盛岡と花巻、そして蟹江町 | 渡辺えりオフィシャルブログ「夢見る力」Powered by Ameba
2014-07-08 21:21:47

盛岡と花巻、そして蟹江町

テーマ:講演会



7月2日盛岡の少年刑務所での講演の後、

花巻の光太郎記念館近くにお住まいの高橋愛子さん宅に

お邪魔しました。光太郎の「山の少女」のモデルになった方で

戯曲「月にぬれた手」を執筆した時に取材をさせていただきました。


記念館にお勤めの新ぶち和子さんもおいしい料理でもてなして下さいました。


光太郎とお会いしたことのある浅沼さんは先日光太郎の思い出をNHKの日曜美術館にも出演して語られておられました。



東北の今の季節は本当に花々が美しい。

愛子さんの玄関には色とりどりの花が生き生きと育っていました。






愛子さん宅でごちそうになりました。

本当は一泊させていただく予定でしたが、

齊藤晴彦さんが亡くなり、弔辞を読ませていただくため、

最終の列車で帰りました。


「天使猫」の公演の際には皆さんで盛岡まで来て下さるとおっしゃっていただきました。


若い連中とまた伺う約束をしました。








これは6日の兵庫県蟹江町での講演会の様子です。


350人の観客と聞いていましたが、実際には760人入っていただき

大いに盛り上がりました。


日本が戦争に向かわないよう、みんなで頑張っていこうという私の話に

拍手が起こったのが嬉しかったです。


少年刑務所で、私が母親に毎夜呼んで貰った童話の話をしたときに

250人の受刑者のうち誰一人として読んで貰ったことのある人がいないと

いうことが分かり、自分が演劇を始めるきっかけになった「読み聞かせ」

の話をどういうふうに語れば良いのか?その場で悩んでしまいました。

「シンデレラ」のストーリーを誰もしらないというので、まず「シンデレラ」

の物語を簡単に説明したのですが、「シンデレラ」のストーリーを話していくうちに

この物語の変な部分に気が付いてしまいました。

舞踏会で一目ぼれした相手が落とした片方の靴を持って全国探し回るという王子の異常さ

その靴にぴったりあったからすぐに結婚してしまうというシンデレラの異常さに気が付いてしまいました。

そして結婚がハッピーエンドという異常さにも。


「アナと雪の女王」の素晴らしさは、そんなシンデレラコンプレックスをひっくり返したことですよね?

王子が幸せにしてくれるのではなく、自分が自分で人生の道を切り開いていく。

女性をきちんと人間として尊敬し、尊重してくれるパートナーを見つけ、協力し合って生きていく。

そして大人になっても子供の頃の純真無垢な夢見る部分を忘れずに。

というテーマがひしひしと伝わる新しい映画です。

だから女性たちに特に日本の女性たちに気に入られたのだと思います。

野次馬議員みたいな男性が日本にはまだまだ多いからですよね。


そんな話も講演で話しました。


今日は胃カメラと大腸癌の検査をしましたが、異常はありませんでした。

体調の悪さは疲労と精神的なものだったようです。







渡辺えりさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース