★サンライズノヴァ★

東京ダートの1400・1600Mでは崩れを知らなかったこの馬が、根岸Sでまさかの凡走。
敗因はパサパサの乾いたダート?という話もある。
しかし今更そこか?という印象も拭えない。
含水率に差はあったとしても、これまで良発表で崩れたことはなかった。
基本的に競馬は良馬場が前提で、それだけを理由に今回軽視するのは、やや無謀な気はする。
むしろ崩れた理由が、前々走チャンピオンズCから一気に距離が短くなったことで、馬に戸惑いがあったとしたら。
昨年4着から、重賞含むオープン3勝を上積みして臨む今回。
本来なら主役級の扱いが、当然の馬ではある。


★サンライズソア★

こっちのサンライズはノヴァとは違い、キレ味より持久力に長けたタイプ。
大跳びで広いコースは歓迎のクチでしょう。
バテない強みはあるが、長い直線でキレ味勝負になった場合、若干劣るかなとは感じる。
特に今回は強い逃げ馬がいて、自分でレースを作るのは難しいかも知れない。
どちらかと言えば、1800M以上欲しい印象もあり、マイルの流れに対応できるか?
消耗戦になれば、前で粘り込む場面があってもおかしくない。そんな実力の持ち主。