今日は長男のがずっと行きたいと言ってた、野添北公園へ。




ここの公園、広々してるし、アスレチックもわりと大きいし、小さい川も流れてて、この時期にぴったり。



一度行ってから、長男のお気に入りになったらしい。





世間ではお盆休みらしいけど、旦那は仕事なので子ども2人連れて公園へ。





めっちゃ楽しみにしてたし、おもいっきり遊ばせてやりたいし、私も一緒におもいっきり遊びたい。




そう思ってたけど、1歳と4歳、やっぱり出来ることやペース、興味が違う。




大人は私しかいない。





そうなると、どうしても小さい方のペースに合わせてしまうことになるのよね。




あー、また今日も長男に我慢させたかなぁとか反省するし、もっと長男の方と一緒に遊びたいのに…とか。




兄弟いるところって、同じこと思ってる人結構いるんじゃないかなぁ。




下が生まれたら、上の子を大事にせなあかんって、私も妊娠中から思ってた。



自分も長女やし、やっぱり長男の気持ちもわかる。だからますますそう思う。




でも、実際手がかかるのは下の子(月齢が低いならなおさら)なわけ。まぁ当たり前やんな。



言葉が通じるのも、下よりは上の子やし。




一緒に川に入ったり、アスレチックで遊ぶにしても、やっぱりそばにつかなあかんのは下の子。



運動能力や身体の機能から考えても、やっぱりどうしてもそうなるよ。



だって、命守らなあかんねんもん。



ある程度の年齢になるまではしょうがないんかなぁと思った。




今まで葛藤あったり、上の子我慢させてるなぁって思う自分に落ち込んだりしたけど。





いや、しょうがないんかなぁと思ったって言うより、帰ってから今日の写真を見た時に、子どもたちがめっちゃ楽しそうな表情だったから、そこまで気にすることもないのかなぁと思った。





{57B7CD29-CCDE-4F30-9947-F901ED665F98}

{9692A987-3B61-49C2-937C-80D3D4F6F70E}



私は今日、

「帽子かぶり!被らなもう家帰るで!!」


って言った。


そこまで怒ることじゃないかもしれんし、そんな脅しみたいな言い方💦って感じやし、「正しい」とされる言い方なら、


「帽子をかぶったら、公園で遊べるよ」


なのかもしれない。


でも、私は子どもが熱中症になったらいけないから、帽子を被るように言った。



私は今日、川遊びをする長男に、

「ママの見えるところにおってって言ったやん!」

って言った。


自由にのびのび遊ばせてやるのがいいのはわかる。


でも、次男を見ながらだったから、その場を自由に動けなくて、長男の方にそう言わざるをえなかった。


それは、いくら水深が浅くても、やっぱり溺れたりする危険もあるし、年齢的にも水場はまだ目を離したくない。



どちらも、言葉だけとったらマイナス点をつけられそうだけど、その背景には



「子どもの命を守る」



という、母の使命があったから。



そりゃ、上の子を優先した対応をした方がいいことも、肯定的な言葉を使うことも、のびのび遊ばせてやることも大事なのはわかってる。



だから、それができなかったことばかりに目を向けるんじゃなくて、


それが「大切な子どもを想ってのこと」だということに気づいてほしい、そんなお母さんの味方でありたい…って思います。




あー、今日も怒ってばっかりやったなぁ…って思っていました。


こんなんでいいんかなぁ…不安にもなりました。



でも、子どもたちはめっちゃ楽しそうでした。



今日も一日命がありました。



それだけで、自分で花マルあげよう!