超良血馬はいましたが、確実に勝ち負けになるのはコッチだろうと。

逃げを想定していた馬が、なんと痛恨の出遅れ。
平均ペースと読んでいましたが、G1とは思えない超スローペースに。
絶好枠を引いたはずが、最内枠が仇となる結果になりましたね。

結果的に一回下げる形になり、最後に脚を伸ばすも、時すでに遅しの3着。

馬券は的中したものの、後味の悪さが残るレースになりました。

レースを観れば分かるように、能力は充分に通用します。
来春に向けて成長力があれば、クラシックを賑わせる存在でしょう。
今のところ、牡馬は低調ですからね。


さて、今日は東京大賞典。
なんとか締めたいところですが。