レスキューホース | Equine Therapy PARTNERS

Equine Therapy PARTNERS

エクウィンセラピー パートナーズ


テーマ:

6月1日から30日まで、カナダBC州のヴァーノン(Vernon)に行っていました。

ヴァーノンは人口35,000人程度の小さな市で、2006年に宮城県登米市と姉妹都市になっています。

 

カナダにいる間にブログを書いて、と思っていましたが、デジカメのSDを現在のPCで読み取れないため、帰国してから書いています。

 

今回の主な目的は、友人が3週間旅行をしている間留守番をしながら、彼女の代わりに馬、猫、そして

植物の世話をすることでした。

友人はもともと馬のトレーナーでありインストラクターですが、今はレスキュー動物の面倒を見ています。

 

馬は32歳の牝馬で名前はコーラ(Cola)。1日おきに餌を与えグルーミングをしていました。

オーナーはいますが全く何もせずレスキュー状態だったため、友人が面倒を見るようになったようです。

 

写真のように背中が極端に落ち込んでいます。また、左の前膝から腱にかけて曲がっており、跛行しています。

 

それでも、餌を見ると一生懸命近づいて来て、脇目も振らずに食べ始めます。

餌の中身は濃厚飼料、ペレット、胚芽、そしてリンゴと人参です。

コーラにとって、1日おきに食べることのできるおいしいごちそうなのだろうと思います。

 

ずっと関わっていると愛着がわいて、帰る日が近づくにつれてだんだん切なくなってきました。

でも、友人がこれからもずっと面倒を見ていってくれますので、コーラは幸せに暮らせることと思います。

 

 

 

 

equinetherapyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス