こんにちは爆  笑
いつもありがとうございます。

クリスマス・新しい年を
迎えるこの時節は
テキストの第15章
XI「犠牲の終わりとしての降誕祭(クリスマス)」
を読むのが好きです。

学習を始めた頃は、
コースのテキストに書いてあることが、
読んでも読んでもさっぱりわからない!
という感じでした。

コースって自主学習で
コツコツと進めてくものだけど
1人ではなかなか
読み進められなかったり
続かなかったり・・

教えてもらった箇所だけで
あとは手付かず・・とか


読んでいるけど、上滑りで
全然頭に入ってこないとかねウインク

そういう感じだったんですけど

シェア会でみんなでテキストを読むと
「なるほど」
「ああ、そういうことか」と

自分の中にするり~んと
入って来る瞬間を感じたり

自分の経験や、今日の出来事と
リンクするような箇所に出会ったり

聖霊との信頼について
いろんな角度で教えもらっていると
感じられるようになりました。

 

私は、誰かと確認しながら

学ぶのが好きだからニコニコ

 

※「赦し」(=奇跡)は

自分の内なる導き手との関係で

誰かにしてもらうことはできませんが

理論の理解を深めるのは

みんなで確認しながらする方が

歪曲しなくていいと思っています。


だんだんと
テキストの言葉が
イエスが差し出してくれている
優しさや愛を感じられて
涙が溢れる時もあります。


「自我」や「彼」がしていることが
先日の(または今まさに抱えている)
問題そのもので
「本当そうなんですよ~」と
臨場感を感じることもあるし

読んだ形跡があるページに
「わぁ!書いてあるわ~」と
初めて読んだような
感覚を覚えることもあります。


そして、もちろん
そんなときにはどうしたらいいのか・・
という導きも
確実にちゃんと述べられています。


少しづつ
テキストに触れる時間を持ってみるだけで
ちょと人に(自分に)優しくできたり
人に親切でありたいといか
自分らしくありたいとか
受け取った愛を
延長していけるように・・とか

そう言った「赦し」に向かって
改めてコミットする機会にもなります。

揺れる想いが落ち着いて
気持ちよく眠ることもできますよ。

なんか、いいことずくめ。

とは言ってもね~
耳が痛いなぁ~とか
まだ、そんな風に思えない・・
などなどの葛藤を感じる時も
もちろんあります。


テキスト面白いです。
難しいけど、すごく優しい。



コースの学びは
「赦し」という実践につきますが
その「赦し」を忠実に行う
道しるべとして


「愛」というものを
受け取れなくしてしまっている
心の障壁を取り去るために

本当のまなざしを持つために
それを願う私たちへと
贈られてきたメッセージが
全て書かれています。



ACIMのテキストを手を取り合って
一緒に感読しませんか?ニコニコウインクおねがい


毎月
第1・第2・第3・水曜に
zoomのweb会議室を使って
web朗読会を始めます。
PC/スマートフォンから

ご参加していただけます。

Wi-Fiがつながる場所ならどこからでもOK!


初回は2月7日です。
ご予定に入れていただけると嬉しいです。

 

テキストの朗読会を

2015年から続けてこられている

頼れるお姉さんであり

コースの仲間であり

私にとって良き相談相手

神谷ハルさんとともに

ファシリテートさせていただきます。

 

詳細とお申込みはこちらから