
硬めのパンケーキという感じ🥞

利休さまも
これを食べていたのかと
しみじみ味わいました…照れ

美味しかったです✨✨✨