日曜日は全体的に荒れましたね。
阪神は良発表でしたが、パンパンの良とは違ったでしょう。

WIN5がキャリーオーバーしたように、まぁ難解と言うか、あの結果はなかなか導けないと感じました。


人気サイドが凡走するから、配当が跳ね上がるわけですが、日曜日が荒れた原因は、本当に道悪でしょうか?

確かに切れ味勝負の馬にとって、道悪は割引きではあります。

しかし弥生賞のように、一見道悪が良さそうなニシノデイジーも凡走。
前走に続いて、なんであんなに内にこだわるのか?ちょっと意味不明ですが…。

何が言いたいかというと、「荒れた要因を道悪に求めるのは簡単ですが、本当にそれが要因だったかは、誰にも分からない」ということ。
前走道悪で好走した馬が、次の道悪で簡単に凡走するのが競馬です。

要は、走ってみなければ分からない。


結論から言えば、私は日曜日、馬券は買いませんでした。
買わないと言うか、買う気にならない。馬券にならないと、やっぱり感じてしまいます。

馬券がハズレた時、「実は道悪は苦手だったのか」って思いたくないんですよね。

不確定要素に突っ込むほど、裕福でもないですしね。

ただ、ケガせずに済んだというのは結果論です。
土俵に上がるか上がらないか。
そこは自分で決めることができる。それだけの話です。