2016年1月10日(日)■「木幡東介ライヴ絵巻“三つ巴”」第六夜 | 多文化共生収容所 中野ライヴ・ギャラリー“天獄”

多文化共生収容所 中野ライヴ・ギャラリー“天獄”

2015年5月オープン。JR中野駅より徒歩4分の場所にある、「美術系ギャラリー」兼「アコースティック系ライヴ~その他イベント開催スペース」。


テーマ:
2016年1月10日(日)

■「木幡東介ライヴ絵巻“三つ巴”」第六夜


【場所】中野ライヴ・ギャラリー“天獄”
東京都中野区中央4-60-6 星野第2ビルB1階101
(JR中野駅南口より徒歩4分。くみあい保険薬局の右隣りにあるレンガ色のビルの地下。大久保通りを隔てた向い側は中野郵便局。ビル裏手は桃園川緑道。)
http://ameblo.jp/erectrecord/

【出演】
横田ユウ
http://www.geocities.jp/roiyaru_k/index.html
死神
http://blog.goo.ne.jp/shinigami-itansya
木幡東介(マリア観音)
Web Site:http://mariakannon.jorougumo.com/index.html
最新情報:https://twitter.com/erectrecord
詳細情報:http://erect.blog5.fc2.com/blog-category-5.html

【開場】18:30【開演】19:00

【前売/当日】ドリンク代込2500円

★横田ユウ★

シンガーソングライター。
四十の手習いで始めたチェロを弾きながら歌います。
http://www.geocities.jp/roiyaru_k/index.html
動画:https://www.youtube.com/user/roiyarukikaku/videos

★死神★

独演歌手。ギターと唄、暗い歌謡。
PV「どうせいつか壊れてしまう人間は悲しい肉の飴細工だから」
https://youtu.be/Jqe0PqCNFv0
2004年始動。パフォーマンス中心の活動を行う。
2007年独自路線を追求すべく、太鼓叩き語りを開始。
2010年歌手宣言、ギター弾き語りを開始。
2012年42円42分アルバム「四十二円の怨」を発表。
2014年死神紫郎名義で詩集「日本ってはか」を発表。
2014年公開映画「♂♂JKホモホモ女子高生」(さそり監督)主演。
2015年マキシCD「どうせいつか壊れてしまう人間は悲しい肉の飴細工だから」を発表

★木幡東介(マリア観音)★

’87年、西洋のロックを模倣する日本の音楽シーンの潮流に逆らい、日本人による日本語の表現を追及すべく「マリア観音」結成。バンド活動休止後は、主にギター弾き語りやドラム・ソロ・パフォーマンスを中心に、舞踏等、音楽以外のジャンルのアーティストとのセッションも意欲的に行う。これまでにリリースした作品は50タイトル以上(代表作に「犬死に」「絶滅動物記」等)。’12年に一度きりの復活ライヴを経た後、’14年よりバンド活動を再開。現在もなお、音楽による自己表現確立の、その途上に在る。

【会場案内】
中野ライヴ・ギャラリー“天獄”
164-0011 中野区中央4-60-6 星野第2ビルB1階101
http://ameblo.jp/erectrecord/entry-12014849117.html
(JR中野駅南口より徒歩4分。くみあい保険薬局の右隣りにあるレンガ色のビルの地下。大久保通りを隔てた向い側は中野郵便局。ビル裏手は桃園川緑道。)



<JR中野駅より>
★最短ルート★南口より左手前方の中野南口駅前商店街(ファミリーロード)を抜けた先の交差点を渡り左折してすぐ右手にあるレンガ色のビルの地下
★南口より右手前方の中野通り左側歩道(南口本通りアーケード街)を南下~五差路を左折~交差点過ぎてすぐ右手にあるレンガ色のビルの地下

<地下鉄丸の内線新中野駅より>
★出口1か2より出たら青梅街道を荻窪方面に少し歩き最初の交差点を右折~中野通りを北上~五差路を右折~交差点過ぎてすぐ右手にあるレンガ色のビルの地下

< 京王バス・関東バス>
「中野総合病院」バス停下車~中野郵便局を背にした向い側にあるレンガ色のビルの地下

■お問い合わせ先■
169-0073 東京都新宿区百人町1-19-3大谷ビル2F
エレクトレコード
03-3362-6181
erectrecord@joy.ocn.ne.jp

(なお、会場及び建物内はすべて禁煙となっておりマスが、何卒ご了承下サイませ。)

Mr.エレクトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス